シャンプーで顔の肌荒れが起きるのはなぜでしょうか!?

お使いのシャンプーによっては、顔の肌荒れが起きてしまうことがあります。かゆみが出たりヒリヒリしたりしたら要注意。酷い場合には湿疹のようなものまで出来たり、かぶれてしまうことだってあります。

では、なぜシャンプーによって肌荒れを引き起こしてしまうことがあるのでしょうか?どうすれば、肌荒れを最小限に食い留めることができるのでしょうか?

この記事では、原因と対策についてお伝えします。

もし今使っているシャンプーに疑問な部分があれば、ぜひ参考になさってみてくださいね。

強い洗浄力こそ、肌に危険

強い洗浄力を持つシャンプーは非常に多く、店頭にもたくさん並べられています。価格的にも安いものが多く、スーパーや薬局でも手軽に手に入れることができます。

そういったシャンプーは、実際に使うと爽快感があり、スッキリした使い心地。フケや皮脂などを気にする方にとっては、自然と手に取ってみたくなるようなシャンプーかもしれませんね。

しかし、洗浄力の強いシャンプーは、頭皮をはじめ、肌を傷めつけてしまうおそれをはらんでいます。

洗浄力が強い = 乾燥肌を招く

洗浄力が強いと、汚れをしっかりと落としてくれるメリットがありますが、それはイコール、頭皮や肌を守る皮脂まで根こそぎ奪っていき、乾燥肌を招いてしまうということです。

頭皮や顔の肌というのはデリケート。

特に敏感肌の方にとっては、質の良くない洗髪ひとつで肌乾燥が悪化したり、肌荒れが一向に良くならなかったり、もっと言えば肌の老化も進行しやすくなります。

スキンケアの常識としては、乾燥を招く=老化が進みやすくなる。

洗顔を例にとると分かりやすいですよね。W洗顔とか、洗浄力の強い洗顔料はNGだとか。シャンプーもそれと同様なのです。

なるべく洗浄力が強いシャンプーは選ばないことが得策です。

★ 洗浄力の強い代表的な成分 ★

洗浄力が強い成分は、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸カリウムなどの石油系界面活性剤が挙げられます。

これらは非常に洗浄力が強いことで有名です。これらが入っているものは極力避けるが無難です。

また、ラウレス硫酸ナトリウムというのも洗浄力が強いです。

ただ、これが含まれているシャンプーはまだまだ多いのが現状です。避けるが無難ですが、知らずに買ってしまったなら、しばらく使って様子を見てみましょう。

異常を感じなければ、まずOKです。

ほかにも、肌に刺激になる成分が添加されている

先述の石油系界面活性剤のほか、鉱物油、パラベン、合成香料等々が原因で、肌荒れや髪のきしみを引き起こすことがあります。これも洗顔料とほとんど理屈としては変わりません。

よく無添加シャンプーという言葉を目にしますが、無添加シャンプーとは、それらの刺激物が全部あるいは一部が無添加であるシャンプーのことを指すようです(法的にどうかという話はよく分からないので、興味がある方はお調べください)

でも現実問題として、なかなかオールフリーなシャンプーって無いんですね。あったとしても非常に高額だったりして、継続使用するのにコストがかかってしまうこともあります。

それでは経済的に痛手です。

そのため、この辺は、あなた様なりに価格と成分のバランスを決められると良いと思います。

シャンプーの成分が肌に残ることがある

髪を洗った後、きちんと顔まですすがないと、成分が残ってしまって、それで肌荒れが引き起こされることがあります。

シャンプーの洗浄成分は細かいので、それが毛穴の中にも入ってしまい、顔に白いブツブツ(ニキビ)などを生じさせたりします。

シャンプーの成分が肌に合わないとなれば、微炎症が生じたりする可能性もあるかもしれません。

そう考えると、シャンプーをした後に洗顔等をするのが良いでしょう。丁寧に洗顔し、毛穴の奥までしっかりと洗い流してやることが大切ですね。

肌に優しいシャンプー選びの注意点

肌に優しいシャンプーを探すことが、洗髪による肌荒れを防ぐための糸口となります。肌に優しいということは、髪にも優しいということでもあります。

シリコンについては賛否両論がありますが、あったほうが髪の指通りは良くなります。

最近はアミノ酸系のシャンプーがはやっていますが、たしかに、比較的肌に優しいと言われています。

ただ、肌に優しい処方だからといって必ずしも安心で安全か?といったら、それもまた違います。

ほとんどのシャンプーには、少なからず洗浄成分や保湿剤、香料などが入っていたりします(もちろんモノによって異なります)。

つまり、「100%安心・安全なシャンプーはありえない」と考えるのが筋なのです。

「え、そんなの酷いよ」と思った方もいらっしゃると思いますが、まあ、それは仕方がないことなのです。

いくら天然成分であっても、肌に合わないことだってあるくらいなのですから。その点だけ把握して、肌に優しいシャンプーを選ばれることをおすすめします。

なお、もし使用後に肌が乾燥した感じがしたら、その後の保水・保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。湿疹や痛みなどの肌荒れが生じた場合は使用を中止しましょう。

私のおすすめするシャンプー2選

私がおすすめするのはたったの2つしかありませんが、ぜひ、あなた様の好みやお財布事情に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

1、100%天然のオーガニック「ハーブガーデン」

余計なものを一切排除した、究極のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」こそ、私が知る中で最も肌にも髪にも頭皮にも優しい部類に入ると思っています。洗浄力を程良く保ちつつも、保湿とケアの力が秘め込まれています。

アミノ酸系であり、数々のハーブを原料としたハーブウォーターをベースに処方されています。香料も天然アロマエキス。ナチュラル度の高い、非常に魅力的なシャンプーです。が、ちょっとお値段が・・・?

ハーブガーデンの公式通販サイトはこちら


2、海の力で頭皮・髪ケアを行える「ラサーナ」

肌に優しい処方を追求している、「ラサーナ」のアミノ酸系「海藻 海泥 シャンプー」は、肌や髪へのいたわり的にも経済的にも、程良いバランスのとれたシャンプーかと思います。

海洋の洗浄成分で無駄な汚れだけをOFFし、なおかつ保湿成分で必要な潤い分をキープするので、頭皮にも髪にも優しいですね。お手頃ですし、ラサーナブランドでケア用品をそろえるのも面白いかと思います。

ピンクと白のデザインで女性向けですが、男性でもいけそうですね。

⇒ ラサーナの公式サイトはこちら
 

以上、おすすめのシャンプーを2つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん、これらが全てだとは思わないので、ほかにも探されると良いと思います。ただ、安物ばかりに目を付けると、添加物の攻撃にさいなまれる可能性もUPするので、その点だけお気をつけください。

あと、シャンプーを毎日している方は多いと思いますが、人によっては2日に1回とかで良い場合もあるようですね。なので、シャンプー選びだけでなく、使い方の面でも試行錯誤してみると良いかもしれません♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ