肌に優しい顔の洗い方とおすすめの洗顔アイテム!

洗顔は、顔に付いた汚れや皮脂、垢などを洗い落としたり、化粧水の浸透力を高めるのに必要なスキンケアです。やらないと、肌に付着した異物が混じり合い、くすみを生じさせたりニキビなどを誘発する場合があります。

しかし、肌に優しい顔の洗い方って一体何なのでしょうか?また、敏感肌のような弱い肌の方でも安心して使える洗顔アイテムってあるのでしょうか?

ちゃんと顔を洗わなくちゃ!と思っても、やり方も間違えれば肌は傷んでしまうし、肌に合わない洗顔料を使ってしまっても、なかなか肌は喜んでくれませんね。

そのため、この記事では、敏感肌の方でも安心していただける、肌に優しい洗顔に関するお話をお伝えします。ぜひ参考になさってみてくださいね。

こうやって顔を洗おう!

もちろん答えなんて決められるものではないですが、洗顔の仕方ひとつを工夫するだけで、肌のいたわり具合も大きく変わってきます。

先にクレンジングを済ませるべきだけど・・・

クレンジングと洗顔は別物です。洗顔は素肌をきれいにするためのものなので、先に余分なメイクを落としておくと、洗顔もはかどりやすいと思います。

ただ、クレンジングに洗顔に・・・とやっていると、肌の必要な皮脂分まで落としてしまったりして、負担がかかったり乾燥肌になったりしてしまいますので、クレンジングはメイクの濃い部分をピンポイントに行うことが大切です。

手際良く、なるべく早くクレンジングを終わらせ、その後の洗顔で落とし残しを排除してやるようなイメージで良す。

そもそも、濃いメイクは肌に負担となるので、軽いメイクにするとクレンジングもすんなりいきますし、クレンジング不要なメイクアイテムを用いるのも賢明な方法かと思います。

しっかり泡立て、泡で洗う

私は、泡をしっかり立てられる洗顔料を、泡立てネットとともに用いることを推奨しています。モコモコの泡をしっかり立てて、その泡で肌を洗ってあげる感じです。手でこするのは良くないですね。あくまで泡でこする(?)イメージです。

このとき、洗浄力の強い洗顔アイテムを使ってしまうと、特に敏感肌の方は乾燥肌になったり肌荒れが生じてしまったりすることがあります。だから、保湿成分が入っていながらも、ある程度洗浄力のあるものが良いです。

そして最後はモコモコの泡を顔に乗せ(パックのように)、しばらくそのまま待機しましょう。洗顔料の成分をジワジワと肌の上で遊ばせておきますと、汚れも浮き出てきやすいし、保湿成分も行き渡りやすいですね。

おしまいは、ぬるま湯で優しく

泡を顔に乗せてしばらくしたら、40℃弱のぬるま湯で優しく泡を落としていきます。このとき、勢いよくシャワーを顔に噴射したり、40℃を超えるような湯を用いるのは避けたほうが無難です。

シャワーのような強い水圧は肌に負担になり、敏感肌の方だと赤ら顔になる場合があります。また、熱い湯だと、必要な皮脂分まで落としやすくなり、乾燥肌を招いてしまうことがあります。

そういえば、ヒートショックといって、わざと熱い湯を顔に浴びせることで肌を活性化させてハリを与えるという方法を本で見たことがありますが、私個人の意見としては、まずやらないほうが良いと考えています。正しくきちんとやれるなら良いですが、即席で得た知識でやる場合は、失敗してしまう可能性があるからです。

朝は洗顔をすべき?しないべき?

肌をいたわるためには、洗顔はするよりしないほうが良いでしょう。ただ、冒頭で述べたように、洗顔をしないと顔で異物が混ざって、くすみを生じさせたり刺激を与えたりしてしまいます。

だから、顔は洗ったほうが良いですが、「今日は乾燥が激しいな」とか「顔がガサガサしてかゆいな」と感じる場合は、試しに洗う回数を減らしてみると良いと思います。

よく「朝洗顔は必要か否か?」といったお話を聞きますが、基本的には必要です。眠っている間に肌の代謝は行われていて、朝には垢が付いていたりします。目ヤニだって気になります。それに、夏場なら汗や皮脂でベトベトになっていることも。

ただ、部屋が乾燥していたりすると、肌が干からびてしまうこともあります。もしそうなら、朝の洗顔はしなくても良いでしょう。というか、しないほうが良いケースだってあります。

これはケースバイケースなのでハッキリとした答えはありません。自分の肌の相談しつつ、洗顔が必要か?または洗顔料を使わずに洗顔しようか?または使って洗顔しようか?・・・を決められると良いと思います。

敏感肌の方の場合は、このあたりのことには慎重になったほうが良いでしょう。敏感肌といっても色々なタイプがあるので一概には言えませんが、肌が乾燥したり荒れやすい方は、もしかすると朝洗顔は必要ないことが多いかもしれませんね。

優しい洗顔のためのおすすめアイテム

さて、肌に優しい顔の洗い方をお伝えしたところで、肝心の洗顔アイテムについてご紹介したいと思います。いくら優しく洗っても、使っているものが良くなければ、成分が肌に負担をかけてしまいます。

私がおすすめするのは、ひとつは固形洗顔石鹸、もうひとつはネリっとしたチューブ型のものです。あくまで例ではありますが、どちらも次の条件を満たしています。

  • パラベン等々無添加の低刺激処方
  • 保湿成分配合

マイナスイオンの固形洗顔石鹸「BS PRIME」

真っ黒な「BS PRIME(ビーエス プライム)」は、不思議な力を秘めた“ブラックシリカ”という天然鉱石を用いた固形洗顔石鹸です。

ブラックシリカというのはよく岩盤浴に用いられますが、岩盤浴では遠赤外線とマイナスイオンの力を感じることができますよね。そのマイナスイオンの醍醐味を洗顔石鹸にも盛り込んだ・・・というわけです。

なによりこの石鹸は、泡立ちが非常に良く、泡でパックすることができます。天然の力を借りていることから、敏感肌の方にとっても安心して使うことのできる、なかなか魅力溢れる石鹸かと思います。

>>> BS PRIME の公式通販サイトはこちら 申し訳ございませんが、当サイトでは掲載が終わりました。

くすみが気になる方は「二十年ほいっぷ」

くすみが気になる方向けの洗顔料「二十年ほいっぷ」。これには、乳製品を作るときに抽出される“ホエイ”という保湿成分が含まれ、これが肌を包み込むようなシットリ感を生みます。

くすみ向けとは書いてありますが、直火釜練製法という特殊な製法を用いて生み出した“洗うX潤い”に成功しており、肌に優しくもしっかり洗い上げることのできる洗顔料かと思います。

固めの超濃密な泡が特徴的で、これもまたパックするように使うことができます。コストパフォーマンスもかなり良いです。私は毎晩顔だけに使って、約3ヶ月くらいもちました。

二十年ほいっぷの公式通販サイトはこちら
二十年ほいっぷ

以上、ふたつの洗顔アイテムをご紹介しました。ぜひお好きなほうを選ばれると良いと思います。どちらも泡がしっかりと立つので、もし購入されたら、おっきな泡を作って遊んでみてくださいね♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ