夏にふさわしいスキンケアとおすすめの基礎化粧品とは・・・?

夏は気温も上がり、湿度も上昇します。その関係で、空気が乾燥しにくくなり、春まで乾燥肌で悩んできた方にとっては、その面でちょっと安心かもしれません。敏感肌の方も、何となく気が緩み、冬ほどスキンケアを気にしなくなる方もいらっしゃるでしょう。

でも、夏には夏の悩みというのもありますよね。皮脂や汗のせいで肌がテカテカしたり、ニキビができたりします。紫外線だって強く、日焼けの不安も増大します。

だから夏には夏のスキンケアが必要で、特に敏感肌の方にとっては、なおのこと気を遣っていきたいところですね。

そこで今回は、夏にふさわしいスキンケアと、それに合わせたおすすめの化粧品をご紹介しようと思います。

とにかく肌を清潔にし、
  保水ケアを心がけることが一番 

夏は汗と皮脂で肌がベトベトになります。いくら乾燥肌の方でも汗をかきますし、メイクと汗が混ざり合うことで非常に汚い肌になってしまいます。なおかつ湿度も気温も高く、菌の繁殖率もUPします。

そういった状態を中途半端な状態にしておくと、肌に刺激になって、かゆみや肌荒れを生じたり、ニキビを誘発したりします。だから、肌を清潔に保っておくことが大切なのです。

洗顔・クレンジングが命!

敏感肌や乾燥肌の方だと、「洗顔は肌のバリアを壊すから控えたほうが良い」といったお話を聞いたことがあるかもしれません。たしかに、洗顔やクレンジングによって、肌の状態が悪くなってしまうことがあります。特に冬や春はそうですね。

しかし、不潔な状態になりやすい夏は、洗顔・クレンジングを、念入り・・・とまではいかなくても、割としっかりとやったほうが良いように私は思います。

夜にしかやらない方は、寝起きにもやったほうが良いでしょう。眠っている間に汗や皮脂が出ている可能性があるし、湿度が高くて肌環境が悪化していることがあるからです。むろん、あらかじめ部屋に湿気対策や冷房を施してあれば話は別です。

洗顔料は、冬も夏も関係なく、保湿成分の入った肌に優しいタイプを使うのが良いでしょう。安いものとかだと洗浄力が強すぎるものがありますが、夏にでさえ、そういったものは控えたほうが良いと思いますね。

保水も手を抜かずに!

夏は、あまり化粧水とか美容液とか、進んで塗りたい気持ちにならない方が多いと思います。

といっても、夏でも肌は潤いを求めています。湿度が高めで皮脂だって多く出てくるので、保湿できている気がします。が、保“水”(そもそも肌に水分が行き渡っているかどうか)という面では心配なわけです。

夏場は体から水分が抜けやすく、肌にも水分が足りなくなりがち。そんな状態で保“湿”をしても意味が無いので、その前に保“水”をしないといけません。肌に水分を与えましょう。

保水ケアで一番大事なのは、やはり水分補給です。体内からの保水ケアこそが重要で、その次に、化粧水による保水ケアですね。そして美容液やクリームなどの保“湿”ケアは、乾燥しやすいエアコン部屋などで必要となってきます。

夏場は乾燥しない・・・といっても、電車、バス、スーパー、オフィス等々ではエアコンがガンガンに稼働していて空気は乾燥しているので、ぜひとも気を付けたいところです。

それらがあってこその、日焼け対策や美白ケア

夏は日照時間が長くなる上、肌の露出度が高くなるので、日焼け対策や美白ケアに精を入れる人も増えます。ですが、先述のスキンケアをやってからでないと、根本的には意味がありません。

日焼け対策をバッチリやったって、肌が汚かったり水分が足りていないと、それまた肌は悪くなりやすく、紫外線の影響を受けやすくなるかもしれません。特に敏感肌の方には言えるでしょう。

また、美白ケア(シミ・ソバカスの原因となるメラニンを抑えるスキンケア)だって、肌の状態が整っていないことには、なかなか効率良くいきません・・・まあ、美白化粧品の場合は保水・保湿の役割も兼ねていることが多いですけどね♪

そしてもっと肝心なことといえば、紫外線の影響を受けにくくなるようにするには、とにかく肌を整えてあげることが先決。それには、先ほどから申し上げている、洗顔や保水・保湿を続けることです。

そうすることで、日焼け止めや美白ケアも必要最低限に抑えられる可能性があります。肌が健康である方の中には「美白ケアなんてしてないよ!でもご覧のとおり、私の肌キレイでしょ♪」という人もいるくらいです。

何事も基本が大切なので、そこはブラさずにいきましょう!日焼け対策や美白ケアはそれからでも遅くないのです。

⇒ 敏感肌の方のためのシミ対策についてはこちら

意外に単純!夏のスキンケア

以上をざっと見てみると、夏のスキンケアも意外に単純だと思いませんか?^^ 

まとめると、

★洗顔と、体の内側・外側の両方からの保水ケアが大切!そして保湿もネ。

ということになります。それができてこそ、日焼け対策や美白ケアも功を奏すので、ぜひとも基本中の基本を忘れずに、夏を謳歌されてみてくださいね。

なお、高湿度というのも肌に悪いので、梅雨みたいにあまりにジトジトした日は、エアコンや除湿器などを稼働させ、快適な湿度を保ちましょう。60~65%が肌に良いと言われていますよ♪

それに加えて、夏は体力の消耗も心配なので、しっかりと食事や睡眠を欠かさず、熱中症対策も忘れずに!

夏におすすめの基礎化粧品をご紹介!

では最後に、夏に使ってみたくなるおすすめの基礎化粧品をご紹介したいと思います。

ドクターリセラの「透輝の滴」といった美容液をご存知でしょうか?いまや、エステサロン等でも使われていおり、2014年のネオマーケティング調べによると、肌のハリ・弾力を求める女性が選ぶ美容液第1位を獲得しているようです。

涼しげな海のような青いデザインが印象的で、暑い夏のインテリア性にも優れているような気がするのは、私だけでしょうか?^^

上に“美容液”と書きましたが、透輝の滴は、セットで購入される方が多いようです。例えばスタートセットの場合は、洗顔料、クレンジング料に加え、化粧水、美容液(=透輝の滴)、そして日焼け止めのセットなっています。

つまり、夏向けの基本のスキンケア等を行なっていく上で、かなりドンピシャリなアイテムなのではないか?と思うのです。もちろん、敏感肌の方もOKです(低刺激処方です)。

ドクターリセラ「透輝の滴」公式通販サイトはこちら
透輝の滴(とうきのしずく)

・・・今回は、夏にふさわしいスキンケアとおすすめの基礎化粧品についてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

細かいことを言い出すとキリがないので、当記事ではざっと解説いたしました。もし「ここをもっと細かく知りたい!」ということがあれば、ぜひ当ブログの他記事を見て回ってみてください。もしかしたら、解決できる記事があるかもしれないので。

とにもかくにも、肌は清潔に、そして潤いを!・・・これは、夏にも冬にも、一年を通して言えること。ゴールは同じです。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ