肌荒れに良い食べ物とは?食生活改善で美肌を目指せ!

肌荒れ対策には、生活習慣の改善は大切だと言われています。化粧品によるスキンケアに加えて、食事、睡眠、運動等々、あらゆる方面から万遍なく対策を練っていくことが、美肌になるための秘訣かもしれません。

今回は、食生活に着目してみることにします。あなたの食生活はいかがなものでしょうか?栄養バランスのとれた健康的な食事をしていますか?甘いものや油っこいものを好んで食べてはいませんか?

「私はたぶん不摂生しているかもしれないな」と思った方は、今回お伝えする内容をぜひとも参考になさってみてくださいね。肌荒れを改善して美肌を目指していきたいのなら・・・。

肌荒れに良い食べ物は、決定できない

先に結論を言えば、肌荒れに良い食べ物は、私は決めることができません。なぜなら、ほとんどの栄養素が必要だし、その色々な栄養素はありとあらゆる食材に含まれているからです。だから、「これを食べると肌荒れが改善する」というような言い方はできないのです。

強いて言うなら、体に良いと言われているものは何でもバランスよく(偏りなく)食べましょう、ということです。

何だか答えになっていなくて申し訳ないですが、逆の発想で、体に良くない食べ物は肌にとっても良くないということを後ほどお伝えしようと思います。先に、栄養素の代表格の肌への効果について見ていきましょう。

主な栄養素の効能と、肌への効果

誰もが聞いたことのある有名な栄養素の効能、肌への効果をお伝えします。もし自分に不足している栄養素があるなら、それを意識して摂ってみることが、もしかしたら美肌への近道となるかもしれませんね。

タンパク質

タンパク質は、血や肉をつくる栄養素と言われています。つまり、肌を形成するためには絶対に欠かせられない大切な栄養素です。主に、肉、卵、大豆、魚などに多く含まれています。コラーゲンもタンパク質の一種です。

これが欠乏すると、肌の再生もうまくいかず、キメが粗くなったりガサガサになりやすくなります。また、ホルモンや神経系の働き、内臓の働きを安定させるためにタンパク質は欠かせないので、これの欠如は体調不良を招き、健康を脅かします。

「肉を食べなければ長生きできる」「痩せたければタンパク質を抜け」という説がありますが、過信は禁物です。きちんとタンパク質を摂ってこそ、美しい体型、そして美しい肌を手に入れることができると思います。

炭水化物 含 食物繊維

炭水化物は、体のエネルギーを作りだすための栄養素です。これには食物繊維や砂糖などの糖類も含まれます。摂りすぎは肥満の元と言われていますが、生命維持や集中力を高めるためには必要な栄養素です。米、小麦、糖、野菜や果物に豊富に含まれています。

これが欠乏すると、ヤル気や集中力の減退、イライラに繋がり、スキンケアへの意欲が減退することが考えられます。そして、特に食物繊維の欠乏では便秘も発生しやすくなります。便秘を起こせば腸から血中に老廃物(毒素)が溶け出し、肌まで行き渡ってしまいます。これらが肌荒れの原因となりえます。

炭水化物抜きダイエットが流行しています(いました?)が、日本人なら炭水化物ダイエット!という真逆の意見まで出ています。どちらも極論ですが、それだけ謎の多い栄養素でもあるわけです。ただ、必要でなければ昔から炭水化物なんて食べません。食べるということは必要性があるからです。

ただ、過剰摂取は糖尿病の元凶ともなるので、特に砂糖には気を付けたいところです。

カルシウム

骨を丈夫にすると言われているカルシウム。牛乳や乳製品、骨あり魚に豊富に含まれており、これは肌の保水機能を維持したり、新陳代謝の促進に一役買っている栄養素です。これのお蔭で、肌の若さを保つことができますし、骨格の維持にも繋がります。

欠乏すると、肌は乾燥しやすくなり、シワやたるみが増えやすくなります。また、骨がもろくなって骨格が変わってくると、体が歪み、それに合わせて筋肉や皮膚も歪んでいきますので、しわやたるみの発生を助長してしまいます。

ビタミンA

ビタミンAはレチノール、レチナール等の総称で、肌の粘膜をはじめ、視覚や体の成長に寄与しています。効能や栄養などについては小難しい栄養素ですが、これも、肌を美しい状態に保つには欠いてはならない栄養素です。バター、牛乳、チーズ、レバーなどに豊富です。

欠乏すると、肌の乾燥や再生不良を引き起こします。ほかに、成長障害、胎児の奇形、夜盲症などの原因にもなるので、注意が必要です。

一方で、摂りすぎ(特にレチノール)もまた危険で、妊婦が過剰摂取することで、水痘症や口蓋裂といった胎児奇形をもたらすことがあるようです。詳しくは別途お調べくださいませ。

緑黄色野菜や海草にはβカロテンが豊富ですが、これもビタミンAの一種と言われています。正確にはプロビタミンA(ビタミンAに変わる前の姿)といい、これらの過剰摂取は特に問題はないとされているようです。

ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸・・・等々の総称で、肌に関していえば、とりわけビタミンB2とB6が密接にかかわっています。B2は牛乳、チーズ、魚、緑黄色野菜などに豊富に含まれ、B6は小麦の麦芽、大豆、卵などに豊富に含まれています。

ビタミンB2やB6たちは、よく「美肌ビタミン」とも呼ばれ、肌の代謝機能をサポートして肌荒れ、シミの改善やツヤ出しに貢献してくれます。欠乏すれば、逆に肌荒れやニキビが増えたり、皮膚炎などのアレルギー症状も発症しやすくなります。

美しい肌を築き上げるためにはビタミンBは必要不可欠。水溶性なので、水を使って調理する際は注意しましょう。熱に弱いのも欠点です。

ビタミンC

ビタミンCも、美肌のためには必要不可欠な栄養素です。肌の内部で行われるコラーゲンやヒアルロン酸の生成等をサポートするので、肌のツヤやハリが出てくるといった結果が期待できます。ほか、抗酸化作用によって心疾患や血管疾患、脳疾患への罹患率も下げることができます。

欠乏すると、肌は乾燥しやすく、またしわやたるみの増加に繋がります。ビタミンC(いも類のビタミンCは一応除く)は非常にもろく、熱によってすぐに壊れます。また、体内でも壊れてしまうことがあるようです。だから、柑橘類や野菜などで積極的に摂ることが望まれます。

ビタミンE

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、非常に優れた抗酸化作用(老化抑制作用)を持っています。そのため、しわやたるみの抑制をはじめ、血管強化などに貢献してくれます。油、茶葉、種実類などに豊富に含まれています。

欠乏すれば、老化しやすい肌になったり、血管障害や心疾患、脳疾患に罹患するリスクが上昇します。一方で、過剰摂取もまた問題となっています。ビタミンEを摂りすぎると骨粗鬆症に罹患するリスクが上がるといった見解があります。

体に良いとは言えない食べ物

体に良いとは言えない食べ物というのはあまりありませんが、食品添加物を多く使用している食べ物には不安があります。全ての添加物が悪いというわけではありませんが、多く摂取することによって体に害を及ぼす可能性をはらんでいると思うからです。

着色料、発色料、保存料、香料など、特にインスタント食品やジャンクフードには多いイメージがありますね。植物由来ならまだしも、化学的に合成してあるものの場合は心配です。

しかし、必要だからこそ添加されているとも考えられます。何かしらの意図があるわけです。保存料は、食品が悪くならないようにするためのもの。私たちが食品を長く保存できるのも、そういった添加物のお蔭であったりします。

だから「体に悪い食べ物」とまでは言えず、ここでは「体に良いとは言えない食べ物」ということにしておこうと思います。

サプリメントはどうなの?

最近は色々なサプリメントが出ていますが、摂りたい栄養素を手軽に摂れるので、非常に便利ですよね。でも、呑まれる際は、本当に必要かどうかを見極め、きちんと用量や用法を守りつつ呑まれることをおすすめします。

むろん、必要な栄養素は食事から摂るのが望ましいでしょう。サプリメントはあくまで補助食品ですので、サプリメントだけで栄養補給をしようとするのは、あまり良くない思考です。

栄養素とのいうのは、単体だけで働くものもあれば、他の栄養素などと関連しあって働くものもあります。そうだからこそ、体にとってもプラスの作用をもたらすとも言えます。だから、サプリメントを呑むときは、呑み合わせを気を付けたり過剰摂取に気を付けねばなりません。

サプリメントのことを悪いとは思いませんが、間違って服用してしまうと逆効果になってしまうことがあるのです。なるべく医師や専門家との相談の下で呑むようにしたほうが良いでしょう。

 結局は、万遍なく色々食べましょうということ

今回、主たる栄養素について挙げましたが、栄養素はほかにも色々あり、どれもが体に何らかの効果をもたらしています。もちろん必要なものばかり。過剰摂取は良くないですが、不足させてしまうのも良くありません。

以上をお読みになって分かったかと思いますが、肌荒れに良い食べ物というのは、やはり決められないのです。あえて注目するなら、自分が嫌っている食べ物、避けがちな食べ物かと思います。そういったものに、自分に足りない栄養素が含まれているかもしれません。

また、インスタント食品やレトルト食品、スーパーなどの惣菜物、サプリメントなども便利で重宝しますが、それよりも、丹精込めて作った料理のほうが体に良いのは疑う余地もありません。それを“ご馳走”と言ったりします。

心から「ごちそうさま♪」と言えるような食べ物を食べられるよう、食生活改善に努めていきましょう! 

肌荒れに良い飲み物についても別記事にまとめてありますので、興味がございましたら是非ご覧ください。

⇒ 肌荒れに良い飲み物とは?冷たい飲み物はやめるべき?


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ