肌荒れに良い飲み物とは?冷たい飲み物はやめるべき?

肌荒れをしたとき、また肌荒れをしないように努めるとき、いったいどんな飲み物が肌に良いだろうと考える人は少なくないものです。

しかし、ハッキリとした答えは見つかりません。あらゆるサイトを見て回っても美容雑誌を読んでも、色々な飲み物が体に良いだの肌に良いだの言われていて、結局「もういいや」となってしまうのがオチです。

そのため、ここでは肌荒れに良い飲み物ではなくて、まずは肌荒れに“良くない”飲み物のほうから焦点を当てて考えていきたいと思います。記事タイトルにもあるように、早速冷たい飲み物からお話ししてまいります。

冷たい飲み物は、肌に良くない!?

冬場はあれですが、夏場には冷たい飲み物がとても美味しく感じますよね。氷を入れてキンキンに冷やし、それをグイッと飲む・・・。ビールかッ!って話ですが、それくらい冷たい飲み物はうまいわけです。

でも、冷たい飲み物って実は肌に良くないんですね。火照った体を冷やしたりする分には有効な場合もありますが、基本的に、胃腸・体を必要以上に冷やしてしまうのです。

体が冷えることで代謝機能が落ち、血行も悪くなります。腸の老廃物排泄機能も低下して、血中に老廃物が溶け込みやすくなり、便秘や体臭・口臭をもたらすだけでなくて、肌にも影響が現れるのです。そりゃそうですよね、老廃物が肌にも行き届くわけですから。

だから、冷たい飲み物というのは、健康にも美容にも、あまり好ましいとは言えません。美味しいっちゃ美味しいですけれどもね。

冷たい飲み物って夏バテの原因でもあります。食事や睡眠や運動ばかりに目が行きがちですが、冷たい物ばかり飲んだり食べたりしていないかを再確認してみても良いかもしれません。案外そういうところに夏バテの原因が潜んでいます。

常温、または温かい飲み物を飲もう

私は夏でも温かい飲み物を飲むことをおすすめしたいのですが、「そんなのは酷だ」と思う方もいらっしゃるかと思うので、せめて常温(あるいは冷たくても常温に近い)の飲み物にとどめておくことをおすすめしておこうと思います。

特に夏は脱水症にも陥りやすいので、ノドが渇いたときは温かい飲み物より常温のほうが気分が良いかもしれません。

そういえば、私が真夏に友人と喫茶店に入ったとき、周りを見渡したらみんな冷たい飲み物をとっていました。もちろん氷が入ってグラスが濡れているくらいの冷たい飲み物です。私の友人も冷たいものをとりました。そこであえて私も冷たい飲み物にしてみました。

・・・これでみんなアイスです。その光景を見渡して、私は思わず笑ってしまいました。やっぱり、夏は冷たい飲み物が美味しいんですね、誰だって♪でもやはり冷たいのはよほどのことが無い限り、避けるのが良いのです。冷たい飲み物は胃の吸収も良くないです。

喫茶店では、氷を抜いてもらったり、ある程度あたたまるのを待ってから飲むのも良いですね。ホットでOKならもちろんホットが良いでしょう。

アルコール飲料も肌荒れの原因になります

飲み会から帰った次の日、肌の調子が悪いという人はけっこう多い印象があります。それは、食事にも原因はあると思いますが、アルコール飲料も原因のひとつにあるでしょう。

アルコールには水分を奪う働きがあります。ビールや酒を飲んだ後、やたらノドが渇いたりトイレが近くなったりといった経験は無いでしょうか?もしおありなら、それは体の水分が抜けてしまっている証拠です。

肌というのは、水分があってこそ(潤いがあってこそ)ハリやツヤが出てくるものです。肌の自浄作用や代謝機能も、その水分が無いとうまく働きません。また、血液中の水分が足りなくなっても、血行が悪くなって体内に老廃物が溜まりやすくなります。

せっかくの飲みの場にケチをつけることはしたくないですが、アルコール飲料は水分を奪う働きがあって肌荒れの原因のひとつだ、ということを、頭の片隅に置いておいていただけたらと思います(少量なら血行促進にもなるみたいですよ)。

ギンギンに冷えたビールなんかを飲みまくるのは、特に危険です。胃腸が冷えて水分も奪われ、何らかの体調不良が出てもおかしくありません。あとで「楽しい飲み会だったなあ」と思えるよう、落ち着いて、無理のないように飲みましょう♪

糖分や炭酸の多い飲み物も控えてみよう

あれもこれもダメだと言うと気が悪くなりそうですが、それが今回の記事の目的ですのでどうかお許しくだされば幸いです。

砂糖や炭酸が多い飲み物も、肌荒れの原因になる場合があります。特にコーラ、サイダー、スカッシュなどの飲み物がお好きな方は要注意です。

砂糖はほぼ炭水化物であり、体にエネルギーを蓄えたり、集中力を高めるためには必要な栄養分ではあります。しかし、摂りすぎると血糖値が上がったり肥満になったりして、体には負荷がかかるようになります。

体に負荷がかかれば、それだけ胃腸や内臓機能も疲れやすくなり、機能低下につながります。その結果、血行悪化や代謝不足、スキンケアのヤル気への低下、生活習慣改善の意識の低下を招いてしまいます。

また、炭酸の場合は、少量なら胃の血行を良くしてくれますが、必要以上にとると逆に負担になってしまい、胃腸の機能低下につながります。その結果、先述の流れのとおり、体や肌にも影響が及ぶのです。実際に胃腸が弱い人は、炭酸飲料を控えるように医師から指示されたりもするようです。

このように、砂糖や炭酸の飲料も飲みすぎは良くないわけです。砂糖には中毒性があるので、なかなか習慣を改善するのは困難だと言われています。でも、飲みすぎている自覚があれば、少しずつでも意識して改善することをおすすめします。

少し神経質な意見かもしれませんが、そのくらいの意識を持っておくことで、いざ飲もうとしたときでも、必要以上に飲んでしまうという事態を避けることができます。健康や美容のために、ぜひ制限した上でお飲みいただけたらと思います。

コーヒーはどうなの?牛乳は?

コーヒーや牛乳って、あまり肌に悪いという情報がありませんよね。その通りで、実際にあたたかいコーヒーやミルクは、肌に良い飲み物の部類に入るのではないかと思います。

コーヒーにはカフェインが入っていて覚醒作用があると言われ、それがヤル気UPやストレス払拭にも繋がります。ただ、飲みすぎは胃に負担をかけるので、一日1、2杯というところがちょうど良いでしょう。

また、ホットミルクには体が温まるイメージがあります。それに、アイスミルクだと下しがちな人も、ホットだと大丈夫だったりします。カルシウムも豊富で、強い体を作れますよね。

しかし、そんなホットミルクでも、生れつく乳製品系が苦手な胃を持った人だと、負担になることがあります。牛乳をはじめ、チーズやクリームなども同様です。自覚症状はあまり無いですが、もし何らかのきっかけでそういう体質だと知ったら、避けたほうが良いかもしれませんね。

ホットでも、体を冷やしたり冷やさなかったり

今回の記事をざっと見渡すと、私は「温かい飲み物が良い」と私は述べています。が、逆に汗をかいてしまって体を冷やすこともあります。それは、温かい飲み物を飲むときの宿命でもあるでしょう。

体が冷えてしまうと風邪を引いたり血行が悪くなるので、肌にとってもよろしくありませんね。だから、特に汗をかきやすい暑い場所では、適宜、常温にするかホットにするかを自分なりに考えてみると良いかもしれません。

また、次に示す飲み物は、飲んだ後も体を冷やしにくくする作用があると言われています。是非参考になさってみてください。

生姜飲料

乾燥させた生姜を用いた飲料は、生姜の成分(ショウガオールなど)が体をあたためてくれると言われています。即効性もあるようです。ただ、体温が上がった後はすぐ下がってしまうようですので、そこだけ注意をしましょう。熱しやすく冷めやすいわけですね(笑)

寒い冬をはじめ、夏場の冷房下でも、あたたかい生姜飲料はおすすめです。生姜湯なんかいかがでしょうか。

紅茶

紅茶にも、体をあたためる働きがあることが分かってきているようです。茶葉が茶色になっているもの(つまり発酵されている茶葉)が良いみたいですね。色素成分のテアフラビンのお蔭だとか。

紅茶なら乾燥生姜との相性もばっちりだろうし、生姜茶を飲んでみても良いと思います。想像しただけでも、なんだか体があたたかくなりそうですね。

ココア

ココアも体をあたためるには良いと言われています。森永製菓の見解によると、ココアの成分であるテオブロミンやポリフェノールが良いらしいですね。アイスココアでも、冷えの抑制効果があるとのことです。体の末端(手足など)が冷えにくくなるそう。

生姜が即効性のある体温保持効果があるのに対し、ココアではゆっくりと効果が浸透するそうで、寒い時期にはココアが美味しく感じられるのも、もしかしたら人間は本能的に分かっていたのかもしれませんね。

私が参照した森永製菓の資料はこちら
⇒ 「ココア」が「ショウガ」と同程度の 冷え性抑制効果があることを解明

 

以上、肌のことを考えたら、体を冷やしにくく、かつあたたかい飲み物を飲まれることをおすすめします。体の健康こそ美容力UPにつながっていきます。是非意識なさってみてください。

あまり神経質になると逆にストレスになってしまうので、まあ、出来る範囲でOKかとは思います。ストレスだって肌荒れを招く原因のひとつですからね。

肌荒れに良い食べ物についても、興味がございましたら是非ご覧くださいませ。

⇒ 肌荒れに良い食べ物とは?食生活改善で美肌を目指せ!


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ