冷房の寒さ対策をして、健康と美容を守れ!

うだるように暑い夏、冷房が無ければ私たちは生きていくことができないくらい、エアコンに依存しているような気がします。バテバテのときに涼むのはとても気持ちが良いものですね。

しかし、冷房って寒いときがないですか?自分だけで使っている部屋は良いのですが、電車・バス、オフィス、スーパー等々は、自分で温度調節をすることができません。暑がりの人もいると思うし、「温度上げていただけますか」となかなか頼むこともできませんよね。

だからこそ、公共の場での冷房対策をしっかりせねばなりません。体が必要以上に冷えると、健康と美容を害します。血行が悪くなり、代謝も悪くなります。内臓機能や肌機能の低下を促し、便秘や下痢、風邪、バテ、肌荒れ、乾燥肌、敏感肌などを招きうるのです。

肌のような体の表面に異常が出てきたら、それはもう体も悪影響を受けていると判断できます。もし寒くて肌がおかしくなったら、体は必要以上に冷えていることを疑ってみましょう。

冷房の寒さ対策は、ずばり防寒

まず大切なことは、いかに体を冷やさないかです。つまり、寒い冷房の下では防寒をしましょうということです。これが一番手っ取り早い対策です。

ただ、夏場というのは外は暑いですよね。だから、厚手の長袖を着ていくことは勇気が要ります。あまりあたたかい格好をすると、かえって汗をかき、冷えてしまうこともあります。脱水症状に陥ることもあります。

だから、薄手の長袖やストールを持参し、冷房の効いたところで羽織るようにしておくようにすると良いでしょう。それと、特に腸のあたりは冷えやすとまずいので、腹巻やガードルを締めておくのも良いと思います。夏用のがたくさん売っていますよ。

マスクというのも、ノドや顔の保護のためには有効な手段です。カバンなどにしのばせておくと良いでしょう。

冷房の設定温度は、差5℃以内

温度差の目安は、外界との差が5℃以内です。「たった5℃?」と思われるかもしれませんが、そうなんです。でも5℃の開きがあれば、いざ外から入ってきたときに涼しく感じるものです。

しばらくすると「暑いなあ」と感じてくるかもしれませんが、そのときは我慢我慢。熱中症であれば話は別になりますが、基本的にはそのまま。毎日続ければ、体が慣れていくのではないかと思います。最初はけっこうしんどいですけど、これも健康と美容のためですね。

可能であれば、冷房の温度設定は、外界との差が5℃以内になるように意識なさってみてください。 

冷たくないもの飲んだり食べたりしよう

夏場に喫茶店等に入ると、ほとんどの席に冷たい飲み物が置かれています。そりゃそうですよね、皆さん暑い中やって来て、涼みに来ているのですから。

けれども、すでに喫茶店に入った時点で冷房が効いていると思うので、そこでアイスを飲むとますます体が冷えてしまうおそれがあります。すると、血行不良に陥ってしまいます。

すぐに何らか症状が出る人もいれば、夏バテとして後々祟られる人もいますが、いずれにしても体にも肌にも最善とは言えません。もちろん熱中症のときは話は別になりますが、基本的に元気なときは、冷房下でもあたたかいものを飲んだり食べたりしたほうが良いでしょう。

真夏に涼みながら飲むホットティーやホットコーヒーも、なかなか味わい深いものがあります。そういう習慣が無い方にとっては意外に思われるかもしれませんが、痩せない原因や肌荒れが気になる原因は、もしかしたらそういう些細なところにあるかもしれませんね。

なお、あたたかいのはちょっと・・・という方は、常温ならOKかと思います。冷えていなければ大丈夫ですので、アイスを頼むなら「氷抜き」で注文してみましょう。

食事を抜くと、冷えやすくなる

夏には食欲減退のせいか食事を抜いてしまう人がいます。アイスクリームとかデザートとかを食べ過ぎて、その影響で食事に消極的になることもありますね。

でも、食事は大切です。食料を体内に取り込むことで燃焼されるので、血行が良くなって体温も維持できるのです。代謝機能だって促進されます。健康と美容のことを考えたら、否が応でも食事をすることが勧められます。

では、どうしたら食事ができるのでしょう?

簡単です。アイスクリームなどの冷たい物を控え、熱中症にならないように常に水分補給を意識することです。なぜ水分補給が大事かというと、水分が減ると、食欲が減退してしまうから。ただそれだけです。

また、今回は冷房の寒さ対策のお話をしてきましたが、冷房が効いておらず、溶けてしまうような暑さの中では食欲も減退しやすいです。だから、冷やしすぎないような温度設定にして稼働できれば、それが一番ですね。

肌を冷房の乾燥から守ろう

冷房が効いた部屋では、空気も非常に乾燥します。空気乾燥は、ノドや肌にも影響を及ぼし、特に女性にとっては気になるものです。体が冷えることによる肌荒れと空気乾燥による肌荒れがダブルパンチでやってきます。

夏場は毎日のように、寒い部屋や暑い所を行ったり来たりすることになります。すると体温調節機能が狂い、そこにさらに空気乾燥が襲い掛かるので、肌も敏感肌になりがち。そう、冬の肌と同じように、肌機能の低下と肌乾燥を招くのです。

だから、ずばり保水・保湿のスキンケアをしておくことが大切です。適切な環境で過ごしている方はそこまで神経質にならなくても良いですが、冷房下で過ごすことが多く、ある程度歳をとった人(特に女性)は、しっかり肌対策をしておく必要があります。

体が夏バテするように、肌だって夏バテします。敏感肌になってしまうと、そのまま肌乾燥が慢性化したり、肌再生がうまくいかずにキメが粗くなって老けやすくなります。そうなるとさらにケアが大変ですね。早いうちにケアを始めないと、冬まで肌トラブルに悩まされることになります。

神経質になりすぎるのも良くないですが、是非、冷えや空気乾燥による肌トラブルには注意なさってみてください。

もし敏感肌ケアが必要だという場合、敏感肌専門ブランドのDECENCIA(ディセンシア)から出ている「ayanasu(アヤナス)」を私はおすすめします。一年を通して役に立ってくれるアイテムだと思います。トライアルで試すのも可能なので、一度検討してみては…。

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【アイテム訴求・化粧水】アヤナストライアルセット

暑いからといって部屋の中ばかりいてはダメ

暑い夏には冷房の部屋に閉じこもりがち。しかし、ある程度外に出たりして体を動かすことが大切です。もちろん、外が苦手なら屋内でもOKです。

とにかく体を動かさないということがいけなくて、それだと体の代謝機能が低下したりします。すると太りやすくなるし、夏風邪も引きやすくなります。肌荒れだって確率が上がりますね。

健康と美容のためには、しっかりと体を動かすことを意識していきましょう。涼しい部屋で冷たいものをたくさん食べたり飲んだりしてばかりいるのは、絶対に良くないです。若いうちはまだしも、歳をとってくるとその影響が顕著に現れるようになるかもしれません。

少し脅すような感じになってしまいましたが、健康と美容を守るには、それほどの面倒くささが必要だということなのですね。楽をしたくなるのが人間というものですが、ある程度体にムチを打つことこそ、結果としてプラスになっていくのではないかと思います♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ