男が髭を剃るor抜くときに、肝に銘じておきたい事柄とは?

男の人にとって悩みの種でもある髭。ダンディーな感じで似合っており、なおかつそれがポリシーであれば、それで良いのです。が、なかなかそういきませんね。

清潔感やスッキリ感、そして手入れの手間、彼女(←いれば)との口づけ等々のことを考えると、やはり髭は無いほうが良いような気もします。もちろん人によりますけどね。

そこで今回は、男性にとっての髭剃りor髭抜きについてお伝えしたいと思います。肌をきれいに保つためにも、肝に銘じておきたい事柄・対策をご紹介しますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

髭を「剃る」なら

髭を剃ることは、男の人にとって日常茶飯事だと思います。カミソリや髭剃りを用いて、念入りにやっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで気になるのは、やはり肌荒れです。毎日やることだからこそ、肌への負担も重なって、かゆみや赤みが出やすくなります。私の知り合いにも、赤く腫れあがってしまっている人がいます。

髭を剃るときに肝に銘じておきたいことは、やはり肌への負担を最小限にすることです。そのためには、あらかじめ刃の滑りを良くすることや、無理のない剃り方、そしてアフターケアが大切になってくるでしょう。

刃の滑りを良くし、肌との摩擦を低減させよう

状態の良い刃(※)を使うこともひとつですが、何より、肌と刃との摩擦を減らすことが先決かと思います。

先にお湯なり蒸しタオルなりで肌をあたため、その後シェービング用のジェルなりクリームなりを塗り、剃り始めましょう。無い場合は、しっかり泡立てた洗顔料などを用いると良いですね。

 ※ 刃は、可能なら一週間程度で交換すると良いでしょう。

同じ部位を何度も剃らないようにしよう

少しでも肌への負担を減らすべく、なるべく少ない回数で髭を剃れると良いですね。

刃が傷んでいたり元々髭が濃い方だと、同じ部位を何度も剃ってしまいがちです。仕方のない場合もありますが、少しでも良い刃や機種を用いて、スマートに髭剃りができると良いと思います。

ゆっくりゆっくり丁寧にやるようにするのもポイントです。

アフターケアこそ忘れないようにしよう

何と言っても重要なのは、髭を剃った後のスキンケアです。いくら摩擦を減らしても、刃があたった部分の皮膚は、細かい傷が付いています。肌の保湿を担うバリアも剥がれてしまっているでしょう。

そのため、消炎、保水・保湿を行うことで、肌の状態を整えてあげることが必要になってきます。

傷んだままの肌では、皮膚の再生機能が乱れたり、外的刺激に弱くなってしまいます。すると、老化が進行しやすくなるし、慢性的な敏感肌になる可能性もあります。歳をとればとるほど、その度合いは強くなるでしょう。

髭剃り後は、きちんとスキンケアをして、男性としての魅力ある美肌を保つようにすると良いですね。

アフターシェイブローションを使おう

一例ですが、アンドジーノというブランドから出ている「プレミアムアフターシェイブローション」(以下、プレミアムローション)というアイテムがおすすめです。とても分かりやすい名前ですね。カミソリ負け、肌荒れ対策や身だしなみのケアに有用なローションです。

価格こそすれ、一日2回使用で一本2ヶ月分、一日1回使用ですと4ヶ月分の量なので、コストパフォーマンス的には良い部類かなと思います。

アンドジーノのプレミアムローションはあくまで一例ではありますが、毎日行う髭剃りだからこそ、質の良いアイテムを選ぶのが大切ですね。

プレミアムローションの公式通販サイトはこちら


髭を「抜く」なら

「剃る」のお話をお伝えした次は、「抜く」のお話です。

髭があまりに気になって気になって仕方がない方は、きっと少なくないと思います。そういった方々には、きっと「髭剃りから卒業したい!」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

そういった方は、脱毛といった方法で、半永久的に髭から逃げることができますね。ただ、抜くということはそれなりに抵抗もあるわけで、なかなか踏ん切りがつかないのも確かです。

そこで、「抜こうかな」とお悩みの方にアドバイスをお伝えします。

本当に抜く必要があるのかどうか検討しよう

「俺は抜きたいんだ!」という方を止めるつもりはございませんが、髭を抜くと色々なデメリットが生じうるのです。

  • ニキビや炎症
  • 毛嚢炎(細菌感染)
  • 埋没毛(髭の根っこだけが残り、そこが埋没する)
  • 色素沈着(抜いた刺激で皮膚組織が壊れてしまうことで起きる)

このような危険性があります。美肌を目指してやったつもりが、逆に肌荒れやトラブルを引き起こしてしまう可能性があるわけですね。

また、髭を抜いてもし二度と生えないとしたら、本当にそれで良いのか?・・・も、きちんと考えたほうが良いと思います(気持ち的な面で)。いつか必要になることだって、あるかもしれません。大切な髭です。

こうして検討し、「抜く」という結論に至った方は、ぜひ続きをお読みくださればと思います。

質の良い脱毛器を用いて髭を抜こう

セルフ髭脱毛をする場合は、少しお値段がかかっても、なるべく肌に負担が少ない良質な脱毛器を使われることをおすすめします。自分の手で引っこ抜くという方法もありますが、それは大変危険で、肌トラブルの原因になります。

質の良い脱毛器を使ったからといって完璧というわけではありませんが、手などで抜く行為に比べたら、断然安心度は違いますね。

脱毛器を使った脱毛を検討される方は、ぜひ次の記事をご覧くださいませ。髭脱毛のヒントとなれば・・・と思います。

⇒ 脱毛を家で簡単にやるなら、手抜きな性格でも肌に優しいのを

メンズエステサロンで施術を受ける手もある

お金はかかりますが、その分安心して髭脱毛が可能なのが、メンズエステサロンに通うことです。エステに通ったことのある男性は少ないと思いますが、これを機に検討してみるのもアリでしょう。

とは言っても、サロンはたくさんありますので、きっと選びかねると思います。コツとしては、以下のようなサロンを選ぶことが大切です。

  • 髭脱毛の実績があるところ
  • 無料or低価格でカウンセリング・体験ができるところ
  • 病院と提携しているところ

このようなことが、サロンのサイトに明記されていれば、とりあえず候補に入れてOKかと思います。実績があれば安心だし、病院と提携していれば、万が一トラブルが起きても対処してもらえます。

一例として、メンズ脱毛専門店に「BOWZU」というところがあります。東京は渋谷店、新宿店、名古屋が名古屋西店と名古屋栄店の4店舗しかありません(2015年4月現在)が、本気で脱毛を考えている方は、一度カウンセリングを受けてみると良いかもしれません。

BOWZUの髭脱毛の公式サイトはこちら
300_250

以上、男の人に向けて、髭の「剃る」「抜く」についての大切なアドバイスでしたが、いかがでしたでしょうか?

剃るのは、断然安心ですが、スキンケアも併せて行っていく必要があります。抜くのは、勇気や投資が必要ですが、抜いてしまえば一件落着です。どちらが良いのかは断言できませんので、ぜひ、自分らしく、髭とお付き合いしていっていただけたらと思います。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ