洗剤や柔軟剤・・・肌にも衣類にもおすすめなモノって?

洗濯に使う洗剤や柔軟剤。洗濯は毎日のことなので、やはりどんなものを使ったら良いのか、気になる方も少なくないと思います。

実は、洗剤や柔軟剤ひとつで、衣類の洗い上がり具合が変わるだけでなく、肌への負担も軽くなったりします。要は、あまり良くないものを使っていると、服や肌が傷む可能性もあるということです(特に敏感肌やアトピーの方の場合)。

まあ、どうしようもないくらい肌荒れが悪化することはまずないので神経質になる必要はないとは思いますが、洗濯は毎日のことだし、気になる方はこれを機に、洗剤や柔軟剤を新しく選んでみると良いと思います。

とりあえず、まずは洗剤や柔軟剤の影響等についてお話をしましょう。

衣類に残ったこの成分に、
  肌を刺激する可能性がある

洗剤や柔軟剤を使って洗濯すると、いくらしっかりとすすいでも、その成分が繊維の細かい部分に付着してしまいます。その成分が服などに付いた状態で身にまとうと、成分が肌を刺激することがあります。

その成分とは、主に石油系界面活性剤や合成香料、蛍光増白剤などです。洗剤などには、洗濯物の汚れをしっかりサッパリ落としたり輝きを良くするため、大抵そのような成分が入ってます。

ちょっとここで化粧水を考えてみましょう。化粧水ではよく、石油系界面活性剤や合成香料の入っていないものが肌に優しいですよ~と言われます。きっとあなた様も、一度はそういった話を聞いたことがあると思うし、実際に使われている方もいらっしゃるでしょう。

それと同じで、洗剤や柔軟剤も、なるべく肌に負担にならないようなモノのほうが安心だということです。アトピーや敏感肌の方、そして赤ちゃんには、特に注意が必要のように思います。

「たかが洗濯で神経質だなあ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、気を付けるに越したことはありません。毎日毎日の毒素等の蓄積によって、肌が徐々に影響を受けていくケースもあるでしょう(経皮毒といいます)。

洗剤・柔軟剤の選び方

では、いったいどういった洗剤や柔軟剤を選んだら良いのかをお話しします。

先述の石油系界面活性剤や合成香料が使われていないことが望ましいのですが、洗濯するためのグッズである以上、ある程度は致し方のない部分もあります(逆に、きちんと洗えない洗剤では意味が無いですからね^^;)。

だから、弱酸性であることや、肌への優しさを売りにしているモノが比較的無難かと思います。つまり、しっかり洗えて、なおかつ肌のことも考えていますよーという洗剤・柔軟剤が◎です。

もちろん、仮に天然成分が豊富なモノであっても、肌には合う合わないがあるため「絶対に大丈夫!!」とは断言できませんが、「赤ちゃんでも使えるくらい、肌に優しいのを選ぶぞ!」と意識することは、とても意義のあることだと思います。

質の良い洗剤・柔軟剤になるほど、それだけお値段もかかってくることがほとんどですが、毎日使う物であるということや、肌にも良いということ、さらには衣類の着心地までもがUPするというところは、考慮に入れにゃもったいないかもしれません。

まあ、肌が強い方や衣類に着心地の良さを求めない方はこの限りではありませんが、肌への刺激を減らしたい方や着心地UPを図りたい方は、念を込めて洗剤・柔軟剤選びに励まれてみてください。

おすすめのアイテムはこちら

私がおすすめする、柔軟剤入りの洗剤があります。シンプルなデザインではありますが、そこに詰まった魅力は大きいと思うので、是非検討されてみてはいかがでしょうか。

それは、(株)プランティアから出ている、Pure Collection のひとつ「ミューラグジャス」です。女性向け雑誌にも多く取り上げられました。発売から何年か経っていますが、リピーターも多く、いまでに廃れないアイテムですね。

柔軟剤入り・・・ですが、使い方は洗剤と同じでOKです♪

ミューラグジャスの特徴を簡単に言うと、肌を守る7種類の成分が配合され、衣類に抗菌や保湿の作用をもたらします。石油系成分排除かつ弱酸性である点も安心です。

香料が入っていますが、天然由来で香りも非常に良く、さらには香りが変化するところが魅力的です。フローラル→ムスク→バニラというように変わっていきます。その香りは、多くの使用者から「上品だ」と評価されています。

敏感肌やアトピーの方、そして赤ちゃんには、このミューラグジャスがふさわしい洗剤ではないかと私は思います。お値段こそすれ、それに見合っただけのパフォーマンスを期待しても良いアイテムでしょうね。

強い肌を作っていくことも必要です

今回は、洗剤や柔軟剤の選び方を工夫することで、なるべく肌にも衣類にも優しい洗濯をしていきましょう!というお話をお伝えしてまいりましたが、もうひとつ、忘れてはならないことを最後に述べたいと思います。

見出しにあるとおり、強い肌を作っていくことも必要です!ということです。

強い肌とは、要は外的な刺激に抵抗する力のある肌のこと。洗剤や柔軟剤の成分をはじめ、あらゆる化粧品成分、空気乾燥、紫外線、花粉や黄砂などの影響を受けにくい肌のことです。

アトピーの方や皮膚の病気の方は仕方がないかもしれませんが、肌というのは、ある程度強くすることができると私は考えております。

「じゃあ、どうやって強くするの?」というところがまた問題ですが、それは、日々のスキンケアや生活習慣を意識して、長い時間をかけて強くしていくほかありません。

もしお時間があれば、当ブログにあるほかの記事にも目をお通しになってみてください。まだまだ拙いブログではありますが、あなたの肌を強くするためのヒントが見つかるかもしれませんよ♪

まあ、肌が強くなったと仮定しても、「洗剤や柔軟剤のようなところに何度気を遣っても遣いすぎることはない」とも私は考えております。ずばり、スキンケアにゴールは無いのです!


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ