タバコをやめると肌は美しくなるかならないか、どっち?

タバコは美味しいですか?私は吸わないので味のことは全く分かりません。ただ、ニオイはけっこう好きで、子供の頃、タバコの煙が漂うところにわざわざ入り込んでいったりしました(当時、世間ではまだ分煙がしっかりされていなかったので、嗅ぎやすかったです)

しかし、大人になっていくのと同時に、世間では次第に「タバコは健康を害する」といった説が広まっていき、今も声高に言われています。私は幼い頃「吸ってみたいなあ」と思った時期もありますが、今は「手を出さなくて良かった」と思っています。

(でも、いまだにニオイは好きですよ。わざわざ煙のあるところに行きはしませんけれどもね。)

さて、今回はタバコと肌についてのお話です。タバコを吸っている方も吸っていない方も、ぜひとも参考になさってみてくださいね。

タバコが招く、肌への害とは

タバコが肺を真っ黒にするとか、肺癌や心臓病にかかりやすくなるとか、健康に関するタバコの影響については、きっと喫煙者の多くも既に知っていることと思います。

なぜそのように言われるのかというと、やはりタバコに含まれている成分に毒性があるからです。毒性といっても、合法的な範疇である以上は毒とは言えませんが、やはり、体に良いものではありません。

ニコチン、タール、一酸化炭素、シアン化水素などが成分として入っていますが、どれも有害物質であることが明らかになっています。微量であればまだしも、タバコには中毒性があるので、常習するとマズイですね。

血中に有害物質が溶け込んだり、血行が悪くなったり、代謝が不安定になったりします。そのため、肌に送られる栄養分が不足したり、有害物質が肌に浸透していったり、代謝不足によってキメが悪くなったり敏感肌になったりします。

ビタミンCも大量に消費され、コラーゲン生成のサポートがうまくいかず、これによってハリやキメが足りなくなったりします。それに、ビタミンC不足はメラニンの生成を促すので、シミもできやすくなります。

健康に悪いということは美容にも悪い・・・そう考えていただいて間違いはないでしょう。ただ、吸う本数や吸い方、体質などによっても個人差はあるので、一概に悪いとは言い切れません。実際、吸っていても長生きする人もいますから、ここでは “良くない” という論調にとどめておきますね。

タバコをやめると肌は美しくなるのか?

タバコをやめることで、そのやめた時点からの健康・美容への阻害は無くなるということになりますね。つまり、タバコによる肌トラブルの進行を抑えられるということです。

体の内臓・血液機能の働きが元に戻ってくれば、代謝やビタミンCも通常どおりになってキメも復活するし、肌に有害物質が送られることもなくなって、肌荒れ・くすみも改善されていくかもしれません。

ただそれは、かなり理想のお話です。タバコをやめても、その余波は短からず続きます。

一瞬肺のお話になりますが、「タバコをやめると肺がきれいになる」と言っている人もいますが、それは正しくもあり間違いでもあります。

1998年の「イギリスたばこ白書」によれば、喫煙者の肺癌罹患率が下がるのは禁煙してから5~9年後であり、喫煙による病気罹患率が非喫煙者と同じくらいになるのは10~15年後とのことです。

タバコの害は、禁煙してすぐに無くなるわけではないのですね。

これは肌にも言えることだと思います。まあ、病気と同レベルで扱ってはいけないかもしれませんが、肌に溜まった有害物質や色素が消えるのも時間がかかってしまうでしょう。

敏感肌になっていれば、そのスキンケアに時間をかけて、少しずつ肌を整えていく必要があります。そこに “老化” という醜い化け物も追い討ちをかけきますから、タバコを吸っていない人と同程度まで肌を美しくするのは、ちょっと難しいように思います。

だからと言って諦めるのも早いですね。吸い続けるよりは、やっぱりやめたほうが良いのは自明です。奇跡が起きることもあるかもしれません。それは、実際にやめてみないことには分かり得ないことです。

それでもやっぱりやめられない方は・・・

タバコは中毒性があり、なかなかやめられないのが現実ですよね。日々本数を減らしていくという作戦も失敗に終わるだろうし、いくらキッパリやめても、ある日突然再び吸ってしまうこともあるでしょう。

だから、やめるには、強固とした信念が必要です。そして、何か健康的な物あるいは趣味などで、自分の気持ちを整理していくことも大切になってきます。家族やパートナーの協力も少なからず必要でしょう。

しかし!!・・・そんな強固とした信念が無いというなら、吸い方を少し工夫してみてはいかがでしょうか?

肺喫煙ではなく、口腔喫煙にする

肺喫煙とは煙を思いっきり肺まで吸う喫煙、口腔喫煙とは口や鼻までだけに煙を吸う喫煙のことをいいます。

両者でニコチン摂取量を比較すると、どうやら口腔喫煙のほうが圧倒的に少ないそうです。そりゃそうですよね、ノド~肺を通っていないんですから。肺喫煙のほうが15~20倍くらいの量になると聞いたことがあります。

それはニコチンの量なので、他の有害物質についてはちょっと分かりませんが、肺喫煙よりも口腔喫煙のほうがまだましだということは、想像に難くないですよね。

ただ、コツを掴むのはちょっと難しいようです。吸おうとせずに、口の中だけの圧力を下げるようにする意識を持つと良いらしいですが、私は非喫煙なので、有力な情報を提供することができません。

人のいないところで吸う

自分のタバコの煙を人に吸わせるのは、形は無いにせよ、人にぶつかる行為と似ています。いや、副流煙(タバコの先から出ている煙)のほうが有害物質が多く含まれていますから、ぶつかるのより深刻かもしれません。

そのため、人(特に非喫煙者)がいる近くでは、絶対に吸わないように心がけるようにしましょう。あなた様自身が平気であっても、他人は分かりません。色々な人がいます。有害であるかないかの話は別として、煙たさやニオイ、そして人の口から出てきた煙が嫌だという人も大勢いらっしゃるでしょう。

いただいた体を大切に

少し綺麗事なお話ですが、あなた様の体は、父母があってこその聖なる体です。あまりいじめないであげてください。

三次喫煙でも肌は荒れる!

まだ聞き慣れない方も大勢いらっしゃるかと思いますが、三次喫煙という言葉があります。

喫煙者が本人がタバコを吸うのを一次喫煙、喫煙者以外の人が漂うタバコの煙を吸うのを二次喫煙(受動喫煙)といいます。そして、タバコの煙はどこにもないが、その有害物質の残留物を吸うのを三次喫煙といいます。

例えばホテルの喫煙可のお部屋。以前私は、遠くの田舎に用事で行くことになったとき、駅前に唯一あったホテルを予約しましたが、喫煙可の部屋しか空いておらず、渋々そこを使うことになりました。

いざ部屋に入ってみると、まず部屋全体が黄色いのと、あとニオイが気になりました。いや、気になったといってもニオイ自体は好きなので(笑)、有害物質が部屋中に存在している気がした・・・というのが正しいでしょう。

案の定、一晩寝て起きたら、ノドがガサガサ。そしてなんか体が痒かったのです。当時敏感肌だったのかもしれませんが、「もう喫煙部屋に泊まるのは御免だ」と思いましたね。

だから、肌のことを気にされている方は、三次喫煙にもお気をつけください。ソファーやカーテンに有害物質が付いていると、何かの拍子にそれが舞い、肌に付着して肌トラブルが発生する可能性があります。特に敏感肌の方は要注意です。

喫煙者の場合は、「三次喫煙の原因を作るな!」とは言えませんが、なるべく、風通しの良いところで吸われることをおすすめします。換気扇・換気口の近くや外でお吸いになっていただけると幸いですね。

タバコをやめたい方のためのおすすめショップ



スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ