酢が肌の美容に効果あり!でも、間違えると逆効果なんです

料理で大活躍する酢。酸っぱくて、味を引き立たせる上で重宝できる調味料として名高いですよね。

でも、酢の力は料理でしか発揮されないわけではありません。

「酢を塗ってみると良いよ~」「そのまま飲んでみたら?」といった話を聞いたことのある方も少なくないのではないでしょうか?

そう、酢は肌の美容にイイんです!肌だけではありません。とにかく体に良いのです。

ただし、それは「基本的には」といった話です。必ずしも良いとは言えません。

今回は、酢の成分や肌への効果についてと、併せて注意点についてもお伝えしていきますね!

酢の主な成分と、肌への効果

まず、体に良いとされる主な成分について見ていくことにしましょう。そして、それが肌にどんな美容的効果をもたらすのか?をおさえていきましょう。

酢酸

酢といえば酢酸(さくさん)です。

酢酸=酢 だと思われている方も多いかもしれませんが、実際の酢は、酢酸のほかに色々な成分が含まれています。もろみ酢だと、酢酸が少ないため酢扱いされないことも多いですね。

酢酸は、酢特有のツンとした刺激とニオイをもたらします。体内では化学変化によってクエン酸と化します(クエン酸に関しては後述)。

ここで肌への効果を示したいところでしたが、元来の酢酸を塗ると、実は肌に刺激を与えます。

しかし、食酢の場合は問題になるほど濃くないので、口に入れてもそこまで心配する必要はないでしょうし、肌に塗っても大きな影響はないと思います♪

アミノ酸

アミノ酸も主成分として扱われることが多いですが、種類によって含有量は大きく異なります。

以下をご覧ください。穀物酢から黒酢にかけて、アミノ酸が多くなっていきます。数値は100mlあたりです。

穀物酢(50~80mg) 
米酢(100mg)
純米酢(100=150mg)
黒酢(500~600mg)

※ 参考サイト:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20120829/133122/?P=2
※ データは、東京農業大学小泉幸道教授の試算による。

アミノ酸といえば、

「ねんしょうけーねんしょうけーアーミノッしッき♪」

っていうCM(古いかな!?)があったように、代謝(燃焼)に働きかけてくれる成分です。脂肪燃焼促進、皮膚再生のサポート、脳の調整や免疫系統の向上といった効果があると言われています。

肌への効果としては、皮膚再生のサポート効果ゆえ、キメを整えて健康的な状態にするのに役立つでしょう。

まあ、役立つ・・・といっても、アミノ酸は体に必要不可欠の成分ですから、欠如していたらいけませんね。

クエン酸

クエン酸は もろみ酢の主成分です。

が、酢酸を主成分とするあらゆる酢も無縁ではありません。先ほど書いたように、酢酸を摂取すると、体内でクエン酸に変化します

そのクエン酸は疲労物質である乳酸を分解してくれるので、体の疲労を解消してくれるのです。

またクエン酸は、「クエン酸サイクル」という、要は体の代謝機能にも貢献しています

つまり、クエン酸の不足は、疲労の蓄積、肥満化、肌荒れなどに繋がってしまうのです。

逆にクエン酸(や酢酸)をしっかり摂れば、体の代謝機能を安定させることができ、美肌にも繋がっていくと思いますね。

酢はあまり飲まないほうが良いかも

あんな酸っぱい酢を飲むにはなかなかの勇気が必要(もろみ酢は飲みやすい)ですが、やっぱり、頻繁には飲まないほうが身のためです。酢酸は酸性ですから、それが胃・食道、ノド、口などを傷めてしまいます。

なので、酢はあまり飲まないのが安心!(かも。)

料理に使うくらいがちょうど良いかもしれません。もし飲むのであれば、商品の説明書きに沿って、必要ならきちんと希釈して飲むようにしましょう。希釈の度合いは必ず守りましょう。過剰飲酢に気を付けたいところです。

さらに、空腹時や胃腸が不安定なときは、やはり飲まないのが無難ですね。

適量で効果大!

酢は、いくら飲んでもその効果は大きくなりません。それどころか、上に書いたように健康を害してしまいます。

でも、きちんと用量をわきまえて飲めば、体に良いことは確か。先ほど肌への効果についてもお話ししましたが、本当に美肌のためにもプラスになると私は思っています。

そう考えると、先ほども書いたように、料理に使うくらいがちょうど良いのかもしれませんね。

もし直接飲まれる場合は、商品の説明書きにある適切な用量に従って飲むようにしましょう。

酢を塗ると、肌が柔らかくなる!?

酢を肌に塗ると柔らかくなるといった話は聞いたことないですか?肉とか魚だって、酢をつけると柔らかくなるので、想像に難くないかと思います。

それは本当です。

酢酸がタンパク質を加水分解(細かい繊維を分断)することで、柔らかくなるのです。肌だって、肉と同じでタンパク質です。当然柔らかくなります。

「え?それって肌に負担にならない?」と思った方もいらっしゃると思いますが、食酢レベルでしたら大丈夫だと思われます。

食酢は、昔から荒れた肌の保護に使われたりもしています。肌にとってはローション代わりとなるのですね。

是非、たまに肌に塗ってみてはでどうでしょうか?ニオイは気になるかもしれませんが、案外肌がよく整ったりして・・・!ただし、自己責任でお願いしますね。

 

・・・以上、肌美容への効果をはじめ、酢についてのお話をしましたが、いかがでしたでしょうか?

「酢がいい」と聞いてサプリメントを買われる方は実に多く、私の父も、黒酢とかのサプリメントを呑み続けていますね。

やはり、皆さん、健康の維持について悩んでいるからなのでしょうか。今回申したように、酢は、たしかに健康に良いものですから、頼りたくなるその気持ち、とても共感できます。

でも、本当の健康は、食べ物や飲み物「だけ」では作れません。

飲食物も大切ですが、日頃の生活習慣を良くし、しっかりと体を動かすことが大切です!

肌の美容に関しても同様。偏りなく、バランス良く美づくりに励んでいこうではないですか!♪

ただ、どうしても、歳を重ねてくると、なかなか思うように食生活を整えたり体を動かしたりできなくなってきます。サプリメントは、そういうときの補助としては、役に立つと思いますね。

⇒ もろみ酢のサプリメントは、ダイエットにも活用できます

以上です。お読みいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ