顔にニキビ跡ができた原因とは?状態別の対策もお伝えします

脂性肌や敏感肌の人は、顔にニキビができやすかったりします。でも、ニキビというのは、スキンケアや生活習慣を整えていくことで、気にならなくなることがあると言われています。

でも、いくら気を付けていたって、できるときにはできるのがニキビです。そして、いざ治ったかと思っても、茶色のシミや赤みや凸凹などの跡(痕)として残ってしまうこともあります。

では、ニキビ跡ができてしまうのは、いったい何が原因となっているのでしょうか?どんなスキンケアをしていけば良いのでしょうか?また、治す方法はあるのでしょうか?

この記事では、顔のニキビ跡の原因と対策などについてお伝えしてまいります!

ニキビ跡の状態別の原因

ニキビ跡ができてしまう原因として考えられるのは、ひとつだけではありません。人によってはひとつかもしれませんが、複合的に引き起こされていることも多いでしょう。

ここでは、ニキビ跡の状態別に挙げていこうと思います。

茶色のシミとなっているとき

ニキビがあったところが茶色のシミになっている場合は、一般的なシミと同じです。ニキビのせいで肌が弱り、そこを守ろうとしてメラニンが生成されてしまったのです。要は、体の防衛反応みたいなもの。

シミは、ターンオーバーを繰り返していくうちに良くなっていくことも多い反面、肌の老化が災いして しつこく残ってしまうことがあります。

ニキビができたときに触りすぎていたりすると、シミはできやすくなります。もし茶色のシミが残っているなら、肌に負担をかけていたり、ターンオーバーの状態が整っていない可能性があるということになります。

赤みとして残っているとき

ニキビというのは、アクネ菌や老廃物・皮脂などが混ざり合うことで発生した炎症です。炎症である以上、充血して真っ赤に腫れ上がることがあります。

その腫れあがった状態で、刺激を与えたり触ったりしていると、毛細血管が破裂し、鬱血(うっけつ)することがあります。それが、ニキビが引いた後も赤み肌として残ってしまうのです。

これも、ターンオーバーによって徐々に良くなっていくはずです。先述のシミよりは軽度な状態なので、そこまで悲観するようなことではないかなと、個人的には思います。

凸凹のクレーターになっているとき

ニキビ跡としては最もしつこく、改善が難航するのがこのクレーター型の肌荒れです。

その発端は、ニキビを刺激してしまったことや無理なケアをしてしまったことにあり、皮膚の組織が壊れて再生が困難になってしまっている状態です。真皮層という、皮膚の割と深いところまで浸食されています。

真皮層までやられてしまうと、体の自己再生能力ではなかなか治りません。深い傷を負ったときと同様です。外科的な治療やレーザー治療を受ける方法が現実的ですが、それでも完治は100%ではないでしょう。

でも大事なことは、やはり肌をいたわること。望みをかけて、今できる最大限の努力をすることだと思います。

カリカリのカス(粒)が付いているとき

ニキビがほぼ治ってくると、今までプツッと腫れていたものが、カリカリカサカサの乾燥した状態になり、肌にカス(粒)となって残ります。

普通は自然に取れますが、残ってしまっていたら優しく取ってあげましょう。ただ、「え?大丈夫?」と不安になったり、うまく取れないときは放置が一番です。そのうち取れると思います。

逆に言えば、まだ赤いうちや、カリカリになっていないときは取ろうとしないことです。そのせいで、シミ・赤みや肌荒れとして残ってしまうこともあります。

ニキビやニキビ跡にふさわしいスキンケア

ニキビをはじめ、シミや赤みなどのニキビ跡には、それなりのスキンケアを施すことが大切です。クレーター型の肌荒れの場合もそうですが、別途、特別な治療も必要となることがあります(皮膚科にかかられると良いでしょう)。

さて、ニキビやニキビ跡にふさわしいスキンケアとは何か?ということですが、要は、肌を潤し、整え、ニキビの悩みにも前向きに働きかけてくれるようなスキンケアのことを言います。

つまりは、普通のスキンケアとほぼ変わりません。ただ、ニキビにはビタミンCやビタミンC誘導体が良いと言われていますので、そういった化粧品を用いるのが良いと思います。

理想的な化粧品はいくつかありますが、ここでは一例として、顔全体に使えるローションをご紹介しておきたいと思います。

そのローションとは、Primo ordine(プリモディーネ)の「シーバム コントロールVCローション」というものです。ビタミンCやビタミンC誘導体の長所を取り入れている、ニキビ向けの化粧水です。一度検討してみるのも良いかと思います。

プリモディーネ 公式通販サイトはこちら
プリモディーネ キャンペーンバナー

それから、ただスキンケアをすれば良いというものではなく、いかにニキビやニキビ跡に刺激を与えないか?という点も重要になってきます。

  • 気になっても、極力触らない。こすらない。
  • 洗顔も優しく。
  • 産毛剃り・髭剃りの際も気を付けて。
  • 紫外線対策も忘れずに。

これらの点を、しっかりおさえておくようにすると良いですね。

生活改善による体内からのケア

肌を作り上げているのは何か?といったら、そう、栄養分や水分です。つまり、人が普段から食べたり飲んだりしている物によって、作られているわけです。

皮膚の表面上のニキビ跡には化粧品のスキンケアが有効ではありますが、皮膚の奥のほうの根本に訴えかけるには、日頃の生活改善をしない手はありません。

栄養バランスのとれた食事を、サプリメントに頼らずにしっかりととっていくことがまずひとつ。水分補給を常に忘れないことも大事ですし、間食を減らすのも大事。

それから、体の調子を整えるべく、質の良い睡眠ととることも忘れてはなりません。

まだあります。ストレス対策です。ストレスを抱えるほどニキビもできやすく、ニキビ跡だって残り安くなると言われています。ですから、ストレスや疲れを感じたら、無理をせず、日頃から小発散していくと良いと思います。

イライラしていませんか?不安を抱えていませんか?

・・・完璧に改善するのは無理かもしれませんが、少しでもストレスを減らしていけると良いですね。そういえば、ストレスって食事と関係しているとも言われています。食事の質を高めることで、少しは良くなるかもしれません。

睡眠がうまくとれないような目まぐるしい生活を送っている方でも、食事だけは最低限気を遣っていただけたらと思います。案外、お袋の味とか良いかもしれませんね^^

 

・・・以上、ニキビ跡の原因や対策についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?ここでは、あくまで自分の力でできる対策についてご紹介してきたので、もし酷いようなら皮膚科で診てもらうのが良いですね。

何はともあれ、大切なのは、肌をいたわり、体内・外の両方からケアをしていくことです。状態によっては病院での治療も必要かもしれませんが、何より、望みを忘れずに前進していくことが、明るい未来を作ってくれることと思います。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ