角栓には皮脂コントロール!やはり化粧水はさっぱり系?

角栓には皮脂コントロールのさっぱり化粧水

鼻などにできる角栓は非常に厄介ですよね。白いポツポツや、それが酸化してできた黒いプツプツがあるだけで、人と間近で顔を合わせることも億劫になってしまいますね。

私も、角栓や黒ずみというものに悩まされてき現在に至るので、その気持ちは痛いほど良く分かります。

人とおしゃべりするにも、果敢にコミュニケーションが取れない。コンビニに行くだけでも、なるべく店員さんと顔を合わせたくない・・・。

まあ、そこまで言うと大げさかもしれませんが、そのくらい、角栓の悩みというのは大きいものです。化粧でごまかしても、近付けばバレますからねぇ。

でも、角栓というのは、適切なケアというものがあります。それは洗顔に保湿ですが、今回は、主に化粧水に焦点を当てて、あなた様に適切なケア方法をお伝えしますね。

角栓の原因を考え、皮脂コントロール

そもそも、角栓というのはどうやってできるかご存知ですか?

次の中から正しいと思われるものを選んでみてください。

  1. 古い角質や皮脂などが混じり、毛穴に詰まってできる
  2. 毛穴の奥が溶け、融解生成物が詰まってできる
  3. メイクの成分が、毛穴に詰まってできる
  4. 睡眠中、小さいオジサンがこっそり毛穴に汚れを詰め込むことでできる

さて、どれでしょうか?

 

 ↓ ↓ 答えは… ↓ ↓

 

1と3が正解です!

角栓は、基本的に、皮膚の古い角質、汚れ、皮脂、メイク成分といったものが混ざり合い、それが毛穴に詰まることで形成されます。

逆に考えれば、古い角質や汚れが無ければ角栓はできません。また、毛穴のたるみが少なければ、それだけ汚れ等も詰まりにくくなります(毛穴が開きにくいからです)。

さらに、皮脂の分泌のコントロールも重要です。

皮脂は、肌を乾燥や刺激から守るために分泌されています。

しかし、乾燥肌になると、その乾燥から肌を守るべく、肌は大量の皮脂を分泌することがあります。これをインナードライ(肌の表面は潤っているように見えて、実は内部は乾燥している状態)といいます。

皮脂コントロールが正常に働いていれば、汚れと混ざり合ったりしてゴテゴテになってしまう確率も減ります。よって、角栓の減少につながります。

ですから、

  • まず、洗顔で肌の汚れをきっちり落とすこと

が必要です。その後すぐ、

  • 毛穴にハリを与える保湿ケアと皮脂コントロールを整える保湿ケア

が必要になってきます。

それらをきっちり実行することで、確実に角栓に悩むことは減ります。人間という生き物である以上100%ではありませんが、断然、肌の状態が変わります。

使うべき化粧水は、しっとりタイプでもさっぱりタイプでもどちらでもOKです。とにかくうるおいを与えることが重要ですからね。あとは好みの問題でしょうか。

皮脂コントロールのできる化粧水とは?

「皮脂コントロールとは?」といった疑問を抱かれていると思いますが、皮脂コントロールとは、その字のごとく、皮脂の分泌過多を抑えることを言います。

なぜ皮脂が過剰に分泌されるのか?といったら、それは、先ほどのとおりです。肌が自分の身を乾燥から防ごうとするからです(インナードライ)。

だから、十分にうるおいやハリを与えることができる化粧水がおすすめです。さらに、そこにがっちりとバリアを張ることで、そのうるおいを封じ込めることができます。

以下では、毛穴ハリケアや皮脂コントロールに良い化粧水等をご紹介していきます。

化粧水等のアイテム例

まず、日頃の保湿ケアにふさわしいアイテムからご紹介したいと思います。

DECENCIA アヤナス

乾燥肌・敏感肌向けのブランドにDECENCIAがあります。そのブランドの「アヤナス」という基礎化粧品がおすすめです。

アヤナスで行えるのは、以下のケアです。

  • うるおいアップ(保水・保湿)
  • 肌の調子を整える(整肌)
  • 肌、毛穴のハリ・柔軟性アップ(エイジングケア)
  • 肌荒れ防止、肌の保護(バリア)

化粧水はかなりしっとりしていて、その辺は好き嫌いが分かれるかもしれません。が、うるおい感は十分すぎるほど感じることができます。

セラミドナノスフィアという物質が成分として入っていますが、これは、いわゆる、肌の「細胞間脂質」としての役割を果たします。細胞と細胞のあいだを満たしているものですね。

歳を重ねていくと、その細胞間脂質が減っていきます。その結果、乾燥しやすく、また たるみやすい肌・毛穴となってしまいます。そこを埋めてくれるのが、極小のセラミドナノスフィアです。

化粧水を塗った直後は、肌が非常にもっちりとします。これでケアを切り上げたくなる衝動にかられるかもしれませんが、きちんと蓋をしなければ、毛穴から蒸発していってしまいます。

ですから、美容液で保湿補強をした後、必ず保湿クリームで仕上げるようにしましょう。

アヤナスの良いところは、そのクリームの力にこそあります。「ヴァイタサイクルヴェール」という特許技術を採用しており、このバリア感は翌日まで続きます。翌朝のケアをしなくてもいいんじゃないか?と思ってしまうほどです。

でも、当然ですが、朝も、きちんと 洗顔 ⇒ 保湿・保護 というようにケアしましょう。手を抜いてはいけないですね。

また、人間は、ストレスがかかると、体や心に不調を来し、肌も例外ではありません。アヤナスは、ほんのりと花の香りがするので、ストレスケアとしても嬉しいアイテムかと思います。

是非、一度試してみて、アヤナスの良さを感じてみてはいかがでしょうか?

アヤナスの公式サイトはこちら
【たるみ毛穴訴求】アヤナストライアルセット

VERNAL アンクソープ・センシティブザイフ

洗顔アイテムについても、是非この機会に見直されてみてください。

VERNALの「アンクソープ」と「センシティブザイフ」という洗顔石鹸があります。どちらも医薬部外品です。

2種類の石鹸でワンセットです。アンクソープがクレンジング用、センシティブザイフがその後の洗顔用です。いわゆる、あえてのW洗顔ですね。

  • アンクソープでメイク汚れや毛穴奥までの皮脂汚れを落とす
  • 保湿成分が豊富なセンシティブザイフでキメを整えながら素肌を贅沢に仕上げていく

といった流れです。

その後、すぐに保湿ケアに入ることで、効果的にケアができるでしょう。

⇒ VERNAL W洗顔セットの公式サイトはこちら

焦りこそ、角栓を増やす

鼻の角栓が目立つと、どうしても早く抜きたい気持ちになりますよね。毛穴パックでごっそり抜いたり、ピンセットや毛抜きを用いて一個ずつ抜き取ったり・・・。

そういった方法を用いると、確かに角栓は減ります。しかし、一時的に、です。

その後、角栓は増えていきます。というのも、毛穴の詰まりが一瞬にして(しかも強制的に)抜け落ちたことで、肌が「いかん!穴が開いた!埋めなきゃ!」と躍起になり、さらなる詰まりを作ろうと頑張るからです。

また、毛穴パックを剥がすときに、角質が傷付きます。ピンセットを用いるときも、器具と当たり、肌が傷付いてしまいます。

傷付いた肌は機能が弱り、乾燥しやすく、また毛穴も開きやすく、しみができやすくなることがあります。

したがって、焦って力ずくでやっても逆効果。一瞬はキレイさっぱり消えても、長い目で見れば悪夢となるのです。

角栓を守り、育てる感覚を持とう

角栓は、抜かずにそっとしておきましょう。洗顔を毎日欠かさず行い、保湿でハリケアや皮脂コントロールをしながら、気長に待つのです。決して鼻をいじったり、毛穴パックをしたり、抜き取ったりしないことです。

こういった作業を「角栓培養」といいます。角栓を守り、育てるのです。

最初のうちは気になって気になって仕方がないですが、半年、一年・・・と続けることで、次第に良くなっていくはずです。もし良くならなければ、どこまで失敗したか、まだ効果が足りないか、です。

角栓は、洗顔によって自然に落とされたり、期間を経て自然に溜まりにくくなっていくことが望ましいのです。肌の健康を考えながら、是非気長に角栓ケアをしていきましょう。

「今すぐ!!」という気持ちはとてもよく分かりますが、焦りこそ危険です。それに、案外他人というのは、あなた様の角栓を気にしていないかもしれません♪ 特に女性は、自分の肌の手入れや悩みで精一杯でしょうし…(^^;)

どうしても無理矢理取り除きたいなら、エステサロンへ

エステサロンでは、毛穴の汚れ・角栓を取り除くケアをやっていたりします。もし無理矢理取り除きたいのであれば、検討なさってみると良いと思います。

私も、エステサロンで「毛穴洗浄」をやってもらったことがあります。効果は感じましたが、さすがに1回では終わらず、5回くらい通ってもまだけっこう残っていました。

毛穴の角栓って、そういうものなのです。「一回で終わらせてほしい!」と思いましたが、サロンの方の話では、やはり日頃のスキンケアで肌を整えて、自然に抜け落ちていくのが望ましい、とのことでした。無理にやり過ぎると肌に悪い、と。

結局、高額な出費であるゆえ、エステサロンには通わなくなりましたが、毛穴洗浄の効果はずいぶん感じることができました。やめてからも、前ほどは気にならなくなりました。

「どうしても!」という方は是非体験に行ってみてはいかがでしょうか。ただ、エステの勧誘のしつこさは、ネット上でも有名です(笑) それなりの覚悟と勇気を持って行きましょう。

あと、もちろんですが、日頃のスキンケアこそ、やはり大事です。エステサロンに通っても、他力本願のままだと、肌の状態は改善しません。自宅でのケアが一番大事だ、ということは、是非念頭に置いておきましょう!

 

・・・以上、鼻の角栓についてのお話と、最適な化粧水等のご紹介、そしてケアについてお話ししました。いかがでしたでしょうか?

焦らず着実にケアをしていくことで、その悩みも少しずつ減っていくはずです。地道なケアによって得た喜びは、必ずや強固な自信となり、明るい未来がやってきます。自分を信じてケアに勤しんでみてくださいね♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ