肌のキメがない!?それはビニール肌!とってもデリケート

キメがなくツヤツヤしている肌は、一見美しい肌に見えます。手入れを一生懸命にやっている人や美容マニアに多いイメージです。おそらく、肌のことを詳しく知らない人からしたら「とてもきれいな肌ですね。どうやって手入れされているんですか?」という感じでしょうか。

しかし、キメがないその肌は「ビニール肌」です。ビニールのようにツルツルテカテカしている状態なのでそう呼びます。見た目はキレイでも、実はとてもデリケートで、色々な弊害が生まれかねません。

ビニール肌チェック

「自分は本当にビニール肌なのかな?」と思っている方は、一度チェックしてみましょう。以下のうちで、当てはまるものが多ければ多いほどビニール肌の可能性が高いと言えます。

  • テカテカと光を反射しやすい
  • 触るとスベスベしている気がする
  • 洗顔後につっぱる感じや痛みを感じる
  • 化粧水がなかなか浸透せず乾燥が気になる
  • 化粧水さえもヒリヒリとすることがある
  • メイクがなかなかうまく乗らない
  • 皮脂が多く出てくることがある

ひとつだけしか当てはまらなくても、一応ビニール肌を疑ってみましょう。

こんなことが起きる!?

ビニール肌なのに対策を施さないと、次のようなことが起きる可能性が高くなります。

  • ニキビができやすくなる
  • シワやたるみが目立つようになる
  • 微炎症が続いて赤ら顔になる

一個一個説明してみましょう。

ニキビができやすくなる

通常、肌というのは28日周期でターンオーバーが行われていますが、何らかの原因(後述します)でその周期が乱れると、うまくキメが整わず、キメがなくなってしまうこともあります。

早いターンオーバーだと古い角質が早く剥がれていき、その分毛穴が詰まりやすくなります。皮脂や汚れと混じり角栓がよくできるようになったりする上、アクネ菌が皮脂を食いに来ると赤い炎症ニキビが生じるようになります。

しわやたるみが目立つようになる

ターンオーバーが乱れば肌の老化も早まってしまいます。きれいに細胞が再生されないわけなので、コラーゲンの繊維の結束力が弱まったりしてしわやたるみが生じます。うるおい機能も低下し、乾燥小じわの原因にも。とても恐ろしいですね。

微炎症が続いて赤ら顔になる

ビニール肌というのは敏感肌の一種ですので、肌の機能が不安定になって外的な刺激にも負けやすくなります。乾燥をはじめ、微細な塵やほこり、花粉や黄砂などの刺激も受けやすくなり、微炎症が生じることがあります。

顔の赤みの原因って何?もしかしてそれ、赤信号!?」の記事にも書いたように、皮膚が薄い人も赤ら顔になりやすい傾向にあります。が、ビニール肌にだってなりやすい確率が高いのも事実なので、「あ、私薄いかな」という方はお気を付けを!

キメがなくなる原因と対策

上のほうでは、ターンオーバーが乱れることでキメがなくなると書きましたね。つまり、ターンオーバーを乱すようなことをしたからキメがなくなってしまったと言えます。それだけではないです。強い摩擦で、やすりのように肌をこすったりしても、キメはなくなっていきます。

以下の中で、心当たりはないですか?

  • ピーリングをやりすぎていた
  • クレンジングや洗顔を頻繁にやっていた
  • 強くゴシゴシと洗っていた
  • 同じく、タオルで強くふいていた
  • スキンケアをやりすぎていた
  • 濃いメイクを日常的に続けていた

当てはまるからといって必ずしもビニール肌になるとは限りませんが、当てはまるものが多いほど可能性としては上がってしまうのではないかと思います。

上記のものは、どれも肌にかなり負担になります。もちろんスキンケアは大切なことですが、やりすぎていたり間違っていたりしていないか、今一度振り返ってみると良いでしょう。

では、一個一個、対策を見ていきましょう。

ピーリングをやりすぎていた

ピーリングのやりすぎは肌を傷める大きな原因になります。ピーリングは、肌の古い角質を除去してターンオーバーを促進させてやるにはとても良い方法ですが、週に1,2回に留めておかないと、削りすぎてしまいます。

でもビニール肌であるうちは、ピーリングは控えるようにしておくのが得策でしょう。やりたくなっても我慢です!

クレンジングや洗顔を頻繁にやっていた

顔を洗う回数が多いほど、それだけ必要な皮脂分を落としてしまい肌は乾燥します。また傷をつける原因にも。低品質な洗顔アイテムを使っていることでも、肌への負担は計り知れないものがあるでしょう。

クレンジングや洗顔は、極力少ない回数にとどめ、質の高いアイテムを使うことがおすすめです。できれば、クレンジングと洗顔を同時にやってしまうことができるアイテムがあれば、なおのこと良し!ですね。

また、メイクも、あまり厚く濃く仕上げずナチュラルな感じにしておくと、夜のクレンジングで落としやすくなるでしょう。

強くゴシゴシと洗っていた

お伝えしたいことは、すぐ上の項とだいたい同じです。強い摩擦は肌に悪いですね。優しく丁寧に、深呼吸しながら慌てずゆっくり洗うように心がけましょう!

同じく、タオルで強くふいていた

タオルで顔などふくときも、思わずゴシゴシとやってしまうことがあると思います。急いでいるときは特に力が入ってしまっていますね。タオルは、顔に軽く当てるようにして使うようにしましょう。

スキンケアをやりすぎていた

美容マニアのような人が気を付けておきたいのがコレ!化粧水は一日に数回使うのがちょうど良いのですが、何回も何回も塗ったり、肌の調子が気になるたびにベタベタ塗っていると、これまた肌には負担です。

最高の理想は「NO!ローション」です。まあ、人間は誰でも老化したり不調になったりするのでそうはいきませんが、化粧水に頼りすぎてしまうのも、肌の機能を鈍らせてしまう原因になります。それに何度も肌を触ることにもなって、刺激が加わります。

スキンケアは必要最低限に。そして、質の良いアイテムを使って、無駄を省きましょう!

濃いメイクを日常的に続けていた

濃いメイク自体が肌に負担になってしまう上、クレンジングをするときにも入念にやらないとしっかりと落ちてくれず、必然的に洗いすぎてしまう羽目になります。

濃いメイクをしなければならない状況でないのなら、なるべく薄いナチュラルなメイクにすることをおすすめします。もし濃いメイクがしたい場合は、落としやすい質の高い化粧品を使われると良いでしょう。

とにかく刺激を与えず、気長に整えていこう

ビニール肌は、本物のビニールのようにもろいです。とにかく刺激を与えないこと、負担をかけないこと、いたわり尽くすことが肝心。まあ、これはビニール肌に限らず、あらゆるスキンケアでも言えることですね。

ただ、とりわけビニール肌のような敏感肌だと、人一倍の「注意」が必要です。以上にお伝えした対策を、やれるところからでOKなので徹底していきましょう。

使うべきアイテムも、是非質の高いものに変えてみましょう。「質が高い=高額」といったイメージがあるかもしれませんが、高額だからといって良いとも限りません。ただ、安物にはハズレが多いかもしれないので、ある程度価値のあるものを使っていくのがポイントです。

私が「これいいよ!」と勝手に思っているのは、ディセンシアの「アヤナス」です。まさしく低刺激の敏感肌向け基礎化粧品で、肌荒れを防いだりエイジングケアをする上でも役に立つことでしょう。

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【老化の早い敏感肌訴求】アヤナストライアルセット

やるべきことはほかにもあります。それは、「ストレスを解消すること」「質の高い睡眠をとること」「食生活を改善すること」など。これらも肌の調子を整えていくには大切なことです。是非気長に続けていきましょう!

なお、もしビニール肌が「なかなか良くならない」「一刻も早く治したい」という場合は、皮膚科で治療を受けることもできるかもしれません。多少お金はかかるかもしれませんが、おそらく保険適用内でできると思います。気になるなら診てもらうのが一番かもしれませんね。

 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ