肌を黒くする方法ってあるの?私からのアドバイスや注意点

「肌を白くしたい!」と強く希望している人もいれば、「肌を黒くするにはどうしたら良いのか?」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

黒いボディだと引き締まって見えてセクシーな感じになりますし、夏場の水着がとても良く似合います。特に男性には黒い肌を手に入れたい方が多いのではないでしょうか。

元々色白である方だと、もしかすると深刻な悩みなのかもしれません。でも、色白であろうが敏感肌であろうが、肌を黒く(正確には小麦色)する方法があります。もちろん、なるべく肌に負担をかけない方法です。是非ご参考くださいね。

肌を黒くしたいとき、焼く必要はない

まず、肌を黒くしようとすると、きっと多くの方が日焼けサロンに通ったり自ら太陽光を浴びることを考えるかもしれません。しかし、日焼けというのには、以下のようなリスクやデメリットが伴います。

  • 肌が黒くならず、赤く炎症を起こしてしまう
  • メラニン色素が沈着してシミになってしまう
  • 一度や焼けるとなかなか元に戻らない
  • 皮膚癌や乾燥肌、肌老化の原因となる

もちろん、正しい方法できちんとやっていけば、少ない害におさえることができます。優秀な日焼けサロンだと安心かもしれません。ただ、それでも焼いた体はなかなか元に戻らないのです。

「長らく黒いままで良い!」という方は日焼けサロンで焼くのも良いと思いますが、「夏場だけ」とか「水着シーズンだけ」とか、その他諸々の理由で一時的に黒くしたいだけなら、焼くのはやめたほうが無難です。

特に敏感肌の人だと、日焼けというのはとても危険。敏感肌の人には色白の人が多く黒い肌に憧れている方も多いと思いますが、焼くという行為は選択肢にないものだと思っておくほうが良いでしょう。

また後ほどご説明しますが、「ブロンズターナー」などのアイテムを使うことで、肌を黒く見せることが可能です。日光は必要ないため、あらゆる方法の中でも安全な部類に入るため、おすすめではありますね。

⇒ ブロンズターナーの公式通販サイトはこちら

手術はどう?肌が黒くなる食事?それとも諦め?

日焼けがダメなら、手術して黒くするという方法が脳裏に浮かんだりするかもしれません。が、手術というのもリスキーですよね。100%成功したとしても、もう元には戻らないと思うと怖いものがあります(そもそも、色白から色黒にする技術があるのか定かではないですが)

今現在は「一生黒くて良い!」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、いざ黒くなってみると、しばらくして「元の肌に戻りたい」と思う日がやってくるかもしれません

じゃあ、肌が黒くなる食事はどうでしょう?・・・これが確かに自然な感じがしますが、一度黒くなったらなかなか元に戻らないし、第一、肌が黒くなる食事ってどんな食事なのか?というところが大きな課題ですね。

よって、諦めたほうが良さそうな気がしま・・・・いや、まだ方法はありますね。化粧品を使って黒く演出するという方法です。

化粧品を使って黒く演出するのはどうか?

残されたのは、もうこれしかないように思います。でも、色の濃いファンデーションなどを使っても、一日ももたないですよね。プールや海に入る場合は、水に溶けたり流れていってしまってよろしくないです。

ここで「なんだ、結局諦めなければならないのか・・・」「運に任せて日焼けしてみようかな」と思った方!いえ、話のコアはここからです。

たしかに、化粧品の多くは水に弱かったり、夜の入浴で一旦キレイサッパリ消えてしまいます。

ところが、短期間だけしっかりと黒い状態を作り出すことのできるアイテムがあるのです。黒い状態といっても正確には小麦色なので、元々色黒の方にはあまり効果は感じられないかもしれませんが、色白の方には大変助けになると思います。

塗った日の夜に体(肌)を洗っても黒さが続き、一週間ほどで元の色に戻るという大変画期的なアイテムがあるのです。それが、先ほどチラッとご紹介した「ブロンズターナー」なのです。

クオリス「ブロンズターナー」がおすすめです 

太陽もサロンも必要なく、医者や食べ物にもファンデーションやメイクにも頼らなくて良いアイテムが、株式会社IDEAから出ているQUALIS(クオリス)「ブロンズターナー」というセルフタンニングローションです。

肌を黒く見せるための成分が肌にガッチリ付着し、それによって色黒(小麦肌)を演出することができます。

これを使うことによるメリットは以下の通りです。

  • 自宅で気軽に小麦色にできる
  • サロン等のように暑くない
  • 肌に優しいから安心・安全
  • 短期間だけ色黒を楽しめる
  • 翌日までに間に合う

塗って12~24時間で色が黒くなる(=小麦色になる)といったのが、このアイテムの標準的なところです。翌日急に海に行くことになっても、これでボディが引き締まったように見せかけることができる可能性があります。

逆にデメリットは以下のとおりです。

  • 元々色黒の人はあまり変化を感じられない
  • 間違えて塗っても速攻で落とせないことも
  • 長期間は無理(ただ、続けて使用したら可能)
  • 肌の乾燥を招いたり何らかの異常を来すことも無きにしも非ず

繰り返しになりますが、一週間ほどの短期間だけ肌を黒くしたい方におすすめです(塗った日の3日後くらいから薄くなりはじめます)。万一間違えて意図しないところに塗ってしまったら、期待を込めてすぐに洗い流しましょう

また、これはどんなアイテムにも共通して言えることですが、肌に何らかの異常が発生することがあります。特に敏感肌の方の場合は、そこが一番心配かもしれません。

そのため、本格的に塗る前に、パッチテストみたいなことをしてみましょう。それで何も異常が出なければOKで、万一異常が出たら使わないようにしましょう。

それでも、日焼けなどよりは断然安心できる方法なのではないか?と私は思います。

ブロンズターナーの公式通販サイトはこちら


さて、今回は肌を黒く見せるための方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

肌を末永く黒くするなら日焼けサロンに通い続けたり、外科的手術によって黒くする方法もあるかもしれません。ただ、それには大きな覚悟や費用・時間、リスクが伴うことを承知の上で行う必要があります。だから私は、最も安全なセルフタンニングをおすすめしました。

もちろん答えはありません。が、今のその「肌を黒くしたい」という気持ちが、一時的なものなのか一生ものの思いなのか、もう一度よく考えた上で行動に出られるのが良いと思います。元の肌色に戻ってほしくても戻らなくなっては、泣いても泣き切れませんから・・・。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ