手汗がすごくてスマホもベタベタ!抑える方法はないのだろうか?

手汗が尋常じゃないほど出てきて、一回一回手を拭かねばならず、イライラ。

ほかにも、

  • 彼氏(彼女)と手を繋げない
  • 家族からさえも「うわっ!」と言われる
  • ギターやピアノを弾くにも指が滑る
  • 書類がふやけてフニャッとなってしまう
  • 料理を作るときにゴム手袋が必要 …等々

手汗で困り果てている人は少なくないことでしょう。

でも、なぜ手汗がたくさん出てきてしまうのでしょう?緊張なのでしょうか?それか、何かの病気なのでしょうか?

・・・そうですね。緊張していたり、暑い時期であったりすると、誰でも手汗は出ます

だけど、そうでなくても、常に手汗がたくさん出てしまう方は要注意

でも焦る必要もないのです。実は、スキンケア的な手法で、その手汗を抑えることができるかもしれません。手が敏感肌であっても大丈夫です。

この記事では、「ちょっとこの手汗ヤバいかな」という方に向けて、手汗を抑える方法についてお伝えしていきます。ぜひ、参考になさってみてくださいね。

まずは試そう!原始的に手汗を抑える方法 

とにもかくにも、まずはコレが一番手っ取り早く効率が良いので、先にご紹介します。ずばり、スキンケア的な手法で、その手汗をいとも簡単に抑えてしまう方法です。

スキンケア的な手法・・・つまり、手用制汗パウダーを用いる方法のことです。

「なんだ、そんな原始的な方法か」といった声が聞こえてきそうですが、まだ試したことが無い方は、是非一度試してみると良いかと思います。

もちろん、これで「手汗ストップ!」という解決にはなりません。が、どうしても手汗を出したくないときがあると思いますので、そんなときに良い方法です。

例:手用制汗パウダー「ファリネ」

たぶん初めて知る方も多いと思いますが、例として、「ファリネ」という大変便利なアイテムがあるのでご紹介します。「手汗を抑える」ということをズバリ目的としており、低刺激処方の使いやすいパウダーです。

手用ではありますが、足とかにも使えます。つまり、足の蒸れが気になるときにも使えるということです。

「これでなぜ手汗を抑えられるか?」といいますと、このパウダーの成分が非常に細かく、手のシワ(筋や線)もおかまいなしに、汗の出口(※)をブロックするためです。

 ※ 汗は、皮膚に多数存在する汗腺というところから出てきますが、その穴を塞いでしまおうというわけですね。

「ワキ用の制汗剤などではダメなのか?」といった声もあると思いますが、そういうものでもダメというわけではありません。

ただ、ワキの汗やニオイはアポクリン腺という汗腺から出て、手汗はエクリン腺から出ます。つまり、汗の出口の種類が異なり、また汗の成分も異なっているのですね。

したがって、ワキ用よりは手用のほうがどんぴしゃりで、かつ効率的にケアを行っていけるわけです。

また、手には細かい筋も多いので、「ファリネ」のような、約0.002mmの超微粒子(エクリン腺の直径の約10分の1)を成分に持つアイテムのほうが、無駄もムラもなく手汗を抑えられるかと思いますね。

パウダータイプですから、塗ってヌメヌメしたりベタついたりせず、サラサラ感も期待できます。

スマホだって気兼ねなく使えるし、ギターやピアノもOK。誰かと手を繋いでも、差し障りは少ないかと思います。

ただ、パウダーですから、料理のときには向きません。また、あくまで手汗を抑えるのであって、「ファリネ」さえまぶしておけば手汗に悩むことはなくなる!ということでもないです。

そういったデメリットのような点はありますが、とりあえずは「ここぞ」というときに使われると良いでしょう。

ところが、少し・・・というか想像以上に値段が高いんです。そこもちょっとネックですが、大変便利なアイテムではあるので、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

⇒ 「ファリネ」について検討してみるならこちら

手汗の原因を追究し、改善に努めてみましょう

さて、ここからが本題!ちょっと面倒な方法となります。

まずですが、

手汗がなぜジワジワと出てきてしまうのか?

・・・その原因を掴むことが肝心です。「ファリネ」を使った方法では、あくまで使って数時間しか効き目がありません。一時しのぎであって、永久的に手汗が減るわけではありません。

その手汗を阻止するには、やはり、面倒ですが地道な対策をし、汗が無駄に出ない体質にしていくしかありません。

なぜなら、過剰な手汗は以下が主な原因となっているからです。

  • 緊張しやすい
  • ストレスが溜まっている
  • 不摂生をしている
  • ホルモンバランスが崩れている
  • 病気である
  • エクリン腺が多い などなど…

ざっと大きく言うと、このような感じです。

あ、今「めんどくっせ」って言いませんでした?・・・気のせいですかね?ごめんなさい。でも、めんどくっせっていう気持ち、とてもよく分かります。

まあ、どれを見ていただいても、「じゃあ今日治しまーす」といって治るようなものではないですね。気が遠くなりそうです。

緊張・不安

緊張している状態や不安になっている状態というのは、自律神経のひとつである交感神経が優位になっている状態です。このとき、汗が多く分泌されます。

緊張や不安は人間誰しもありうることなので、どうしようもありません

私が小学生の頃、毎年ピアノ発表会がありました。自分の番の直前、舞台袖で手汗がジワジワ出てきて、「すべってうまく弾けなかったらどうしよう」と不安で仕方なかったです。

案の定、ある年は指が鍵盤上ですべりました。鍵盤がまるでスケートリングのように感じましたね。一生懸命練習してきたのに、手汗ひとつのせいで、パフォーマンス性が低下してしまい、少し悔しかったです。

私は元々緊張しいで、ここぞという時は手汗がすさまじい人間です。

あなたはどうでしょう?緊張・・・します?しません?

でもですね、緊張しやすい性格や不安がりな性格は、訓練次第で改善できると言われています。準備をしっかりして、イメージトレーニングをきちんと行ってみましょう。場数も踏んでみましょう。

・・・と、長い期間をかける必要はありますが、ぜひ改善にお努めになってみてくださいね。緊張との付き合い方に関する本なども、本屋さんにはたくさん置いてあったりします。

ストレス・疲れ

ストレスや疲れが溜まって自律神経の働きが狂うと、交感神経が優位になって、手汗が滲み出やすくなります。

ストレスフリーな生活を送ることは、現代社会においてはなかなか難しいところがあります。でも、ストレスを日頃からちょっとずつ解消・発散していくことを考えていくほうが良いですね。

「手汗が手汗が・・・」と悩みすぎるのもストレスとなってしまい、余計に手汗が出てしまうような気がします。

「手汗なんてなんのその」と考えるようにして、料理のときには「私のダシ入りだい!食え食え~!」というくらいドカンと構えているほうが、かえって気が楽になるのではないでしょうか。

不摂生

お忙しい方にとってはなかなか難しいですが、日頃の生活リズムを整えたり、質の良い食生活・睡眠生活を送ることが大切。体を動かして代謝を上げることも必要ですね。

不摂生が体に良くないことは、昔から明らかです。自律神経の働きが狂うわ血行も悪くなるわ罹患率は上がるわで、あまり良いことがありません。

できるところから、一個一個改善していけると良いですね。

運動不足の心当たりがありましたら、それを解消することも大切です。特に冬は、寒くてコタツがパートナーとなってしまう人も多いと思います。気を付けましょう!

ホルモンバランスの崩れ

特に女性に言えることですが、生理や妊娠の関係でホルモンバランスが崩れると、それに伴って体調にも異変を来したりします。当然ながら、自律神経の働きが不安定になることもあります。それで手汗も出やすくなるときがあるでしょう。

ホルモンバランスのことは、ある意味仕方のないことだと思います。どんなに頑張っても、体質の一種なのですから。

でも、先ほどからお伝えしている「生活改善」や「ストレス解消」などに努めると、自ずと調子が良くなったりすることもあるので、是非、明るい先々をイメージしつつ、前向きに努めていかれると良いでしょう。

パートナーがいるなら、是非頼りにしてみたいところです。ただ、世の中、結婚してから豹変する人もいて、夫婦仲ってなかなか厄介です。助け合える仲であれば、ストレスは大幅に減るかもしれないのに・・・。

病気

ちょっと怖い話になってしまいますが、念のため書いておこうと思います。

何かしらの病気に罹患していると、自律神経の働きが狂ったりして多汗になることがあります。手掌多汗症というものがありますが、ほか、内臓系の病気がきっかけとなって分泌機能が狂っていることもあるかもしれません。

病気に関しては、自分だけの力ではどうすることもできないことが多いので、医師の力を借りることをおすすめします。

ただ、病気か否かに気付けるかどうかは、あなた様やご家族、身の回りの方の力に依ります。

ちょっとでも異変に気付いたら、気兼ねなく、皮膚科、内科、神経科、心療内科等々、症状にふさわしそうな科にかかられると良いでしょう。万一「何科が良いか分からない」という場合は、とりあえず皮膚科に行けば良いと思います。

手掌多汗症に関していえば、手術という方法で治療を受けた人もいらっしゃるようです。興味があれば、ぜひお調べになると良いでしょう。※

  ※ 皮膚科以外にも、美容外科などでも診てもらえるところがあるようです。わきが治療とかも、よくやっているみたいですね。

エクリン腺が多い

汗の出口である「エクリン腺」が多い人は、比較的手汗が多く出ると言われています。これは体質的なものなので、どうあがいても改善することはほぼ困難です。

ただ、前述の肌機能不具合や手掌多汗症(つまり病気)である可能性も否定できません。

つまり、対処を諦めるのは早い!ってわけです。

なるべく多角的に判断して、幅広く長い目で対策を講じていきたいものですね。

 
・・・以上、手汗が多い原因や対策・改善についてお伝えしました。いかがでしたでしょうか?

原因はどうであれ、とりあえず対策を打つなら「ファリネ」が手っ取り早いです。根本的解決にはならないとは思いますが、手汗を隠したい・抑えたい「ここぞ!」という場面って、あると思うのです。

ファリネを使いつつ、先ほどあげた対策を講じていくと良いかと思いますね。

⇒ 「ファリネ」について検討してみるならこちら

手汗で悩まされなければ、もう、細かいところで気を遣わなくて済みます。正直、改善していくのはとても大変なことかと思いますが、ぜひとも、理想の手を創り上げていっていただきたく思います。

手汗の改善、心よりお祈り申し上げます。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ