寝姿勢は睡眠の質に影響!美容のためにも意識してみよう

美容のためには、睡眠はとても大切だと言われています。寝不足では疲れも溜まりやすく、ストレスだって解消しにくくなりますよね。

体も心も健康であるためには睡眠は必要不可欠であり、その健康こそ、代謝機能などとの深いかかわりがあります。質の良い睡眠こそ、代謝機能を維持し、きれいな肌や体を作り上げていくのです。

さて、質の良い睡眠・・・と聞くと、いかにぐっすり眠れるか?という点が気になるかと思います。が、今回は、特に “寝姿勢” に着目して、美容について考えていきましょう!

寝姿勢を見直そう!枕は今のままで大丈夫?

悪い寝姿勢は、睡眠の妨害になるばかりでなく、体の一部に力がかかって負担になったりし、傷めてしまうこともあります。皮膚に強い圧力がかかれば、そこにしわやたるみができやすくなったり・・・という可能性もあるでしょう。

そのため、まずは寝姿勢を見直してみましょう!ということです。

さて、今お使いになっている枕は、いったいどのような枕でしょうか?固いですか?柔らかいですか?高いですか?低いですか?それとも、枕なんて使っていないですか?

・・・どれが良いのか?といったら、その答えは決まっておりません。その枕のせいで体が痛くなったり息苦しいということがなければ、まずOKです。

私の場合ですと、どうも柔らかくてフカフカの枕がダメのようです。そんな枕で寝ていたとき、夜中に何度も目が覚めてたり腰が痛くなったりしました。でも、少し固めの枕に変えたら、目覚めが良く、腰や首も楽になりました。

体は頭から足まで順に繋がっているので、枕ひとつを変えて頭部を楽にしただけで、体の節々への負担が軽くなったのかもしれませんね。枕を変えるだけで、ここまで睡眠の質が高まるとは、正直驚きです。

なるべく正しい寝姿勢で寝て、しっかり体を休め、健康や美容に強い体を維持していく。・・・そのためには、まずは枕から改善してみるのが、最も簡単な対策だと思います。ぜひ、枕を見直してみましょう!

余裕があれば、敷布団も気にしてみよう

枕は睡眠の質を大きく左右するわけですが、余裕があれば敷布団のほうにも気にかけてみましょう。

あまりに柔らかい敷布団だと体がのめり込み、朝になってみると体の節々が痛くなっていることがあると思います。私も経験済みで、「柔らかいほうが心地良く眠れそうだ」と思い込み、フカっとした敷布団で寝たら、やはり体が痛く、目覚めも悪かったですね。

なので、「なんだかよく眠れないな」「十分寝ているはずなんだけど、なんか変」と思われている方は、枕のほかに、敷布団にも注目してみることをおすすめします。

向くのは、上? 横? 下?

寝姿勢で最も気になるのが、上を向いて寝るのか横を向いて寝るのか下を向いて寝るのか・・・ですね。さて、、どの姿勢が最も健康や美容に良いのでしょうか?

では、ちょっと睡眠の “質” とは話が別になりますが、圧力と しわのお話を少しだけしましょう。

横を向いて寝るときは、当然、下側になっている顔の皮膚に力が加わります。つまり、圧力がかかっているところはしわやたるみになりやすくなります。下を向いて寝るときは顔全体に負担が。上を向いて寝るときは・・・まあ一番マシでしょうか。

このように、寝姿勢ひとつとっても、しわのできやすいできにくいが変わってくるのですね。「気にしすぎだろう」と言われたらそれまでですが、睡眠は毎日のことなので、その積み重なりは案外大きいと思いますよ。

ところがですね、人間の多くが、少なからず寝返りを打ちます。上を向いたり右を向いたり左を向いたりしますね。それが自然な状態であるわけです。だから体や肌への負担も、うまくバランスが取れるはずなのです。そう、結局は理にかなっているのです。

ただ!寝返りを打たないよという方は要注意ですね。実は、睡眠の質が悪い人ほど、寝返りも打ちにくいそうです。つまり、睡眠の質を左右する枕や敷布団などが劣悪であれば、寝返りも打ちにくくなるのです。

それではダブルパンチですよね。質が悪ければストレスや疲れも解消できず、体の代謝機能や神経の働きが乱れるし、寝返りを打ちにくくなることで肌への部分的負担も大きくなってしまいます(同じ方向ばかり向くため)。

だから、今回のこの記事では、まずは枕などに注目して、睡眠の質を向上させていきましょう!ということをお伝えしている次第なのであります。

一見どうでも良いようなことですが、枕や敷布団を変えるだけで、ぐっすり眠れるようになるかもしれません。リラックスしてよく眠れると、寝返りを打ったり寝相が悪くなるかもしれませんが、それこそが理想的な寝姿勢なのです♪

おすすめ枕の一例がこちら

ここでひとつ、おすすめの枕の一例をご紹介しましょう。一番星というお店から販売されている「六角脳枕」というものです。何だか変わった名前が付いていますが、まさしく六角形をした枕です。

普通の枕との大きな違いは、寝返りを打っても、睡眠に最適な寝姿勢を確保できるという点です。ほかにも、低反発素材であることと、冬でも冷たすぎないひんやり構造などが見受けられます。

そういったお話の詳しいことは公式通販サイトに書いてるため、ここでは割愛いたします。

そして、六角形である点を気になった方もいらっしゃると思いますが、どうやら、特に身体への効果は無いようです。ではなぜ六角形かというと、六角形は人間の細胞と同じ形であって、開発者が「人間にマッチした睡眠環境を!」という思いを込めたからだそうです。

少しお高いですが、なかなか魅力的な枕ですので、一度見てみてはいかがでしょうか^^

六角脳枕の公式通販サイトはこちら
六角脳枕

以上、今回は寝姿勢という視点からの睡眠の質向上についてお話しましたが、いかがでしたか?健康と美容のためにも、ぜひ寝姿勢を気にかけてみましょう。

まずは、枕や敷布団。これが快適な睡眠をもたらすための大きなベース。体に優しい寝姿勢でぐっすり眠り、快適なナイトタイムを送っていきましょう♪

また、他記事「睡眠不足は敏感肌の大敵!質良く眠るための6ヶ条」でも、睡眠の質をUPさせるための方法を書いております。今回の内容よりはもう少し幅広いし、対策としてはちょっと面倒かもしれませんが、ぜひとも参考になさってみてくださいね。

 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ