妊娠~産後の肌荒れは諦めましょう?…それは極論です

女性の多くは、妊娠から産後にかけて、体や肌の調子が悪くなったりします。シミが増えたり、乾燥肌に陥ったり、肌荒れが目立ったり・・・。ちょっと前までは若々しい肌だったのに、急に老けてしまう人も。

でも、ある意味これは仕方ないことなのですね。妊娠してから、ホルモンバランスが乱れて肌が不安定になり、そのせいでメラニンが沈着しやすかったり、皮脂が過剰に分泌したりして脂性肌・ニキビ肌になったりするわけです。身体の自然な反応であるので、本当に仕方がないのです。

そのせいで、「妊娠から産後のあいだの肌荒れは、諦めましょう」と言いたくなる人もいるかもしれません。実はそれは正しいです。妊娠期にできたシミや肌荒れは、出産後の時期を過ぎれば良くなる場合がほとんどなのですから。

でも、産後、シミが残ってしまったり、何だか老けたような感じになってしまう場合もあって、「妊娠中にしっかりとスキンケアをやっておけば良かった・・・」と後悔する人も少なくないでしょう。

だから、妊娠~産後の肌荒れを見過ごすよりは、それにふさわしいスキンケアを施していくほうが、遥かに安心なわけです。

妊娠期は敏感肌のスキンケアが良い?

先述のとおり、妊娠しているときはホルモンバランスの影響で肌が不安定になります。外界の刺激(空気乾燥、紫外線、花粉や黄砂等々)にも負けやすく、かゆみや痛みを伴う場合もあります。

基本的に肌がデリケートになっているので、肌を整えつつ、保湿を欠かさないスキンケアが大切になってきます。簡単にいえば、敏感肌向けのスキンケアが適していると言えるでしょう。

プロゲステロンの分泌増加によって皮脂が増えたりニキビができる方も、基本的には保湿は有効です。なぜなら、皮脂が出されたからといって乾燥肌ではならなくなる、ということはないからです。要するに皮脂が出されるだけで、肌は敏感肌のままなのです。

よって、肌を整えるためのスキンケア=敏感肌向けのスキンケアが最も適しているのです。

じゃあ、具体的に何をすべきか

洗顔料も化粧品も、肌に負担になりにくいものを使います。そして保水・保湿・バリアをしっかりと行います。安物のアイテムだと、ハズレである可能性も高いので、ある程度ブランド力のあるものが良いかと思います。

下記の記事で、敏感肌向けの化粧品をご紹介しております。
⇒ おすすめのコスメブランド for 乾燥肌&敏感肌

あと、日焼け止めも大切ですが、吸収剤不使用のものやオーガニックなものがおすすめですね。

ほか、かなり大事になってくるのが食生活や睡眠生活です。ストレスや栄養・水分不足というのは、貴女様だけでなく胎児にも影響が及びますので、きちんと気を遣うと良いでしょう。ただ、神経質になりすぎてもストレスとなるので、ほどほどに・・・。

産後もしばらく敏感肌ケアを続けよう

出産した後は、女性ホルモン(プロゲステロンやエストロゲン)が急激に減少し、それで肌荒れを起してしまう人も多いものです。さらにそこに、育児によるストレス、睡眠不足なども祟ります。

そのような状況では、お母さんの体や肌は休んでいる暇もないでしょう。だから、敏感肌のためのスキンケアを欠かさずに続けていき、少しでも肌を整えて守ってあげることが大切です。この時期にしっかりケアしていれば、その後の老化スピードも遅らせることができると思います。

ただ、100%なスキンケアなんて存在しません。やはり女性としての体の運命ですから、ある程度の開き直りも肝心です。プラスに考えれば、それが母親というステージに上がった証拠でもあります。今度は子供の健康や美容を考えてあげるステージなのかもしれませんね。

悩みは抱えないで、吐く!

「母親としてしっかりしなきゃ」と頑張る女性は多いですが、あまりに頑張りすぎるとマタニティーブルーに陥ってしまいます。かと言って頑張らなかったら、今度は子供の養育・教育に良くないですよね。

だから、頑張ることは必要ですが、もし悩んだり困ったりしたときは、必ず頼れる人に相談し、助けてもらうことが大切です。姑とかだとちょっとアレですが、旦那さんや兄弟姉妹、実の両親等々に、構わずに相談しましょう。

真面目な方だと「まわりに迷惑をかけられない」と思ってしまうかもしれませんが、貴女様が病んでしまったら意味がありません。肌の調子が悪くなるのを極力回避することだけでなく、精神を安らかに保つ努力も重要な任務なのです。

老化は宿命!避けることは100%不可能

いくら努力をしても、肌の調子が元に戻らない可能性もあります。産後に急激に老化が進んだ人もいるくらいです。それほど、妊娠と出産というのは大きなイベントなのです。

肌のみならず、体型だって価値観だって内臓の調子だって変化します。だから、まだ結婚もしていなかった頃のような初々しいケアでは適いません。体の変化に合わせたケアが必要なわけです。

今回は敏感肌のスキンケアについてお話を進めてきましたが、今と10年後では、もしかしたら異なったやり方をしないといけないかもしれませんし、同じで良いかもしれません。それは、実際にそのときになってみないと分かりません。

が、確実に言えることは、体は日々変化している(老化している)ということです。産後から老化スピードが速くなる人は少なくないですが、それを素直に認め、ふさわしいスキンケアを追い求めていきましょう。そうすれば、もしかしたら老化スピードを抑えられるかもしれません。

もちろん、答えはありません。自分で、色々試しながら答えを見つけていきましょう。大変ですが、それもまた運命です。

とりあえず、下記の記事では敏感肌向けの化粧品をご紹介しておりますので、興味がございましたら覗いてみてください。もしかしたら、今の肌荒れの解決の糸口となるかもしれませんので・・・。

⇒ おすすめのコスメブランド for 乾燥肌&敏感肌


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ