大人のアトピーの症状と原因、そして付き合い方

アトピー性皮膚炎(通称 アトピー)は、それまで発症したことのない人でも、大人になってからある日突然発症することがあります。昔アトピーで、しばらく状態が良好であっても、またぶり返してしまう人もいます。

では、なぜ大人になってからアトピーを発症してしまうのでしょうか?

・・・その原因は、実ははっきりとは解明されていないのが実情です。そのため、確たる治療法もなく、心を悩ませている人も数知れません。しかし、ある程度の目星というものがありますので、順にお伝えします。

大人アトピーの症状と原因

大人のアトピー性皮膚炎の症状としては、肌に湿疹や発赤等が見られ、かゆみや痛みを伴うことが多いようです。赤く腫れているところを爪を立てて掻くと白い痕が付いたり、組織液が染み出たりすることもあります。

肌は極度に敏感になっているので、敏感肌の一種とも捉えられます。しかし、顔のみならず脇の下や首、腕などに広く発症し、アレルギーに基づく病気としての位置付けとなっています。

考えられる原因は色々あります。遺伝、生活習慣、体の常在菌、環境、ストレス等々の様々な要因があって、それゆえ免疫力が低下したり、肌が過剰に敏感になったりして、アトピーを発症することがあります。特に大人になってからのアトピーは、後天的な原因(生活習慣や環境、ストレス等)によるところが大きいかもしれません。

原因を特定することは困難を極めるため、考えうる改善点を見出し、少しずつ試すように対処していくのが、アトピーとの上手な付き合い方となるように思います。

大人アトピーとの付き合い方・対策

アトピーとしての症状が出てきた以上、肌をいたわり尽くさなければなりません。肌をなるべく傷つけないようにし、清潔感を保ち続けることがまず第一です。絶対に掻きむしらないようにしましょう。

そして、皮膚科にかかって診断してもらうことも大切です。ただ、当記事では、治療法ではなく、普段の生活におけるアトピーとの付き合い方と対策に主眼を置いて見ていきます。

ケアについて

洗顔料や化粧品、シャンプーを使う際は、極力肌に刺激の無い無添加処方やオーガニック処方のものを使うことで、極力肌に刺激を与えないようにします。紫外線対策も重要で、保水・保湿のスキンケアも手を抜けません。

アトピー向けのアイテムがあれば、それが一番良いと思います。必ずしも肌に合うかは実際に使ってみないと分かりませんが、そういったもののほうが安心です。特に冬は念入りに保湿ケア等していきましょう。

寝具・衣類について

使っている寝具や衣類も疑ってみましょう。こういうところに付着しているダニやホコリは天敵となります。ダニは垢とかを餌食にしているので、布団は格好の場所ですよね。布団は毎日清潔に保っておきましょう。はたかずに、洗ったり掃除機で吸ったりします。

なるべく肌に優しい素材のものを使うようにしましょう。もしかゆみや痛みを感じたり症状が悪化するようなことがあれば、その素材は肌に合っていないのかもしれません。例えばナイロンタオルはNGです。

紫外線防止時に装着するカバー、寝る時の布団や枕、マスクなどの素材にも注意なさってください。質の良いものを取り揃えるのは大変ですが、細部まで気を遣えば遣うほど、アトピー対策も強化されていきます。

空気について

空気が汚いと、空気中のチリ・ホコリ・細菌などの異物が肌に刺激になってしまいます。空気清浄機や換気扇、ロスナイなどを積極的に稼働させ、空気を綺麗にしましょう。

また、肝心のそういった機器が汚れていてはなりませんので、フィルターや内部を綺麗にしておくことも大切です。ただ、掃除の際にホコリが舞いやすいので、舞わないように一工夫し、手などには手袋等を装着するようにしましょう。

食事について

栄養バランスのとれた食事を、規則正しくとることが大切です。仕事などの都合で偏食が多かったり、栄養バランスがとれていないと免疫力低下を招き、それがアトピーにつながることがあります。

睡眠について

睡眠も、体の自律神経を整えて代謝向上・血行促進をするために大切な日課です。質の良い睡眠を心がけていきましょう。夜更かしは厳禁ですし、途中で目が覚めるようなことがあっても、それは体も脳も休まりません。

忙しい日々をお送りの方にとっては難しいかもしれませんが、睡眠不足はストレスや疲労、ひいてはアトピーの原因となりますので、可能な範囲で意識していけると良いと思います。

ストレスについて

大人になると、色々と責任を負わされ、ストレスも大きくのしかかってきますよね。そのせいで自律神経の働きが崩れ、結果として体調不良、ひいてはアトピーとして症状が出てくることがあります。

ストレス解消法はありますでしょうか?もしあるなら、積極的に解消に努め、もし無い(あるいはそんな時間がない)なら、少なくとも、現在の生活の改善を真っ先に考えてみましょう。

アトピーができるほどのストレスなら、ノイローゼも近くなっている可能性があります。いざノイローゼや鬱病になってからでは遅いので、今のうちに、強情を張らずに思い切って生活改善に努めてみてくださいね。

大人のアトピー肌にふさわしい化粧品のご紹介

ここでひとつ、大人になってからのアトピー肌の方にふさわしい化粧品を2つご紹介します。どちらも敏感になっている肌に優しい処方ですが、タイプがちょっと、いや、けっこう違います。

どちらがあなた様の肌に合っているかは分かりませんが、自らの症状、好み等に合わせて選んでみると良いのではないかと思います。

シットリ系、肌機能のケアには「アヤナス」

シットリとした使い心地と高度な保湿力のある「アヤナス」は、敏感肌専門ブランドのDECENCIA(ディセンシア)から出ているスキンケア化粧品です。鮮やかな赤色のデザインが印象的です。

アヤナスは、肌の機能(再生サイクル)を整えつつ保湿を施すためのアイテムです。

敏感肌向けなので、アトピーといっても比較的軽度な人におすすめできるのではないかと思います。実際にアトピー肌の人も使用しているみたいです。

化粧水はとろみのある高浸透処方で、クリームは特許技術ヴァイタサイクルヴェールによるガッチリバリアが皮膚を保護してくれる、低刺激処方の化粧品です。肌のうるおいを保ち、状態を整えるために適しているアイテムといえるでしょう。

トライアルセットがあるので、肌に合うかどうか試してみてはいかがでしょうか?

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【肌荒れ訴求】アヤナストライアルセット

サッパリ系、肌の抗菌・保護に「オージュンヌ」

ベルオーというブランドの「オージュンヌ」という化粧水は、アヤナスと比較すると、よりアトピー性皮膚炎の方、肌が弱い方、肌荒れが顕著な方をターゲットにしているような印象があります。

肌機能を整えるアヤナスに対して、こちらは肌の状態を整え、抗菌・保護ケアを施すといったイメージですね。液体も、とろみはなく、サラサラ流るる小川のよう。成分のほとんどが水(スキンケア用弱酸整水)から成り立っています。

オージュンヌの開発担当者は、昔からアトピーに悩まされてきた女性のひとりのようです。同じ悩みを持つ人を救いたい思いから、オージュンヌの開発に漕ぎついたみたいですよ。

オージュンヌの公式通販サイトはこちら
オージュンヌ

以上にて、美容の視点から大人アトピー肌向けのスキンケア情報をお伝えしましたが、もし病院へかかられている(かかる)なら、医師の指示には必ず従うことが大切です。今回のは付き合い方や対策の例ですので、あなた様に完全に見合った治療法は、医師にしか分からないでしょう。

アトピーだからといって気を落とさず、着々と進んでいけば道は開けると思いますよ♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ