顔の皮がむけるのは、肌がだいぶ弱っているという惨状かも

顔の皮めくれ

なぜだか分からないけど、顔の皮がポロポロとむけてしまう・・・。

そんな悩みを抱いている方は少なくないようです。正直、泣きたくなるくらい悔しいお気持ちかと存じます。

メイクをするにもうまく乗らない。やったらやったで余計にベリベリむけてきてしまう。それに、保湿のスキンケアなども、一体どのようにしたら良いのかという迷いも生じますよね。また、改善法はあるのだろうか・・とか、色々。

ひとまず、悲観せずに落ち着きましょう

そして今から、顔の皮がむける原因を探り、それにふさわしい対策をしていけば良いのです。それで改善されれば結果オーライです♪

もちろん、めくれ方が酷い場合は皮膚科にかかったほうが良いでしょうが、まずは深呼吸

この記事では、美容の観点から、皮がむける原因とその対策をお伝えします。また、こんなときにふさわしい基礎化粧品についてもご紹介いたしますので、是非お見逃しなく…!

顔の皮むけの主な原因

ずばり一言で言えば、肌がかなり弱ってしまっているのは間違いありません。

でも、細かく見ると、その弱り方というのも様々で複雑。

以下、主な原因を順に挙げていきますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

そして、「これかな」と思うものがあれば、それにふさわしい対策を練っていくことが大切です。

紫外線による日焼け

まず、一番先に疑ってみたいのが、紫外線による日焼けですね。特に夏場や秋にはこのパターンかもしれません。

日焼けをすると、肌は乾燥したり傷んだりします。すると肌は傷んだ部分を早く再生しようとしたり、逆に傷んだ影響でターンオーバーが狂い出して皮がめくれてくることがあります。

日焼けをしてしまったときは、すぐに冷やすと被害は最小限にできます

しかし、あまりに炎症が酷い場合や、万一火傷のように水ぶくれができてしまっているときは、迷わずに皮膚科にかかることをおすすめします。

ほんの軽い程度であれば、患部をいたわって保水ケアを徹底するのが大切です。

日焼けによるものは一時的な災難で過ぎていくことも多いですが、シミや傷痕が残る場合もあるので、早めの処置と適切なケアが必要ですね。

極度な肌乾燥

紫外線の影響とは思われない場合は乾燥を疑いましょう。

空気乾燥の激しい時期とかには、洗顔時に皮がポロポロとはがれてくることがあります。これは、比較的マシな皮むけと言っても良いかと思います(もちろん、あまりマシなものではありませんが)。

でも対策は至ってシンプル。

洗浄力を抑えた保湿成分入りの洗顔料を使って、その後の保水や保湿もしっかりと行えばOKです。そして皮膚が気になっても、必要以上に触らないようにしましょう。

このパターンでも、あまりに気になるようであれば、やはり皮膚科受診が安心です。

化粧品が合っていない

化粧品が肌に合わなかったり、使い方を間違っていたりすると、肌が傷んでめくれてくることがあります。化粧品が原因かどうかの判断は非常に難しいですが、頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

いくら肌に優しいという化粧品であっても、また多くの人に支持されている化粧品であっても、アレルゲンによる肌トラブルが起きるケースが稀にあります。

もし「今使ってる化粧品がクロだな」と思ったら、使用を中止し、皮膚科で診てもらったり、即座に別の化粧品に乗り換える、または使い方を再度見直してみることが大切です。

「ケアしなきゃ」と躍起になると何でもかんでも肌に塗りたくなりますが、案外、必要のないものを塗っていることが要因だったりもします。押しのケアばかりでなく、守りのケアも大切なときがあるでしょう。

これは試行錯誤して確かめてみるしかないですね。

敏感肌の悪化

顔の皮むけの大きな原因のひとつに、肌機能の低下というものがあります。敏感肌である(つまり肌が弱ってしまっている)場合に、肌機能が低下していることも多いです。これで悩んでいる女性はけっこういらっしゃることと思います。

要するに、ターンオーバーにムラができてしまっている状態です。ある部分では早く代謝が進み、またある部分では代謝が遅れてしまっているということです。

そうなると、肌の生まれ変わりが均一にならず、うまく皮膚がつながらないことで皮むけが生じることがあるようです。

一時的に良くなっても、肌そのものが極端に弱ってしまっている場合は、またぶり返すこともあるでしょう。将来的には、肌の色にもムラが出たり、シワやたるみなども生じやすくなります。

敏感肌というのは多くの女性が陥りやすいわけですが、その要因としては、加齢、不摂生(食事や睡眠の質が良くない)、ホルモンバランスの影響、そしてほかにも色々と重なり合っていたりします。

だから敏感肌って非常に厄介。

対策としては、肌の状態を整えてあげることが先決です。つまり、敏感肌向けのスキンケアを行うということです。保水や保湿はもちろんですが、肌をいたわりながら、肌サイクルを整えるためのケアが必要です。

その他

ほかにも、アレルギーや病気などによって皮が向けてしまうことがあります。

たとえば、花粉アレルギー。春になると「肌から粉がふいている」「ポロポロと落ちる」といった悩みを持つ方が比較的多くなるようですが、ひょっとすると、花粉アレルギーか、花粉接触による接触性皮膚炎かもしれません。

また、現代では、黄砂による皮膚炎や、PM2.5などの有害物質による肌トラブルも多くなってきているみたいです。このあたりは対策しようにもし切れず、多くの人の頭を悩ませています。

ほか、皮膚病によって皮むけが生じることもあるでしょうし、内臓の病気による代謝機能の乱れによりトラブルが起きることもあるかと思います。

こう見てみると、皮がむける原因というのは多種多様、人それぞれです。しばらく様子見て、「こりゃ尋常じゃない」と思ったら、ぜひとも皮膚科等にかかられることをおすすめします。

皮がむけるからといって悪いとも限らない

一方で、皮がむけるからといって、一概に悪いとも限りません。

体質や時期的な都合で、ただめくれやすくなっているだけという可能性も否定できません

その場合はあまり心配することはないでしょう。それが自然な現象なのですからね。

ただ、正直、良いむけ方なのか否かは、なかなか判断がつきにくいところです。

なかなか良くならなかったり、「今までにこんなことはなかった」とか「これはおかしいぞ」と思った場合は、先述した何かしらの原因があるのかもしれないので、肌が弱っていないかどうかを疑ったほうが良いと思います。

皮がめくれやすい敏感肌におすすめな基礎化粧品

顔の皮がむける原因は色々あることが分かりました。

でも、敏感肌に起因して肌がめくれる人は、女性ならけっこう多いのではないかと思います。

特に歳を重ねてくると肌機能も低下しやすく、ターンオーバーも狂いがちです。さらに女性は、ホルモンバランスの影響もあり、それによって肌機能が不安定になってしまっているケースも十分に考えられるでしょう。

そんな方の向けて、最後にひとつ、おすすめな基礎化粧品をご紹介したいと思います。

「これを使えば無敵!」と断言することは避けますが、非常に頼りになるアイテムです。まだ使ったことのない方は、お試しになってみると良いかもしれません。

DECENCIA(ディセンシア)のayanasu(アヤナス)

敏感肌専門ブランドであるディセンシアというブランドをご存知でしょうか。

ディセンシアから出ている基礎化粧品に「アヤナス」というものがあります。
肌をガッチリ保護し、保湿機能を整えるためのアイテムです。

敏感肌向けということもあり、低刺激性であることは言うまでもありません。

皮膚科医の立会いによるテストで認定を受けており、弱った肌のスキンケアという面において、安心して使えるのではないでしょうか。

しっとり系の使い心地です。かなりやわらかな感触です。特にクリームのバリア感はすさまじく、冬場のひどい乾燥にも耐えることができますね。

ただ、いずれにしても「合う・合わない」はたしかめたほうが良いので、もし使われるなら、トライアルセットからスタートしたほうが良いでしょう。

⇒ アヤナスの公式サイト

繰り返しになりますが、このアイテムは、あくまで日頃のスキンケア(保湿や肌荒れ防止)に用いるべきものです。

が、もし皮むけを強制的に “治したい” “改善したい” という場合は、ゆくゆくは皮膚科等で診てもらう必要はあると思います。

言うなれば、スキンケアは「守り」の作業で、治療等は「攻め」といったところでしょうか。

スキンケアによって、結果的に肌の調子が良くなっていく可能性は十分にありますが、改善・治療ということを考えたら、医師や薬に頼るほかありません。また、症状次第では、外科的な治療も必要となる場合があります。

・・・スキンケア と 治療等の違い、お分かりいただけましたでしょうか。

いずれにしても、日頃のスキンケアが美容のために欠かせないものであることに違いはありません。長い目で着実に続けていきたいものですね。

くどくてすみませんが、先ほどの「アヤナス」は、ぜひとも試しておくと良い基礎化粧品です。これでしばらくケアを続けてみて、もし効果を感じられそうであれば、末永く使っていくと良いかと思います♪

⇒ アヤナスの公式サイト

あと、肌の調子を整えるには、やはり普段、いかにストレスを溜めないかとか、栄養をしっかり摂るかとかといった点が大切になってきます。外からのケアのみならず、内側からも美しい人を目指していきましょう!^^ 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ