肌を白くする方法は無いが、くすみ・美白ケアは有効!

肌を白くする方法について述べられているサイトは多いのですが、実を言うと、基本的に肌を白くしていく方法というものはありません。もちろん、汚れやくすみの対策を講じて明るく見せることは可能ですが、地黒の人の肌が色白になることは、まずスキンケアでは不可能です。

「では、美白ケアって何のためにあるの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、美白ケアとは、メラニン生成を抑えるべくシミ・そばかすにアプローチして、肌を明るく見せるスキンケアのことを言うのですね。

今回は、そんな美白のスキンケアについてのお話です。特に敏感肌の方にとっては、なかなか美白ケアには踏み込めないかと思いますが、ここでは、敏感肌の方でもOKな美白ケアについてお話ししてまいります。

とりあえずは洗顔こそが大切

肌本来の健康的な明るさを取り戻すには、何よりもまず洗顔を行うことこそが大切です。洗顔とは、肌に付着した汚れ、余計な皮脂、剥がれた角質(アカ)を取り除くためのスキンケアです。

そういった異物や老廃物が肌に残っていると、それだけでも肌の明るさが減退し、顔が暗く見えてしまうことがあります。また、洗顔後の化粧水等の浸透率も落ちてしまい、効率の良い保水・保湿ケアができなくなってしまいます。

だからこそ、洗顔はきちんと行なったほうが良いのです。
とは言っても、乾燥肌、そして敏感肌の方にとっては、洗顔ってけっこう怖いもの。なぜなら、必要な皮脂まで洗い落としてしまって、余計に乾燥するかもしれないからです。

もしそういった点が不安であれば、例えば朝はやめて夜だけにしたり、保湿成分の入っていて余計な添加剤も少ないような、肌に優しい洗顔料を用いることをおすすめします。湯もぬるめにしたり、W洗顔を避けたりするのも効果的です。

乾燥肌ではくすみも倍増!?

顔が暗い感じで嫌だな~と思ったら、乾燥肌でないか疑ってみることも重要です。

乾燥肌だと、角質層に潤いが足りていない関係で、肌のツヤが無くなってハリも減ってしまいます。すると、細かい筋が肌には生じますね。よって、光の反射が十分でなくなってしまい、その分暗く見えてしまうということです。

だから、乾燥肌であれば、洗顔後に保水・保湿のスキンケアをしっかりとやって、潤いに満ちたハリのある肌に仕立てていくことが大切です。特に冬・春や、夏場のエアコン下では肌が乾燥しやすいので、潤いケアはかなりのウェイトを占めますね。

敏感肌ではなおさら

厄介なのは敏感肌です。敏感肌では、肌機能の低下によって、乾燥肌や肌荒れというものが深刻なまでに進行している状態です。だから、シワはできやすくキメも粗くなりがち。肌の明るさ、かなり損をしています。

敏感肌の方も、肌に潤いを与えてあげることは非常に大切なことですが、並行して敏感肌のケア(肌機能を整えてあげるケアやエイジングケア等)をやらないと、なかなか思うとおりに事が進まなくなります。

「肌がよく乾燥するなあ」「すぐに肌がかゆくなったり赤くなったりする」という自覚がおありの方は、ぜひ敏感肌向けのスキンケアを行なってみてください。

美白ケアは、その上で有効なのです

くすみの原因は、汚れや乾燥肌のほか、シミやソバカスというものも挙げられます。これらは、美白ケア(※)を行うことで、肌の悩みの払拭に繋がっていきます。

 ※ ここでいう美白ケアとは、メラニン生成の抑制と、シミ等にアプローチして肌の明るく見せるスキンケアのこと。以下の「美白ケア」もこの意味を表します

その美白ケアというのは、以上の洗顔や保湿等のスキンケアがあってこそ功を奏します。肌が汚れていたり、十分な潤いが無い状態では、せっかくの美白ケアも台無しになってしまいます。敏感肌の方ならなおさらですね。

今回は、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使うことのできる美白ケアアイテムをご紹介したいと思います。あくまで私がおすすめしている例ではありますが、是非参考になさってみてくださいね。

decencia(ディセンシア)のsaeru(サエル)

乾燥肌や敏感肌の人たちを主なターゲットとしているブランドにdecencia(ディセンシア)というものがあります。このブランドから出ている、ポーラ研究所開発のsaeru(サエル)という薬用化粧品がおすすめです。

青を基調とした清潔感のあるデザインが印象的で、トライアルセットもあって便利です。

サエルでは、保水・保湿と美白ケアを両立しているのはもちろんのこと、アルコールも香料も紫外線吸収剤も使っていないので、敏感肌の方でも安心して使うことができるのではと思います。

ただの乾燥肌の方ならまだしも、敏感肌だと、シミに働きかける肌の自浄作用も期待できません。先ほど述べたように、肌の機能が低下しているからです。サエルでは、そんな肌を整えることができ、メラニンの生成を抑えて、日焼けなどによるシミやソバカスを防ぐことが可能です。

ここで詳しく説明するよりは、公式通販サイトのほうが色々と詳しく書いてありますので、サエルの細かな特徴や独自技術についてはそちらをご覧いただければと思います。

サエルの公式通販サイトはこちら
安全美白固定

敏感肌の方に向けて、シミができてしまう原因とシミを防ぐための日頃の対策について、別記事に詳しく書いてあります。今回の記事との共通点も多いですが、もし興味がございましたら一度目を通されてみてください。

⇒ 敏感肌のためのシミ対策について

どうしても肌を白くしたいとお考えの方へ

ここから、「どうしても肌を白くしたい」「地黒だけど白い肌に憧れている」という方に、少しだけお知らせをしたいと思います。

スキンケアでは肌を白くすることは不可能である、というのは冒頭で述べたとおりです。では美容外科等を利用するのはどうか?という考えが私には思い付きました。そこで、少しだけ調べてみました。

その結果、かの有名な美容外科「高須クリニック」の高須幹弥氏は、地黒の人を色白にすることは治療でも不可能であることを述べられていました(参考サイトはこちら。だから、地黒の人は諦めなければなりません。

・・・正直そんなの泣けてきますよね。地黒で生まれてしまったことを後悔してしまうかもしれません。

でも、肌が黒いなら黒いなりにメリットもあるのです。それは、高須先生も述べられているので、是非ご紹介した参考サイトをご覧になってみてください。きっと勇気をもらえるかと思います!

あと、「私は地黒だ」と思っていても、案外思い込みのまま過ぎてきてしまっている場合もあるかもしれません。実は、生活習慣やスキンケアの誤りなどによって色黒になってしまっているだけかもしれません。

つまり、保湿ケアや美白ケアを正しく執り行っていくことによって、もしかしたら理想の肌へと変わっていくかもしれません。断言はできませんが、もしまだきちんとスキンケアをしていないのなら、ぜひやってみると良いでしょう。

あと、健全な食生活も大切なポイントです。栄養バランスの良い食事をしましょう。睡眠も、肌の代謝を正常に行っていくための重要な任務ですし、ストレスも肌に悪いです。「私は地黒だ」と悩むほど、肌にもストレスがかかります。

幾分開き直ることも必要かもしれませんが、「色白になりたい!」という希望を持ってスキンケアに励まれてみてくださいね♪世の中には実際に色黒から色白に変わっていった人もいるようなので、幸運に身をまかせるのも忘れてはなりません。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ