梅雨の肌荒れがなかなかのクセモノ!原因と対策はコレ

梅雨になると湿度が高くなり、肌の乾燥を招きやすい人にとっても、なんだか安心できる季節ですよね。だから、保湿のスキンケアもちょっと手を抜いたりする人も多いでしょう。

しかし、ジメジメするせいでテカリやベタツキが気になる季節でもあります。肌荒れに悩まされる人もけっこういらっしゃると思います。特に敏感肌の人にとっては最もコンディションが悪くなるときですね。

これまでは乾燥対策を中心にしてきたと思いますが、梅雨になったらスキンケア方法を少し変えてみると良いかもしれません。とは言っても、やはり実は保湿ケアは大切なのですね。

では、梅雨の肌荒れの症状と原因、対策についてお伝えします。

梅雨の肌荒れの症状と原因、そして対策

考えるとおぞましいようなこともお伝えしますが、しっかりと状況を見据えて対策をすることが大切です。ぜひ参考になさってみてくださいね。

多脂・汗によるテカリ、かゆみ、ニキビ

テカリやベタツキは、高湿度が引き金となり皮脂が出やすくなることが原因で引き起こされます。肌にとって都合の良い湿度は60~65%前後ですが、梅雨の時期にはそれを上回ることがほとんど。

そのせいで雑菌が肌で繁殖し、皮脂と混じり合って肌を刺激していきます。老廃物と混じってニキビにもなりうるし、かゆみや赤みが生じてこの上ない不快感を感じることになります。

敏感肌の人にとっては、特に気になるところです。敏感肌というのは肌の機能が正常に働いていない状態なので、自浄作用もきちんと機能しません。高湿度による影響も受けやすく、肌荒れが生じやすくなります。

ジメジメとした部屋では汗もかきやすいです。汗には老廃物が含まれているので、それも皮脂に混じるし、化粧が崩れやすくなって、肌上はカオス状態となってしまうことも。肌荒れを起こさないほうが不思議なくらい、肌のコンディションは悪くなるのです。

こういった梅雨独特のテカリやかゆみを防ぐ方法は特に無いですが、なるべく肌を清潔に保っておくことが大切です。洗顔・クレンジングはもちろん、ピーリングや毛穴ケアも有効でしょう。ただ、敏感肌の方は、様子を見つつほどほどに。

ノーメイクという手もありますが、次のような梅雨特有のくすみも起こりうるので、この辺は個人個人のさじ加減によると思います。

小寒さによるくすみ

梅雨の時期には、たまに小寒い日があります。また、ジメジメを気にしてエアコンを稼働し、部屋が冷えてしまうこともあります。そのせいで血行不良や体調不良を起こし、顔がくすんだり肌機能が不安定になって肌荒れを起こしやすくなります

対策としては、体を冷やさないように、サラッとした長袖を着たり羽織るものを持参したりすると良いでしょう。また、飲み物をあたたかいものにすると、体の内部から冷えを防げます。

くすみを隠すためにはメイク化粧も有効ですね。あまりゴテゴテにすると落としにくくなるし、汗や皮脂と混ざると顔が大変なことにもなりうるので、ナチュラルな感じがおすすめされます。

紫外線による日焼け

梅雨といえど、日差しが照り付ける日もありますし、そもそも紫外線の降り注ぐ量は、これまでに比べて格段に多くなっているのも事実です。ただ、曇りの日も多く、多少は安心できるような気がします。

でも油断していると、知らぬ間に肌が焼けてしまうこともあります。雨の日であっても紫外線は降り注いでいるわけですから、特に外出頻度の多い方は要注意。難しく考える必要はないですが、気を抜かないようにしたいものですね。

日焼け止めを塗ると良いですが、SPF25~30・PA++くらいでも良いと思います。むしろ、化粧品に含まれている日焼け止め成分でも十分だと思います。そういう意味でも、ノーメイクではなくて、ある程度のメイク化粧は有効かもしれませんね。

敏感肌の人には、オーガニック系の日焼け止めをおすすめします。

意外なる乾燥肌

「え、梅雨なのになんで?」と思う方もいらっしゃると思いますが、梅雨にすら乾燥肌を招いてしまうことがあります。では、その理由は何でしょうか?

それはずばり、エアコンや除湿器によって湿度が著しく下がってしまうことがあるためです。「梅雨なら乾燥しない」と高を括っていると、知らないうちに肌がカサカサしてくるかもしれません。

先ほど述べたように、肌にとっての最適な湿度は60~65%ですから、なるべくこの数値の範囲に抑えたいところです。ただ、快適に感じる湿度は50~60%と言われているので、だいたい60%くらいの湿度に設定すればちょうど良いと思います。

高湿度では睡眠の質も低下し、そのせいで体調不良にも陥りやすくなります。ぜひ湿度調整も気にかけてみてくださいね。

梅雨にも手を抜くべかざる、保湿のスキンケア

梅雨には保湿のスキンケアを怠りがちです。梅雨には高湿度ゆえに、肌乾燥がしていないように”見えるだけ”です。つまり、一時しのぎにすぎないわけです。

元々乾燥肌の方は、梅雨の力を借りて乾燥を防げているだけなので、何らかのきっかけでまた乾燥肌がぶり返します。先ほどのエアコンが良い例かと思います。そのため、保湿ケアはしっかりと継続していきましょう。

ただ、サッパリ系のものにしたほうが不快感は軽減するし、冬ほど念入りにやる必要はないかと思います。この辺は人それぞれの好みや状況次第ですので、私が断言することはできません。

言えることといえば、保湿ケアは大切ということだけです。先ほど述べたように皮脂も多くなり、そのせいで毛穴も開きやすくなります。開いた毛穴を引き締めるためにも、肌に潤いを与えることは大切です。そうすれば異物が毛穴に落ち込むのも防ぎやすくなります。

あと、敏感肌の人の場合は、敏感肌の為のスキンケアをやめないようにしましょう。保湿ケアをはじめとして、肌を強い状態にしていくためのケアやエイジングケアなど、これらは梅雨の時期であっても続けていったほうが良いと思います。

なぜかというと、肌機能の低下があってこそ敏感肌になっているからです。乾燥するとかしないとかは関係なく、どんな状況でも肌は外的な刺激を受けやすくなっています。一年を通してケアを続けていくから、その機能を整えていくことができるのです。

梅雨の肌荒れに良いケアアイテム

ここで2つ、梅雨の時期の肌荒れに良いスキンケアアイテムをご紹介します。あくまで例ではありますが、お好みに合わせて選択してみると良いかもしれません。

皮脂・ニキビが気になるなら、ノブACアクティブ

先述のとおり、梅雨には皮脂やニキビが生じやすいです。そんな肌の対策におすすめなのが、常磐薬品から販売されているNOV(ノブ)のACアクティブです。

気になるニキビの原因にアプローチし、ニキビの発生を予防します。また、メラニンの発生を抑えることでシミやソバカスを防ぐ美白ケアもできます。医薬部外品(薬用化粧品)なので、より効果が感じやすいかと思います。

また、保湿ケアの面でも努力を怠っていないのが、このアイテムの特徴です。保湿はいつでも命!なので、ニキビケアなどを行いつつも、肌の潤いを逃がさないように配慮されています。そここそがおすすめポイントですね。

トライアルセットがあります。セットには洗顔料も付いていますが、洗顔料は肌表面の古い角質を洗い流すマイルドピーリング処方となっているので、垢が毛穴に落ち込んでいくのも防げそうな気がしますね。

ノブACアクティブの公式通販サイトはこちら


敏感肌の徹底ケアには、ディセンシア アヤナス

敏感肌の方にとっては、梅雨の時期でも敏感肌ケアが大切であることは、先ほど述べたとおりです。そのケアを効率良く施すことができるのが、敏感肌向けのブランドdecencia(ディセンシア)のayanasu(アヤナス)です。

肌のサイクルを整えていけます。肌の調子が狂いやすい方にとって、格好のアイテムかと思います。それに、赤を基調としたデザインが印象的ですね。

「ストレスバリアコンプレックス」で肌をすこやかに整え、コウキエキスなどが肌荒れにアプローチし、極小のセラミド(セラミドナノスフィア)で十分な潤いを与えてヴァイタサイクルヴェールが守ります。

うるおわない肌では皮脂が多く分泌して肌を守ろうとするので、皮脂の過剰分泌を防ぐためにもこれで保湿ケアをしてみるのも良いかと思いますね。

ディセンシア アヤナスの公式通販サイトはこちら
老化の早い敏感肌

梅雨の日々には気分も塞がりがちです。でも、なるべく外に出て、体を動かしてストレスを溜めないようにすることが大切!食事も睡眠もしっかりとって、体の内部からも肌を強くしてあげられると良いですね。 

梅雨の肌荒れはなかなか対策も練りづらくて嫌になってきますが、動じることなく、洗顔・クレンジング、保湿ケアに敏感肌ケアを続けていきましょう♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ