お腹の線(肉割れ線等)を消すには、どんな方法があるのか?

ちょっと贅肉が付いてしまったりして、ダイエットに励んだりすると、腹に線がくっきりと現れてしまうことがあります。肉でなくても、妊娠したりしても付いたりします(妊娠線)。でも、どうしても気になってしまいますよね。

これから水着を着なければならなかったり、デートで仲良ししなければならなかったり、はたまた温泉などに行くことになったとき・・・。色々な場面で、腹をさらすことになります。そんなときに線がくっきりと見えていたら、なんともやるせないですね。

というわけで今回、お腹の線(肉割れ線と呼んだりします)を消す方法について考えてみましょう。「100%消えるよ」と豪語することはできませんが、今日からでも実行あるのみです!

とにかく、お腹も肌!(←ここ大事)

当たり前すぎて、こんなことを言うと怒られてしまうかもしれませんが、お腹も肌です。そこに現れている妊娠線・肉割れ線は、肌にできた筋ですね。そのため、線を消していくということは、その肌のケアをしていくということにほかなりません。

もちろんその前提に、それ以上に腹が大きくならないように(太らないように)するというのがありますが、基本的に、顔のスキンケア同様に、腹のスキンケアをしていけばOKなのです。ストレートに消すということは不可能ですが、良い方向へ仕向けていくことができると私は思います。

具体的に何をすれば良いのか?というと、顔の肌荒れやしわケアと同じく、保湿です。まあ保湿といっても大雑把ですが、要は、肌の調子を整えていこうということです。なぜそれで良いのかというと、

  • 肌の真皮のコラーゲン繊維が裂けてしまっている
  • 皮膚がたるんでしまっている(ハリが無い状態)

ことによって線ができてしまってるからです。保湿ケアによってコラーゲン合成の働きを整え、ハリも生ませてあげることで、線が気にならなくなっていく可能性が十分にあります。

ただ、外科的な手術・治療とかではないので、どこまで良くなるのかは分からないところがあります。が、個人が自宅でやっていくには、腹のスキンケア以外に、あまり方法は無いのが現状です。

腹の保湿ケアは、即効性は無いですが、毎日続けるだけで良いし、誰も気軽に、そして安全に続けていくことができる現実的な方法かと思いますね♪

ポイントは、ビタミンC !

コラーゲンは肌のキメを細かくしてハリを出していくための大切なタンパク質の一種。そのコラーゲンの生成に欠かせないのはビタミンCです。言うなれば、美肌のためのビタミン。敏感肌の方にもうってつけの栄養素です。

日頃の食事では、ビタミンCが欠乏しないように、野菜や果物を食べるようにしましょう。そして腹のスキンケアでも、ビタミンCあるいはビタミンC誘導体(体内でビタミンCに変化するもの)を含むアイテムを使われると良いでしょう。

そうすることで、避けてしまったコラーゲンの部分を保護し、整えていくことができるでしょう。繰り返しになりますが、治療法・改善法ではないので100%とは言えません。でも、やらないよりはやったほうがマシであるのは自明です。これは、顔のスキンケアも同じですね。

そこで、きっと頼りになるであろうアイテムをご紹介したいと思います。肉割れ線をはじめ、体のあらゆる線が気になる方は、参考になさってみてくださいね。

腹のスキンケアに良い、ノコア

妊娠線や肉割れ線のケアにふさわしいアイテムが、株式会社フューチャーゲートが運営するショップ”mowmow(モウモウ)”で販売されている「ノコア」というクリームです。

これを使うおすすめの部位は、

  腹、尻、腕、脚、腰 など

です。これらは顔の皮膚に比べると厚い部位なので、より高度な保湿力と浸透力を要しますね。ノコアは、新型ビタミンC誘導体FUNCOS(ファンコス)の角質層までの浸透力が、メーカー調べで従来の約200倍を実現しているとのことです。

その数値にはいまいちピンと来ないと思いますが、厚い肌にも対応しうる浸透力であるということです。

あと、敏感肌の方は、腹でさえ「肌に刺激は無いだろうか?」と不安になることと思います。ノコアは、よくある顔の化粧品のように低刺激処方となっています。パラベンや界面活性剤などの9種類の添加物がフリーとなっています。だから、敏感肌でも安心して使用できるでしょう。

ただ、希少価値が高いのか分かりませんが、価格がちょっと高めの設定になっています・・・。そこが正直ちょっとネックですが、お腹の線の対策を進めていくには、前向きに検討してみると良いかと思います。

 ノコアの公式通販サイトはこちらをクリック
共通

太るのを怖がって、食べないのはダメ

「またお腹がポッコリ出て、線が濃くなったらどうしよう」・・・そのお気持ちはよく分かります。でも、必要のない食事制限はいけません。栄養や水分をしっかり摂ってこそ、健康な体・肌を作ることができるのです。

もちろん食べ過ぎとか偏食はいけませんが、栄養バランスやカロリー計算を考えて、必要な量をきちんと食べていくことは、健康と美容の基本なのです。そこが崩れていると、妊娠や肉割れ線は、結局消えにくくなってしまうかもしれません。

消したい消したい!という思いが先行するあまり、神経質になってはいけないのです。「いつか消えるさ♪」という大きな心構えで、スキンケアに食事に、日々気を遣っていくようにすれば良いと思います。

あと、睡眠も運動も大事ですね。体調を整え、神経の働きや血行・代謝を良くしていくことも、健康や美容には絶対に欠かすことができません。

どうしても強制的に線を消したい場合

この記事のタイトルは、「お腹の線(肉割れ線)を消すには、どんな方法があるのか?」となっていますが、私の持論では、消す方法は無く、消えるような肌に仕向けていくケアの方法はあるかもね~ということで、先述のようにスキンケアのお話をお伝えしました。

が、「いや、私は絶対に100%消したいんだ!」という方もいらっしゃるかと思います。そういう方は、美容外科等に通われると良いかなと思います。場所にもよると思いますが、妊娠線や肉割れ線を改善するための施術があるかもしれません。

その方法でも、100%!というのは無いかもしれませんが、自宅でスキンケアを地道にやるよりは、確実で、断然早いかなと思います。もちろん、その分の投資は必要になってきますけれどもね。

外科的な対策は、少なからず肌にレーザーやメスを入れるので、それに抵抗がある方には不向きです。そういった方は、やはり腹のスキンケアを地道にやって、日々の生活改善を工夫したほうが安心ですね。

・・・以上で、妊娠線や肉割れ線などといったお腹の線の対策についてのお話を終わりにしたいと思います。やることは簡単ですから、是非、気長に続けてみてくださいね♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ