毛穴が開く(目立つ)その原因は、もしかしてコレ!?

毛穴が常に開くような状態が続いて目立ってしまうとき、気になって気になって仕方がないと思います。化粧の乗りも悪くなり、ファンデーションなどもムラが出ます。角栓や黒ずみも溜まりやすく、負の連鎖が続いてしまいます。

では、なぜ毛穴が開く(目立つ)のでしょうか?同じくらいの年齢の人でも、どうして毛穴がピシッと引き締まっている人とそうでない人がいるのでしょうか?

その毛穴の原因は、色々複雑に絡み合っているとは思いますが、もしかしたら“敏感肌”にあるのかもしれません。一度敏感肌かどうか疑ってみましょう。

知らぬ間に敏感肌!?それだと皮膚もたるみやすい

敏感肌というのは、肌機能が低下してしまうことで、肌のキメが粗くなったり、しわやたるみが増えやすくなります。ほかに、外的な刺激(紫外線、空気乾燥、花粉や塵など)にも負けやすく、乾燥肌になったりヒリヒリしたりすることもあります。

年齢を重ねるごとに敏感肌に陥りやすいのですが、20代の後半~30代くらいでは、「まだ自分の肌は若い」と思い込んでしまって、徐々に敏感肌に移行していっていることに気付かない人も多いでしょう。

すると、知らないうちに皮膚がたるんでしまい、それによって毛穴が広がってしまうという事態に陥るのです。皮膚がたるむということは、毛穴の締りも悪くなるので、そのせいで常時開くような状態になるわけです。

毛穴が目立つ部分というのはだいたい決まっていて、Tゾーンが最も顕著ですね。この辺りは皮脂の分泌が多い区域。つまり毛穴が多いということです。だから、余計に目立ちやすいのです。

毛穴と闘うには・・・

毛穴を目立たなくしたい場合は、スキンケアが必要になってくるのです。逆に言えば、スキンケアによって、もしかしたら気にならなくなる可能性があるということです。

毛穴目立ち、鼻の黒ずみ・角栓などでお悩みの方は、もう落胆するのはやめて、まずは敏感肌のためのスキンケアをとり行ってみても良いかと思います。以下にてご説明いたしますね。

敏感肌ケアをして、毛穴ケア!

敏感肌のケアというと「保湿を徹底すれば良い」と考えている人は多いかと思います。たしかにその通りです。肌の潤いが欠如しやすい状態になっているので、肌に潤いを与えて閉じ込めてやる作業は絶対に欠かせません。

しかし、実はそれだけでは、ただの乾燥肌ケアと何ら変わりません。ただの乾燥肌と違って、敏感肌というのは肌機能が低下して外界に対して過敏になっている状態です。その結果として、乾燥肌になったり老化が進行しやすくなっているわけです。

ですから、敏感肌ケアというのは、肌機能の調子を整えてあげて、根本からケアをしていくことです。ただの保水・保湿のケアだけでは、一時しのぎにしかならず、またぶり返してしまうのがオチなのです。

是非、敏感肌ケアをしてみましょう!

1、ふさわしい化粧品を使う

真っ先に思い浮かぶのは、やはり化粧品を用いての敏感肌ケアです。一番手っ取り早く、効率の良い作業ですよね。当然ながら、敏感肌の人に向けた化粧品はたくさんあります。

では、どんなモノを使うのかと言ったら、先述したように保水・保湿ができて肌機能の調子を整えてくれるもの。かつ、肌に優しい処方になっていることが理想ですね。

そういった化粧品で私がおすすめしているのは、乾燥肌・敏感肌専門ブランドdecencia(ディセンシア)から出ている「ayanasu(アヤナス)」という化粧品です。化粧水・美容液・クリームがあり、赤を基調としたデザインが印象的です。

この化粧品では、ディセンシアオリジナルの「ストレスバリアコンプレックス」が肌をすこやかに整えたり、特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が肌をがっちり保護したりします。これらこそ敏感肌のための技術と言えますね。

トライアルセットがあるので、気軽に試すことができます。

アヤナスの公式通販サイトはこちら
たるみ毛穴

2、毛穴は絶対にいたわる

毛穴が開いて目立っていると、どうしても鏡を相手に毛穴をいじりたくなります。知らないうちに指の腹や爪で毛穴を確認したりしていませんか?あまり触りすぎると、細かい傷がついてしまうことがあります。

まして敏感肌である場合は、極力触らないほうが良いでしょう。万一手に細かい細菌が付着していると、それが毛穴に入り込み、炎症を起こすことがあります。そうなればニキビの原因にもなるし、毛穴が余計に目立ってしまうこともあります。

だから、極力触るのは控えましょう。角栓が詰まっていても、ほじくり出さないようにしましょう。

3、洗顔は肌に優しく

毛穴に黒ずみや角栓があると、どうしても肌をこすったり洗浄力の強い洗顔料を使って洗いたくなりますが、これは絶対にやってはなりません。こすると細かい傷がつくし、洗いすぎると肌が乾燥してカピカピになってしまいます。

もし敏感肌であれば、美肌を創り出すサイクルがさらに壊れ、もっと深刻な状態になります。そうなってしまうと、肌の老化が同い年の人よりも進んでいってしまい、同窓会でもひとり老け顔になりかねません。

少し大袈裟かもしれませんが、洗顔は優しく行うのがベスト。洗顔料は保湿成分の入った優しいものを使い、一回で済ませることが大切。夜だけにするのもポイントですね。

4、生活改善も必須

栄養バランスのとれた食事を心がけ、睡眠もしっかりとることが大切です。なぜなら、敏感肌というのは不摂生によっても導かれるし、体の健康というのは肌の健康にも直結しているからです。

不摂生は絶対に良くないです。働き盛りの方や家事でお忙しい方だと、どうしても生活が不規則になりがち。でも、肌のことを考えたら、なるべく規則正しく健康的な生活を送るのが良いのです。

可能な範囲で良いので、是非生活改善を行なってみてくださいね。あまり体を動かさない方は、しっかりと体を動かし、代謝機能や血流などの改善に努めてみましょう。

5、ファンデ・メイクもナチュラルに

毛穴が目立つと、ファンデーションやメイクで万遍なく塗りつぶしたくなると思いますが、あまりに濃くしてしまうと、メイク成分が毛穴に落ち込んだり塞いでしまいよろしくありません。炎症の原因にもなりますし、敏感肌であればなおさらです。

そのため、なるべく肌に負担のならないよう、ナチュラルメイクくらいまでに抑えておいたほうが良いと思います。メイクアイテムも、極力肌に負担になりにくいものを選ぶと良いでしょう。最近はオーガニックメイクも流行ってきているようですね。

敏感肌の毛穴ケアは時間がかかります

とにかく、敏感肌ケアにしろ毛穴ケアにしろ、時間がかかります。肌機能の調子を整えて、肌そのものが潤いを閉じ込められるようになるにあたり、一晩で終えられることはありません。

ターンオーバーは、28日が1サイクルとなっていますので、その周期が正常になっているかどうかも大切です。1ヶ月弱、そのまた1ヶ月弱・・・といった具合に確認していくと、最低でも1ヶ月弱、長くて何ヶ月もかかるわけです。敏感肌ではこの周期も不安定なので、すぐには結果は見えてこないのは想像に難くないと思います。

不摂生な生活を余儀なくされている方は、きちんとした生活を取り戻すためにも時間がかかるし、万一取り戻せなかったとしたら、さらにケアに時間がかかると思います。そしてあなたの背後からは”加齢”というものが追いかけてきているわけです。

・・・何だか脅しをかけたような内容になってしまっていますが、それほど、敏感肌のスキンケアというのは根気が必要だということです。もちろん、先ほどご紹介した敏感肌向け化粧品を使うことで、より効率良くケアしていくことはできます。

ただ、それだけではまず足りないので、あわせて生活改善を根気強く続けていっていただけたらと思います。前向きな思いさえあれば、必ず続けていくことができると思いますよ♪

アヤナスの公式通販サイトはこちら
たるみ毛穴


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ