洗顔後に何もつけないのは、肌にとって好都合??

「洗顔後には何もつけないほうが、肌をいたわることができる」
といった説を聞いたことはないでしょうか?私も、これまであらゆるスキンケア情報を調べたりしているときに、どこかでそういう情報を目にしたことがあります。

果たして、洗顔後に化粧水や美容液などを何もつけないでいることは、肌にとっては好都合なのかそうでないのか、どちらでしょうか?

私の答えとしては、これは正解でもあり、不正解でもあるのではないかと思います。というのも、人それぞれで肌質というのは違うからです。洗ってそのまんまでも良い人もいれば、何もしないと乾燥してパサパサになってしまう人もいます。

ただ、基本的に私は、“洗顔後は保水・保湿ケアをしたほうがいい”と考えています。私自身が洗顔後に肌が乾燥しやすいのもありますが、やはり、老化によって、肌は否が応でも乾燥しやすい質に変わっていくからです。

洗顔後の肌乾燥が心配だ

洗顔というのは、顔に付着した汚れや老廃物、ゴミ、汗などを洗い落す作業のことをいいます。ご存知かと思いますが、このときには肌上の皮脂も洗い流されます。洗顔をしないと、肌にはゴミや細菌が繁殖しやすくなり、皮脂も相まってニキビ等ができやすくなります。

ところが、洗顔をすることで、逆に肌が乾燥してしまうことがあります。それは、必要な皮脂までを洗い流してしまうからです。男性の方や思春期の方は、元々皮脂分泌が多かったりするため、洗顔後も皮脂が残っていることが多いですが、歳をとってくるとそうはいかなくってきます。

人にもよりますが、私の場合は、25歳くらいの頃から、洗うと余分な皮脂まで落ちるようになってしまいました。だから、洗顔後は肌がカサカサ。綺麗になった感があっても、結局乾燥肌を招いてしまっていたのです。これでは、肌にとって良くないですね。

だからと言って洗顔を止めるのは、肌を不潔な状態にしてしまうから×。肌は清潔にしてこそ、健康的でいられるし、化粧水等の浸透もグ~ンと良くなると思います。

だから、保水・保湿ケアをおすすめします

肌上の余計な汚れが落ちて化粧水等の浸透力がUPすれば、保水・保湿ケアも効率良くいきます。私のような肌の方は洗顔後に肌乾燥を招いてもいるため、保水・保湿ケアはちょうど良いというわけです。

特に湯洗顔や洗顔料を用いた洗顔の場合は皮脂を過剰に落としやすいので、なおさら保水・保湿ケアの必要性は高まります。

例外もあります!

けれども、洗顔後に何もつけなくても良い場合もあります。

先ほど少し書きましたが、まだ思春期の方や男性の方だと、ホルモン等の関係上、皮脂が多く分泌されたりします。あまりに皮脂が多くてニキビが多い場合は、洗顔後にもすぐに皮脂が湧くと思うので、これといったスキンケアは必要ないでしょう。

そういった多脂な方々がスキンケアを頑張ってしまうことで、逆にニキビが悪化するといった事例もあるので、注意が必要です。これこそ、私が冒頭で「正解でもあり、不正解でもある」と述べた理由です。

一方、20代も半ばを過ぎたあたりから増え始める大人ニキビ。これが気になる方は、上記のような脂性肌とは違って、肌の奥が乾燥していることによって多脂になっていると考えて良いでしょう(乾燥から自分を守ろうとして、肌が皮脂を出すのです)。

だからそういう場合は、ニキビケアに併せて保水・保湿ケアが必要になってくるでしょう。つまり、洗顔後にはそれなりのスキンケアをしましょう!ということになります。

特に敏感肌の方は、ケアが命

単なる乾燥肌ではなく、肌機能が弱ってしまっているような敏感肌の方は、洗顔後のスキンケアはかなり大切な作業となります。敏感肌だとすぐに肌は乾燥しますし、外的な刺激(塵、花粉、黄砂、紫外線等々)にも負けやすいので、何もケアをしないと、ますます悪化します。

敏感肌というのは、加齢や不摂生、ストレスなどの色々な要因が重なり合うことで陥りやすくなります。先ほど上のほうで私が「老化によって、肌は否が応でも乾燥しやすい質に変わっていく」と述べましたが、これは敏感肌になっていきますよという意味でもあるのです。

老化は人間としての運命なので仕方がないことですが、歳をとって敏感肌になってくれば、やはり洗顔後のスキンケアは命となってきます。敏感肌でなくて健康な肌を維持している方でも、保水・保湿ケアをして肌を守る対策をすると良いでしょう。

肌に優しい洗顔方法をご存知ですか?

ここまでお読みいただいている方は、きっとスキンケアについて真面目に考えていらっしゃる方だと思うので、もしかしたらすでにご存知かもしれません。が、肌に優しい洗顔方法をここでお伝えしておこうと思います。

絶対にこすらない

汚れが気になるときは、こすりたくなるときがありますよね。でも、こすると肌に傷が付いたり、皮脂も余計に落としやすくなってしまいます。絶対にこすらず、撫でるようにして洗いましょう。

ダブル以上の洗顔は控えて

化粧をしていると致し方のない場合もありますが、基本的には、ダブル以上の洗顔は控えるようにしましょう。2回洗えば、単純に2倍洗浄することになるので、それだけ皮脂も余計に落としてしまうことになります。

化粧を軽くしたり落としやすい化粧にしたり、汚れを落とせないことのない質の良い洗顔料を用いるようにすれば、洗顔回数を減らすことができるでしょう。安物の洗顔料では、なかなか満足いかないものも多い印象があります(もちろん一概には言えませんが)。

泡が立てられるなら、しっかりと立てる

泡が立てられる洗顔料の場合は、十分すぎるほどにしっかりと泡を立てて、その泡で顔を洗うようにしましょう。そのほうが肌にも優しいし、より洗顔料の良さを生かすことができるのではないかと思います。

少しでも効率良く、優しく洗っていくことが大切です。

ぬるま湯で洗おう

40度を超えるような熱めの湯だと、皮脂を余計に落とす率も上がります。最近、ヒートショックといって、熱い湯でわざと肌にショックを与えて活性化させるという手法が見られますが、特に意識しなくて良いと私は思います。

ぬるま湯を用いて、着実な方法で洗っていきましょう。そのほうが安心かと思います。なお、水を用いるのも良いと思いますが、ぬるま湯のほうが毛穴が開きやすく、洗顔後の化粧水も浸透しやすくなります。なので、私はぬるま湯洗顔をおすすめします。

朝の洗顔はしなくても良いことも

 洗顔は朝と晩にしましょうと言われますが、肌乾燥が気になる方は、必ずしも両方やらなくても良いのです。朝は元々睡眠中に乾燥しやすいので、起床後の洗顔はしなくて良い人もいらっしゃるでしょう。

夜は、メイク汚れや一日分の色々な汚れが肌に付着している可能性が高いので、洗顔をすると良いと思います。

私が使っている、肌に優しい洗顔料

肌に優しい洗顔料を用いることも、肌をいたわっていくには大切なことですよね。必要となる皮脂を極力落とさないようにしつつも、汚れを落とす優れた洗顔料をご紹介しましょう。あくまで一例ではありますが。

私が使っているのは、北の快適工房から出ている「二十年ほいっぷ」というものです。角質層のくすみケア洗顔と、皮脂膜の汚れを落とす洗顔を叶えてくれます。保湿成分も豊富に入っているので、洗い上がりは非常にシットリとします。

「これを使うことで肌が明るく見える」といった点が売りになっているようですが、これはくすみ・汚れケア×保湿成分の力のお蔭かもしれませんね。固くて弾力のある泡も作れるのが楽しいです。

なお、コストパフォーマンスがかなり良いです。1ヶ月に1度届く定期購入のコースがありますが、私は、注文後のマイページみたいなところで、約3ヶ月後に届くように変更したくらいです。それほど長持ちします(顔のみの使用の場合)。

⇒ 二十年ほいっぷの公式通販サイトはこちら

洗顔後にはどのような化粧品を使うべき?

洗顔後のスキンケアに使うべき化粧品は、特にこれといった決まりはなく、ご自身が「肌に合う」と判断なさったもので良いと思います。この世の中には色々なアイテムがあるので、決めることはできません。

ただ、「私は敏感肌かも」という方に、ひとつおすすめしたい化粧品があります。それは、乾燥肌・敏感肌ブランドのdecencia(ディセンシア)からでている「ayanasu(アヤナス)」というものです。赤を基調としたデザインが、女性の心をキャッチしそうな感じですね。

先述したとおり、敏感肌では肌機能が低下し、乾燥肌になりやすく、また外的刺激に負けて肌荒れも起こしやすいものです。キメも粗くなりがち。アヤナスは、そんな肌にアプローチしていきます。化粧水、美容液、クリームが揃ったトライアルが可能です。

⇒ アヤナスの公式通販サイトはこちら

肌に優しい洗顔をして、保水と保湿のスキンケア、そして必要ならば敏感肌ケア(エイジングケア)というのもしっかりと行っていきましょう。まだ思春期の方や男性の方には脂性肌の方も多いですが、加齢ともに多くの人がスキンケアが命となりますので、是非、気にかけてみてくださいね♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ