紅茶は肌美容のサポート役!だけどレモンティーは控えよう

紅茶はお好きですか?私は好きです。上品な香りが癒しとなり、疲れた心をスーッと和ませてくれますね。

実は紅茶って、肌美容を気にしている女性にとって、大いに味方になるってご存知でしたか?そう、紅茶を飲むことで、「肌が綺麗になる!」とは言えませんが「サポート役になってくれる!」ということなのです。

でも、それにはオススメの飲み方というものがあります。タイトルにもあるように、レモンティーは避けたほうが無難。その理由は後述します。

では、紅茶と肌の関係について見ていくことにしましょう!

紅茶の成分と効能、そして肌への効果

それでは、肌への効果を考えていくにあたり、成分に注目していくことにしましょう。ひとつずつ挙げていきたいと思います。

カフェイン

紅茶と聞いて、私の脳裏に真っ先に思い浮かんだのがカフェインです。コーヒーや緑茶にも入っている成分ですね。

さてこのカフェイン。いったいどのような効能があるのか?というと、覚醒作用や利尿作用です。気分がすっきりする反面、トイレが近くなるといったデメリットもありますが、老廃物の積極的な排出にも一役買ってくれています。

体に老廃物を溜めると、それが血中に溶け込んで体中を巡ります。それは理想ではないですよね。肌の美容のためには、やっぱり老廃物は減らしたいところです。なので、紅茶はそういった面で有用なのではないかと思いますね。

タンニン

お茶の渋さを醸し出している成分がタンニン。歯の色が茶色くなるとかという悪いイメージを抱いている方も多いと思いますが、実はこれにもちゃんとした効能があるのです。

タンニンには、抗酸化作用や抗がん作用、殺菌作用などの効能があると言われています。抗酸化作用というのは美容の面でよく聞くと思いますが、要は、老化を気にしている方にとって嬉しい作用ですね。

体の老化防止は、病気にかかるリスクを低減させますが、もちろん肌の老化防止にもリンクしています。なので、紅茶が好きな方にとっては朗報だと思います♪

そういえば、カテキンやポリフェノールという成分を聞いたことはないでしょうか?それらも、このタンニンの一種です。紅茶にも、緑茶同様にカテキンやポリフェノールが多く含まれています。

テアニン

テアニンも、緑茶に入っている成分です。こう見てみると、案外緑茶との共通点が多いですよね。というのも、実は元々葉っぱが同じですからね。発酵の度合いが異なるだけで!

テアニンは、主に神経機能に働きかける効能があると言われています。なので、睡眠の質を改善したり、精神面の安定化にもサポートしてくれるのですね。

肌への効果というのは特にないですが、安定した精神状態とか睡眠の質の改善は、健康にも美容にもとても大切なことなので、テアニンの恩恵を受けないわけにはいけませんなぁ。

ビタミン類はさほど多く含まれていない

紅茶のビタミン類含有量は、緑茶に比べると非常に少なく、ここで特筆するまでもないくらいです。なので、ビタミン類を意識して摂りたい場合は、緑茶を飲むなり他の食品で摂るなりしたほうが賢明かと思います。

 関連記事:緑茶は肌の美容に効果あり!毎日欠かさず飲んでみませんか

ただ、紅茶の渋味や香りの上品さというものは、緑茶とは大きく異なり、独特の醍醐味がありますよね。洋菓子などとの相性も良く、優雅なひと時を味わえる飲み物です。

また、先ほどのポリフェノールなどの成分も、緑茶と紅茶で厳密には違いがあるそうです。でも話し出すと非常にややこしくなって頭がこんがらがってしまうので、ここでは割愛したいと思います。

そして、紅茶は、緑茶に比べてアレンジの幅が広い特徴がありますね。ぜひ、「肌の美容に役立ってるんだ」としみじみ感じながら、楽しいブレイクタイムをお過ごしくださいね♪

レモンティーはなるべく避けたい!その理由とは・・・

お肌に良いと言われるビタミンCをたくさん含んでいるレモン。これを紅茶に入れることで、よりサッパリとして華やかな味わいになります。私個人としては、昔から紅茶にはレモンです!

でも、レモンティーって、あまり良くないんですね肌には。たしかにビタミンCは有用ですが、レモンがダメなんです。

実は、レモンに含まれているソラレンは紫外線の感受性が高いため、そのせいでシミができやすくなると言われています。体内に摂取されたソラレンが血中を流れて肌に行き着いて、そこでシミとなってしまうのですね。

まあ、レモンティーに入れるレモンは薄っぺらく果汁の量も知れているので、神経質になるほどではないですが、もし気になるなら控えたほうが精神的には良いかもしれません。

もし飲まれるなら、朝よりも夜のほうが良いでしょう。つまり太陽が傾いた後です。でも、紅茶にはカフェインが入っているため、カフェインの感受性が高い人は、寝付きが悪くなるおそれもあるから、う~ん、厄介ですね。

一応ここでは、肌のためならストレートティーが一番!としておきます。ミルクティーも悪くないですが、牛乳が苦手な人にとっては飲みにくいかな?と思います。でもまあ、好き好きで良いでしょう^^

 

・・・以上、紅茶と肌の関係を中心に見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?一応肌には良いことが分かったのですが、どんな飲み物でも飲みすぎは良くないので、節度ある飲み方をしましょう!

それと、アイスティーよりはホットティーをおすすめします。どちらも美味しいし、葉の種類によっても淹れ方を分けたほうが良いでしょうが、あたたかいほうが胃腸に優しいというのは、いわば健康・美容における常識とも言えます。

胃腸を冷やすと、消化機能が悪くなったり代謝が悪くなってしまうので要注意ですね。つまり、便秘の原因になったり、ダイエットや美肌を妨げる原因にもなります。

夏場はアイスティーのほうがスーッとして美味しく感じますが、ぜひ、ホットティーを飲まれてみてください♪冷房の効いた部屋でなら、特にあたたかい飲み物がおすすめですね^^


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ