塩は肌に効果的!塩洗顔をしたい方は是非やってみて!

ミネラルのかたまり=塩(塩化ナトリウム)。これは、かねてより肌に良いと言われてきました。塩を肌に塗るとスベスベになるとかツヤが出るとか聞いたことはないでしょうか?

確かにその通りで、塩には美肌効果があります。ただ、使い方を間違えると逆効果になることもあるので、この記事では、まず先にデメリットからお伝えし、その後にメリットをお話していこうと思います。

まず、肌に対する塩のデメリットとは?

あまり読みたくないかもしれませんが、まずデメリット。これを知っておけば、塩を肌に塗るときに、不安が少なくて済みます。特別危険ってわけでもないので、怖がらずにお読みいただければと思います。

塩は水分を奪っていく

醤油や塩の溶けたスープなどをこぼして肌にかかったとき、赤くなってしまったことはないでしょうか?赤くなるとかゆくなり、いかにも肌に刺激が加わっている感覚があると思います。

ご存知のとおり、塩気のあるものを多く摂取すると、ノドが渇きます。ノドが渇くというのはどういうことかというと、水分が奪われてしまっているということです。つまり、塩が水分を奪っているのです。

詳しいことを言うと生物学的な小難しいお話(浸透圧のお話)になってしまうので割愛しますが、体内の水分は、塩のような濃い場所に流れ出る性質を持っているのですね。だから、肌に塗ったときも同様のことが起こりうるわけです。

ただ、それは塩分濃度にもよります。醤油とかは濃度が濃いので、肌につけると水分が奪われ、赤くかゆくなってしまいます。敏感肌の方は特にそうで、いつも以上に肌が弱っていると、海水浴とかでもかゆみを発することがあるようです。

あ、そういえばナメクジって塩をかけると死にますよね。それも同じく、水分が奪われてしまうからです。あと、海水魚が淡水で生きられなかったり、淡水魚が海水で生きられないのも、塩分濃度が関係しています。

傷があるとしみる

塩を塗ったとき、肌に傷や細かい荒れがあるとピリッとしみることがあります。食べ物でもそうですね。唇が荒れていたりすると、味噌汁がピシッと刺激になることがあるでしょう。

目くじらを立てるほどのデメリットではありませんが、そういった不快感をもたらすこともあるのが塩ですよー、ということですね。

人工塩は良くないのか?

人工塩といって、菓子や食べ物に頻繁に使われている塩があります。俗に言う食塩のことですね。

字のごとく、人間が意図的に化学配合して作り出した塩で、味は同じく塩辛いものの、ミネラル分が減少して不純物・添加物が入れてあることもあるでしょう。

その影響で、肌に塗ったときに表面を傷つけたり刺激を与えてしまうことがあるのではないかと思います。なので、塩を肌に塗る際は、なるべく天然の塩が良いでしょう。

ただ、このあたりは、本当に話が複雑です。人工塩でも良質なものはあるだろうし、天然であっても不純物が混ざっていることだってあると思います。塩を肌に塗ってスキンケアをする場合は、その塩(や商品)のことを信用するほかないのですね。

塩が肌にもたらすメリット

さて、ここでメリットのお話です!デメリットを読んできた方は、きっと「塩って意外に厄介だなあ」という感想を抱かれているかもしれませんが、気を取り直して参考になさってみてくださいね。

冒頭にも書いたように、塩を塗ることで肌がスベスベになったりツヤツヤになったりすることが期待できます。

ただ、デメリットを踏まえた上で言えば、濃度が濃すぎず良質な状態で塗った場合のお話です。とは言っても、ある程度の濃さとかは必要です。その理由は以下のようになっています。

適度な濃さこそ、老廃物を押し出してくれる

デメリットのほうにも書きましたが、塩は水分を奪っていきます。・・・これだけ見ると、なにやら塩が悪者に思えてきますが、適度な濃さであれば水分を奪いすぎず、むしろ、老廃物を押し出すことに一役買ってくれるのです。

毛穴に詰まった汚れや古い角質などが、汗とともに外に押し出されていくわけです。実際に塩風呂に入ると、汗が出てデトックスになるみたいですね(私はやってません。それに、やるなら多くの塩が必要ですね)。

毛穴から老廃物が押し出されれば、毛穴に残る角栓やニキビ・炎症の素、メイク・ファンデーション残りなどの量も減るということなので、肌荒れの防止につながるというわけです。

これが、塩が肌に良いとされる正体なのですね。

敏感肌の方だとちょっと心配かもしれませんが、どれくらいの濃度が良いかというのは体質にもよるところがあるので一概には言えません。ただ、体液同等の濃度だと効果が無いので、体液より濃い必要があります(小難しい話をしてごめんなさい)

簡単にスキンケアができる

とにかく、塩というのは手に入れやすく、湯などに溶かせばいつだって塩スキンケアが可能です。風呂にだって入れることができるし、塩洗顔だって可能です。塩洗顔はけっこうおすすめですよ。

塩洗顔のやり方ですが、清潔な桶などに湯をためてそこに塩を溶かしてみる・・・と言いたいところですが、それだと意外に面倒(量とか量らなきゃいけない)なんですね。それに良質な塩選びもなかなか大変です。

そのため、次にご紹介するアイテムを使えばとにかく気軽です。

ソルトエステ・塩洗顔には「Veil & Co」 

(株)黎明(REIMEI)のRモールというお店から出ている「Veil & Co(ベールアンドコー)」というものがありますが、これが、自宅でソルトエステ・塩洗顔できる便利なアイテムです。

天然の塩にプラスして、ベントナイトやゼオライトといった天然成分も配合されており、これらも大きなデトックスを生み出します。

肌というのは、老化が進んだり敏感肌になったりすると、ターンオーバーがうまく為されずに、毛穴に老廃物が溜まり込んでしまいがちになります。ベールアンドコーは、そういう汚肌への対策アイテムとしても使えるでしょう。

美肌対策から清潔感を保つことまで、幅広い目的に対応しているエステ洗顔料ではないでしょうか。肌が傷付いていたり肌荒れしている方は、まずは薄めて使うとピリピリしにくくなると思いますよ。

⇒ ベールアンドコーの公式通販サイトはこちら

・・・今回は、塩の肌への効果などに関するお話でしたが、いかがでしたか?塩を肌に使ったことのない人にとっては、なかなか勇気がいることかもしれませんが、一度お試しになると良いでしょう。もしかしたら、期待通りの肌になってくれたりして♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ