日焼けして水ぶくれができたときの応急処置法

楽しく愉快な海水浴では、燦々と降り注ぐ暑い暑い日光の下で水を浴び、涼やかな気分に浸ることができますね。

でも、油断していると、知らず知らずのうちに紫外線の餌食に。気付いたら肌が真っ赤になって、水ぶくれがぷっくらこ。これではひとたまりもありませんね。早いうちに処置を施さないと大変なことになります。特に敏感肌の方はなおさら。

この記事では、海水浴やプールでの遊泳、その他様々な状況下で日焼けし、水ぶくれができてしまったときの応急処置法についてお伝えしたいと思います。

ただ、あくまでセルフケア的なお話をします。治療に関しては別のサイトをご参考いただくほか、早いところ病院にかかられることをおすすめします。

とにかく冷却で応急処置!

水ぶくれができようができるまいが、日焼けした後の応急処置というのはとにかく冷やすこと。これに尽きます。

患部は、火傷と同じく熱を持っています。刺激を加えてしまうとますます悪化してしまうので、冷やして冷やして、症状を緩和させましょう。水ぶくれは必ず潰さないように注意してくださいね。潰すと痕に残ったりしてしまいます。

では、どのように冷やしたらよいのか?という疑問が起こりますよね。一番手っ取り早いのは、冷たい流水にしばらくさらすことです。ただ、あまり水圧が強いと患部を刺激してしまうので、優しく流していきましょう。

なぜ流水か?というと、溜めた水では、患部を浸しているうちに水温が上がってきてしまうからです。それでは効率の良い冷却になりにくくなるので、流水をおすすめします。

また、氷を使った冷却も有効です。酷く焼けてしまった部分に氷を当てることで、痛みや炎症が緩和され、その後の治りも早くなると思います。ただし、氷を当て続けていると、場合によって凍傷を起こす可能性もあるので、タオルなどワンクッション挟むと良いと思います。

以上が応急処置として最初にやるべきことです。海水浴場などで処置を施す場合は、なかなか思うようにいかないかもしれませんが、なるべく患部を刺激しないように細心の注意を払い、清潔に扱ってみてくださいね。

日光を遮ろ!

患部には、それ以上日光を浴びせてはなりません。患部は外的な刺激にも負けやすくなっているので、日光に含まれる紫外線や赤外線が、ここぞとばかりに攻撃してきます。だから、日光を遮りましょう。

方法としては、日の注ぎにくい場所に避難したり、薄手の長袖を羽織ったりすると良いでしょう。やむを得ず外出せねばならないときも、なるべく日光を避けるようにしましょう。

日焼け止めやメイクはNG

日焼け止めやファンデーションは必要ありません・・・と言いますか、してはなりません。たとえオーガニックな成分を用いたアイテムであっても、酷く焼けた肌や水ぶくれには刺激になってしまうことがあります。

症状が良くなってきたら、様子を見ながら塗られると良いと思いますが、ここはお医者さんの指示に従うのが賢明かと思います。

洗うときは、石鹸等を使わずに素洗いで

水ぶくれができたところは、清潔に保たないとバイ菌が入ったりしてよろしくありません。必ず洗うことが必要です。が、石鹸等を使ってしまうと、それが患部に刺激を加えてしまいますので、石鹸等は使わないようにしましょう。

優しい水圧のぬるま湯でちょろちょろと洗い流すようにしましょう。強すぎたり熱すぎたりすると、それもまた刺激になってしまいます。水ぶくれが破れないように、そっと優しく洗ってあげてください。

患部が良くなってきたら、徐々に石鹸を使う感じで良いでしょう。はじめは、ぬるま湯に薄めたりして、それで優しく洗ってあげるような感じで。とにかく様子を見ながら慎重に、です。

これに関しても、できればお医者さんの指示のほうを優先する感じで行うようにされるのが賢明です。

入浴は避けよう

体を綺麗な状態に保つことは大切なことですが、患部が癒えてくるまでは、入浴は極力避けたほうが良いのではないかと思います。湯が清潔であるという保証があれば良いですが、そうでないと、患部からバイ菌が入ってしまう可能性があるからです。

髪の毛を洗う際も、極力シャンプー等が患部に付かないようにすると良いですね。もし額(ひたい)や頭皮が日焼けしてしまっていれば、ぬるま湯などで素洗いするか、シャンプーを薄めて洗われるのをおすすめします。

水ぶくれが潰れちゃった!!・・・という場合

いくら気を付けていても、人間は過ちを犯すものです。

もし水ぶくれを潰してしまったり潰れてしまった場合は、それはもう仕方がないので、そこを守ってあげることを優先的に考えましょう。何かアイテムを使ってバリアを作ってあげるのです。

そのアイテムとは、防水フィルムなどのこと。水ぶくれ跡が外的な刺激を受けないようにラッピングしてみてください。もし皮膚科等でワセリンなどの保護剤を受け取っていれば、それを塗るのも手かもしれませんね。 

そして、ラッピングのフィルムは、定期的に交換するようにしましょう。一日に2,3回といったところでしょうか。そのほうが清潔さを保てますね。

また、水ぶくれ跡は、運良く元通りになることもあれば、運悪く痕が残り続けてしまうこともあります。でも、潰れた後、なるべく触らないように守って清潔さを保てば、治りも良くなるのではないかと思います。まだ熱を持っているというなら、冷やしてあげることも大切ですね。

100%正解の応急処置法は無い

以上、応急処置法などについてざっとお伝えしましたが、水ぶくれと言ったって人それぞれで症状の重さや状態は違うはずです。だから、応急処置法には100%正解は無いかもしれません。

そうだからこそ、早いうちに医師に診てもらって、あなた様にピッタリの治療を受けたりアドバイスをもらったりするのが一番です。今回の内容は、あくまでセルフケア。なかなか病院に行けない方のための一方法や気休めでもあります。

あと、肌というのは体の中からのケアが意外に大切です。栄養や水分をしっかりと補給し、睡眠も十分にとって、体内から患部をケアしていくことも忘れないようにしてくださいね。

そして最後に。これからは酷く日焼けをしないよう、気を付けてみてください。次にご紹介する記事には、海水浴での肌荒れの原因や対策が書いてありますので、興味がございましたら是非ご覧になってみてくださいね。

⇒ 海水浴で肌荒れを起こす原因とは一体・・・?


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ