マスクをして寝るのは美容に効果的? 〇 か × か   

空気乾燥の激しい冬や、夏場のエアコンの効いた空間では、「積極的にマスクをすると良い」との掛け声が至る所で聞かれます。

そりゃそうです。ノドの乾燥を防ぎ、カサカサ感やイガイガ感を感じずに済むし、風邪菌からノドを守れますからね。もし風邪を引いてしまっても、マスクをして寝ることで、回復の度合いも変わってくるようです。

マスクといえばそういった健康効果が代表的ですが、実は、美容の面でも「マスクをして寝ると肌に良いよ」と言われていたりします。では、なぜ肌に良いのでしょうか?

この記事では、マスクをして寝ることと美容の関係について見ていくことにしましょう。

マスクをして寝ることでもたらされる美容効果

肌に関して言えば、つまりノドと同じような原理です。空気乾燥から肌を守り、乾燥肌を招かないようにすることができます。それを知ってか知らずか、マスクをして寝る女性はけっこういらっしゃるでしょう。

もうひとつ、マスクの良いところがあります。睡眠中は布団に入っている人が圧倒的多数だと思いますが、その布団が肌を擦ったりします。乾燥した肌に摩擦が加わると、肌はきしんでしまいます。

でも、マスクは、そういった摩擦から守ってくれます

さらに、マスクには冷えから守る力もあります。寝室の空気が冷えていると肌も冷えて、血行が悪くなったりしてしまいますよね。

でも、マスクをしていれば自分の呼吸の熱によって肌が温まります

ざっと以上のような理由から、寝るときにマスクをすることが肌美容に効果的だと言われている所以かと思います。こう見てみると、マスクって馬鹿にできないですよね♪

ほかにも、「マスクをすると(心理的に)落ち着いて寝られる」という人もいます。落ち着いて寝られるということは、睡眠の質が高くなっているということですから、肌機能を含めた体の各機能を整えるためにも、とても良いことだと思います。

マスク睡眠のデメリットもあります

案外放置されてしまっているのが、マスクをして寝ることによるデメリットです。

「え?たかがマスクでしょう?そんな馬鹿なことあるか」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あるんですね実は・・・。

いきなりですが、マスクをして寝て、翌朝マスクが布団のどこかに迷い込んでいたといった経験はないでしょうか?そして気付いたら、なぜか足元まで移動していた・・・。

がっちりホールドしてくれるマスクならいざ知らず、まあたいていの人は経験がおありだと思います。そう、睡眠中の寝返りなどによって、マスクって移動するんですよね。布団に引っかかったりこすれたりして・・・。

つまり、それは肌にもこすれてしまっている可能性があるよーということです。安物のマスクだと素材が粗かったりすることがありますが、そういうものが肌にこすられると、肌に細か~い傷が付いたりします。

まあ、そこまで大袈裟なことではないかもしれませんが、特に敏感肌の方の場合は、そういう些細な現象でも、肌がなんだかかゆくなったり荒れたりする場合があるかもしれません。

また、運良くマスクを付けながら朝を迎えることができたとしても、眠っている最中にヨダレとかがマスク内に垂れることがあります。ヨダレ自体はそこまで汚いものではないですが、マスク内にこぼれるとなかなか蒸発せず、不衛生になります。そしてそれが肌に負担となることもあるでしょう。

赤ちゃんがヨダレによって口周りが赤くなることがありますが、要はそんな感じですね。これも特に敏感肌の方にとっては、ぜひとも気を付けておきたい部分です。

まだあるデメリット!それは睡眠阻害

マスクをして寝ることでリラックスできる人もいる一方で、呼吸が苦しくなってうまく寝付けなくなってしまう人もいます。つまり、睡眠の質が低下してしまうということですね。

そうなると、体は疲労をうまく処理できず、ストレスが溜まりやすくなったりします。自律神経の調整もうまくできず、代謝機能までもが良好とは言えない状態になることがあります。

それが、日々の疲れやダルさを招いたり、便秘や頭痛を引き起こしたりします。当然、代謝が悪くなれば肌のターンオーバー機能だって狂ってきますね。

まあ、たかがマスクごときで神経質になることはないでしょうが、そういう可能性もありますということでおさえておいていただけたらと思います。

そういえば、睡眠中にマスクが吹っ飛んでしまうのは、もしかしたら睡眠の阻害を防ぐためなのかもしれませんね。

どういうことかというと、あなた様が本能的に「マスクなんて要らない」と感じ、マスクが外れかけても直さないということです(科学的根拠はありません。私見です)。

人間ってうまくできているのだろうな♪

結局、マスクは美容に 良い?良くない?

以上のお話からすると、マスクが美容に良いか良くないかは、ハッキリ言って「よく分からない」ということになります。良いと言えば良いし、良くないと言えば良くないってことですね。

実際に一度マスクをして寝てみて、結果的に良ければ良い、良くなければ良くないということにすれば良いと思います。つまりは結果論であるということです。

ただ、美容効果を期待するなら、先だって質の良いマスクを手に入れておくというのが良いかもしれません。

質の良いマスクとは何ぞ?

質の良いマスクとは、素材が肌に優しいもののことです。そのほうが、肌にこすれても、幾分安心ですよね。

外れにくくピッタリフィット!という点も考慮に含めるのも良いですが、あまりしっかりしたものだと逆に息苦しくなったりすることもありますし、ヒモが耳に食い込んで痛くなることもあります。

そのため、「材質」自体が良い という点を重視したほうが良いかもしれません。その上、程良く隙間があって、できれば睡眠中に勝手に外れてくれたほうが、あなた様もリラックスできそうな気がしませんか?^^

では、そんな質の良いマスクってどこに売ってるのか?

というと、まあ普通に売ってます、薬局とかに。具体的にどんなやつ?と言われても困ってしまいますが、選ぶ際のポイントは、あまり安物を選ばないことのように思います。

安いマスクは枚数も多かったりしてお得な感じがしますが、素材が粗いものが多いです。枚数が少なくてちょっと高いマスクは、私の経験上良質なものが多い気がします。

例えばですが、楽天などでも「おやすみマスク」と打って検索をかけると、睡眠向けのマスクがいくつか出てきます。可愛らしいのもありますよ。

保湿・保護も重要!寝る前に忘れずに

今回はマスクと肌美容のお話が中心となりましたが、日頃のスキンケアをはじめ、生活習慣を整えたりすることも大切なことです。

マスクばかりに固執することなく、色々な方面から対策を練っていくと良いですね♪

例えば肌の保湿。

睡眠中の肌の乾燥が気になるのであれば、マスクの装着の有無よりも、保湿化粧品でしっかりとバリアを張ることも重要です。化粧水だけでなく、油分が多めのクリームまで塗って、肌を着実に保護したいものですね。

バリアをしっかり張っておくことで、マスクに頼り切らなくて済みますし、万一マスクが睡眠中に外れても、摩擦刺激を軽減することができます。クリームは持続性も長いので、特に乾燥する季節には是非塗っておかれることをおすすめしたいと思います。

 肌の保護に良い基礎化粧品例はこちらです。
【まずはお試し下さい訴求】アヤナストライアルセット

 

※ ※ ※ ※ ※ ※

 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ