恋をすると肌が綺麗になるのは本当なのだ!キーはホルモン

女性は、恋をすると綺麗になると言われています。ダイエットがうまくいったり、髪がサラサラになったり、なんだか色気が増したり、美肌になったり・・・。

もし肌トラブルでお悩みであるなら、スキンケアとか普段の生活の怠惰だけが原因ではなくて、長らく恋をしていないこともひとつ原因にあるかもしれませんね。

では、なぜ女性は恋をすると肌が綺麗になるのでしょうか?とても不思議ですよね。黙って好きな男性を思うだけで肌が綺麗になるなら、ぜひとも恋をせずにはいられないでしょう!

実は、そのからくりはホルモンにあるのです。この記事で、順を追って説明してまいりましょう。ぜひ参考になさってみてくださいね。

恋すれば、ホルモンパワーでスキンケア

普段から色々なホルモンが分泌されているわけですが、恋をすることによって、以下のホルモンが多く分泌されるようになります。もちろん、種類は様々です。

PEA:高揚感と食事制限のホルモン !

恋愛初期には、PEA(フェニルエチルアミン)というホルモンが多く分泌されます。

恋愛初期といえば、どんな感情でしょう?きっと多くの方が、ドキドキワクワクハラハラウキウキ♪そんな感じだと思います。胸が高鳴る、あの何とも言えない高揚感。

実はそれ、PEAが原因なんですね。理性よりも感情が先走り、食事もままならないことも出てきます。だから、自然と痩せていくことがあるのです。

普段暴飲暴食をしている人だと、脂質や糖分を抑えられるので、その結果胃腸への負担が軽くなって代謝が良くなり、肌が綺麗になることがあるかもしれません。

でも逆に、全く食事をしなくなってしまって、ある日バタンキューということもありえます。まあ、恋に燃えているうちは大丈夫かと思いますが(^^;)

ドーパミン:恋の病を誘発するヤル気ホルモン!

恋をすると、妙に前向きな気持ちになることが多いと思います。普段は出不精でも、好きな人がいそうなところに積極的に行ってみたり、好きな人のために頑張ろうと思えたり。

そういったヤル気を引き出しているのが、ドーパミンというホルモンです。恋をすることでたくさん分泌されます。恋に没頭してしまうのも性欲が高まるのも、このドーパミン多分泌の影響です。

「きれいになろう!」と奮起し、スキンケアにだって積極的になれるかもしれませんね。スキンケアもやっぱり前向きな気持ちが大切ですから、さすが恋!といったところです。

セロトニン:幸せを与えてくれるホルモン!

愛し合うことでたくさん分泌されるホルモンです。逆に、恋愛初期や、「本当に私のこと好きなのかな」と感じているときは、このセロトニンの分泌は減っていると言えます。

恋とは別件になりますが、セロトニンの分泌が普段から少ない人は、人生で幸せを感じにくいそうです。それでもってドーパミンがたくさん分泌されていると、欲求不満を満たすべくあらゆる行動に突っ走ったりします。これが恋だと、無意識の内に男を束縛して満足するに至るのです。

愛撫されてセロトニンがバンバン出ているときは、きっとリラックスでき、ストレスもポワ~ンと和らぎます。肌が特別キレイになるということはありませんが、豊かな表情に見えるようにはなるかもしれませんね。

なお、ドーパミンとセロトニンのバランスが崩壊することで、女性の精神状態は上下しがち。男性は、心が弱りやすい彼女をしっかりとサポートできるよう、女性についてのお勉強も大切ですよ♪

エストロゲン:女性を女たらしめるホルモン!

女性ホルモンといえばエストロゲン。「恋をすると綺麗になる!」と言われる一番の原因こそ、このエストロゲンなのです。

胸がちょっと大きくなったり、くびれがちょっと良くなったり、肌や髪が綺麗になったり、声がかわいらしくなったり・・・。エストロゲンは、そういう女性らしさを司っているホルモンなんです。行為のときも、このエストロゲンがバンバンと放出されます。

元々日常においてもエストロゲンは出ています(特に排卵期は多い)が、恋愛をすることで活性化させることができるので、もし「最近恋をしていないなあ」というときは、積極的に異性との出会いの場を広げてみましょう!

気分が乗らないと、肌も体も綺麗にはならない

恋をすることで綺麗になることは分りました。それは、あらゆるホルモンの分泌によるものだということも分かりました。

では逆に考えてみましょう。ホルモンたちの分泌をとめる何かがあったら、きっと肌も体も綺麗にはならないはずです。その何かとは、ずばりストレス。

例えば、ストレスが溜まって自律神経が失調し、ドーパミンの分泌がとまればヤル気が無くなります。また、ヤル気がなければ、ドーパミンの分泌を好循環に持っていくことはできませんよね。

私は医学的なことは専門外なので、詳しいことは分かりませんが、いずれにしても、気分がすこぶる良くないときって、肌も体も綺麗になってくれないような気がします。

もっと素朴に考えると、ストレスこそ体に毒!というわけです。ストレスと肌に関する記事は、当ブログ内でもほかにありますので、ここにご紹介しておこうと思います。

やはりストレスは良くないです。でも、恋愛って不思議で、いくらストレスを抱えやすい人でも、相性の合う男性と一緒になることができたら、ストレスもグッと減るでしょう。それは、彼氏(夫)が愛してくれて、あなた様のホルモンが活性化するからです。

ストレスの大きさを超える愛があれば、それに見合っただけの抗ストレスパワーを生み出すことができるのです。だから、恋することって、美容のためには欠かせません。

無理をしてでも恋をしろ!というのは間違っていますが、機会を増やせるように努力することは、未婚者であれ既婚者であれ、大事なことです。別に恋愛対象は人間でなくても良いでしょう。趣味、ペット、物などを愛したって、それも立派な恋の一種だと思います。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ