高い化粧品と安い化粧品の違いは、やはり品質にあると思う

化粧品ショップに行っても通販を物色してみても、化粧品には高いものから安いものまで色とりどり。でも、パッと見、どちらも似ているような気がしますよね。

高い化粧品に「これは、肌に有効な○○が配合されています」と書いてあり、安い化粧品にも「これには、○○という有効な成分が入っています」と書いてあったりします。

「なに、同じようなことが書いてあるなら、安いほうを買ったほうが良い」

・・・ちょっと待った!本当に、安い化粧品を選んでも良いのでしょうか?安い化粧品を選んで、あなた様は後悔しない自信はありますか?「これは理想と違った」「なんか心地悪い」と、後から思ったりしませんか?

この記事では、高い化粧品と安い化粧品の違いについてお伝えします。これからお伝えすることが必ずしも絶対というわけではないので、一意見として捉えていただけたらと思います。

安い化粧品の特徴 

安い化粧品といっても漠然としているので、ここでどんなものか決めておきましょう。安い化粧品とは、スーパーやドラッグストアなどの棚によくあるような、非常にお手頃なものを指します。

価格で言うと、数00~500円前後といったところでしょうか。まあ内容量などにもよるので何とも言えませんが。でも、大体想像していただけたら幸いです。

そういった安物の場合のメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 当たり前だが、出費が少なくて済む
  • 商品も色々な店に置かれ、手軽に手に入ることが多い
  • 誰もが手に取っている(?)から、安心感がある

このようなメリットがあります。

出費が少なく手軽に手に入るので、何度も何度も繰り返し買えるといった便利さがあります。化粧品にこだわらない方にとっては、これほどまでに嬉しいことはないでしょう。

実際に、私の知り合いにも、スーパーなどで化粧品を買っている人は少なくないです。「スーパーに売っているものは、とにかく安心して買える」といった点も、(本人は無意識かもしれませんが)良いですよね。

デメリット

  • 品質が劣っていることが多い
  • 肌に合わないことが多い
  • ブランディングやターゲットが不明確であることが多い

100%とは言い切れませんが、標榜されている文句よりも品質が劣っていることが多いです。

例えば、肌に良いとされる高保湿成分Aが配合されている化粧水があります。さて、「Aを配合!」と標榜されていても、それをそのまま鵜呑みにしても良いのでしょうか?

・・・たしかにAは含まれているのかもしれません。ただし、それがどれほど含まれているかなんて分かりませんよね。100ミリリットルの水に1gの塩が溶けていようが、1000000リットルの水に1gの塩が溶けていようが、どちらも食塩水。結局はそういうことです。

相手も商売で、低コストでとにかくたくさん売って儲けたいので、平気で誇大表現をしていたりします。全部がそうだとは言いませんが、そういう疑いの視点は持っておいて損はないでしょう。

さらに、コストをより安く抑えるために、肌に優しい処方ではなく、刺激になってしまう可能性のある処方になっている(そういう成分を含んでいる)ことも往々にしてあります。でも、商品解説文には良いことが書いてあります。

「パラベンには、商品の劣化を防ぐ役割がある」

これだけ見ると、なんとも頼りになりそうな成分に思えますが、高い化粧品には大抵入っていません。なぜなら、肌荒れを招くおそれの高い成分だからです。パラベンを例にとりましたが、パラベンに限った話ではありません。

また、安い化粧品は、どんな人向けなのか?といった点もアヤフヤだったりします。もちろん明確になっているものもありますが、店頭で見る限り、いまいちピンと来ないんですよね。

「老化の早い敏感肌向けなのかな?」「だとすれば、一体どういう点が敏感肌向けなのかな?」・・・そういうのがよく分からないのです。そりゃそうですよね。安い化粧品にはパンフレットなどが付いていないことが多いし、通販で情報を見ても、解説が少なかったりしますから。

・・・誤解の内容に付け加えておくと、安い化粧品が全てそうだとは限らないし、そうであってもそれが悪いとは思いません。「それでもイイのだ」という方もいらっしゃると思いますからね。肌に合うことだってありますし。

高い化粧品の特徴

次に、高い化粧品の特徴についてです。高いといってもピンキリで、人それぞれの価値観にもよりますが、まあ、単品で1000~5000円くらいのものとして、お話を進めてまいります。

以下のお話は、高ければ高いほど、メリットもデメリットもより濃くなっていくものとしてお捉えください。

メリット

  • 品質が優れていることが多い
  • サービス・特典が付いていることが多い(特に通販)
  • ブランディング・ターゲットが明確であることが多い

高い化粧品は、品質(デザインにしろ使い心地にしろ効果にしろ)が優れていることが多いですね。100%とは言い切れませんが、やはり高いだっけあって、それなりの価値を感じることができます。

また、特に通販などで見られますが、返金保証が付いていたり、アフターサ―ビス、相談窓口などが付いていることが比較的多い印象です。無い場合もありますが、ある場合は是非活用していきたいところですね(※)

 ※ 稀に、中には対応の悪いところもあるので、そういうのはハズレ(悪く言えばボッタクリとも判断できる)といえます。

さらには、どんな化粧品なのか?が明確であることが多いですね。似たり寄ったりな商品も多いですが、肌質によるターゲットがハッキリしていたり、商品の売りやコンセプトにこだわりがあったりします。デザインも凝っていたりしますね。

つまり、それに合わせて購入して使用することで、あなた様の肌にドンピシャリである可能性も高くなるというわけです。

デメリット

  • 当たり前だが、出費が痛い
  • ハズレのときのショックが大きい
  • たまに、メーカーからの勧誘がしつこい場合がある(特に通販)

まあ、当然ながら出費が大きいので、続けて使用していくにはなかなか勇気がいります。なので、いきなり正規品を使うよりは、トライアルセットがあればそちらで試すのが賢明ですよね。そうやって肌に合うのを絞り込みましょう。

それから、高い化粧品を使って、万一肌に合わなかったり異常が発生したとき、そのときのショックは計り知れないものがあります。口コミやブランドを信じていただけに、裏切られた感は大きくなるでしょう。

でも、それは仕方のないことです。メーカー側の対応が悪かったり、商品偽装をしている場合(稀ですが)は話になりませんが、真っ当な化粧品でも、肌に合わないことはありえます。

あと、たまに口コミで不満の声が見られるのが、「メーカーからの勧誘がしつこい!」というもの。相手も商売なので、おかまいなく電話したりする所もあるようです。そんなに多くはない印象ですが、そういうところの商品は、やはり信用度が下がってしまいますよね。

・・・と、メリットが大きい分、デメリットがあった場合はそれも大きく跳ね返ってくるのが、高い化粧品の特徴ですね。

とりあえず品質で判断するのが良いでしょう

結局のところ、安い化粧品にも高い化粧品にも、一長一短があるというわけです。ただ、言えることは、

  • 安い化粧品:品質が劣ることが多いが、こだわらない方にとっては買いやすい。
  • 高い化粧品:品質は優れていることが多いが、ハズレのときの代償は大きいかも。

ということになります。

当ブログにいらっしゃっているあなた様は、きっとスキンケアについて気になさっているからこそ、今この文章をお読みになっていることと思います。つまり、優れている品質のほうをお求めになっているでしょう?ということです。

品質こそが命。化粧品の役割で大切なのは、どれほど肌に効くかですよね。ここ重要です。

となれば、品質の良さを求めて、高い(高めの)化粧品の中から、自分に合いそうなのを探されることをおすすめします。その前に自分の肌質について把握する必要がありますが、スキンケアに興味があるあなた様なら、きっと大丈夫です(根拠はないですが^^;)。

もちろん、安い化粧品を選んでも、それがいけないことはありません。「当たって砕けろ!」的なノリで自分に合うものを見つける場合は、安物のほうが手軽です。

が、肌に刺激になったりする確率も上がるため、その点だけが心配です。また、色々試しているうちに、結果的に高くついてしまうこともあるでしょう。実際に、化粧品の買い替えをしすぎて「無駄遣いした」と嘆いている人もいます。

高ければ良い!と豪語はしないですけれども、あんまり安物ばかりを買うのはよろしくないです。今一度、化粧品の買い方を考え直してみると良いと思います。

安かろうが高かろうが、良いのは良いし悪いのは悪い

以上で、安い化粧品と高い化粧品の違いについてお伝えしてきましたが、ここでかなりザックリな意見を申したいと思います。

「安かろうが高かろうが、良いのは良いし悪いのは悪い」

ということです。お読みいただいた通り、価格はある程度指標となります。が、それを過信したり、価格に頼りすぎるのは良くありません。

なんだか矛盾したことを言っているように感じるかもしれませんが、物事を判断するときには、色んな角度から物事を見ることが必要なのですね。

世には、詐欺商品というものがあります。何万もする学習教材とか、けっこうありますよね。あれにはアタリもありますが、実はハズレのほうが多かったりします。明らかに価格と内容充実度に差があるとか、返金申請に応じてくれなかったとか。

化粧品の世界でも、そういうのが無いとも限らないです。ちなみに、高かろうが安かろうが、それは同じです。まあ、高い商品のほうがショックは大きいですが、安くたって、何が起きるかは分かりません。

あまり神経質になるのも良くないですが、そういった思考も持ち合わせていると、商品に対する嗅覚とかが敏感になって、化粧品選びが もっと はかどるようになるかもしれませんね♪むろん、「そんなの一切気にしない」というタフな方には無関係なことですが。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ