界面活性剤が招く肌への毒性について、考えてみましょう

界面活性剤という言葉がよく聞かれます。「界面活性剤入りの化粧品は肌に悪いから使わないほうがいい」といったアドバイスを、一度どこかで目にしたことのある方も多いでしょう。

でも、界面活性剤って一体何でしょうか?本当に、界面活性剤は肌への毒性が強いのでしょうか?敵視しても良いのでしょうか?

きっと、多くの消費者は、さしたる理由も知らずにただただアドバイスを鵜呑みにして、界面活性剤をひたすら避けていることと思います。結論から言えば、それで良いのですが、「なぜ?」の部分を知らなくば、マスコミに踊らされている人と何ら変わりません。

そうだと、正しい情報も間違っている情報も、自分の力で処理することができなくなってしまいます。より安全で豊かな暮らしを求めるには、マスコミに同調しているだけではいけないのですね。

それでは、ここでは界面活性剤が招く肌への毒性について、簡潔に、でもご理解いただけるようにお伝えします。ぜひ参考になさってみてくださいね。

「界面活性剤」の意味

きっとほとんどの人が考えたことがないかと思います。界面活性剤の「界面」と何か、説明できる方はそんなにいらっしゃらないでしょう。なので、ここでひとつ覚えておかれると良いですね。

界面というのは、何かと何かが混ざり合わない(接触している)境界のことをいいます。例えば、水と油。このふたつは混ざり合いませんよね。その両者の境界を界面と呼びます。言うなれば、ふたつの世界の側面が見られる場所というと、かっこいいでしょうか?

何らかの方法で水と油が混ざり合えば、その時点で界面はブワーッと歪み出していきます。そうやって界面を活性化させる(言い換えれば、消滅させる)もののことを「界面活性剤」といいます。

ふたつの世界が隔たれていても、それを仲良く融合させるというわけです。「水と油は和解して溶け合いました。めでたしめでたし♪」という結果となるのですね。

界面活性剤の使用シーンや効果

界面活性剤は、洗顔料、シャンプー 、台所用洗剤、洗濯用洗剤など、色々なところに使われています。これらに共通しているのは、「洗う」という作業。つまり、洗浄シーンで界面活性剤は活躍します。

水と油を融合させるわけですから、油をしっかりと水と共に洗い流せるようになるのです。融合しなければ、両者は喧嘩するだけで、なかなか油は落ちませんね。界面活性剤があるからこそ、油分を含んだしつこい汚れもサーッと落ちてくれるのです。

界面活性剤は化粧品に入っていることもあります。「化粧品は洗浄アイテムではないのに、なぜ?」と思う方もいらっしゃると思いますが、その理由は以下のとおりです。

界面活性剤が、化粧品の使用効率を上げている

化粧品には、水分も油分も含まれています。それらのあらゆる成分がきちんと混ざり合うには、界面活性剤が必要となってきます。

混ざり合うからこそ、肌に乗せたときにもムラのない使用感があり、有効成分も肌の表面に浸透しやすくなるというわけです。乳液やクリームなどでは、シットリ感を出すことだってできるのですよ。

その他の役割

ほかにも、界面活性剤は様々な働きを持っています。洗顔料の泡立ちを良くしたり、帯電防止、殺菌にも役立っています。

界面活性剤の種類によるところもありますが、一概に、界面活性剤は毒だと決めつけるのは誤りというわけですね。いかがですか?界面活性剤のこと、なんだかかわいく思えてきましたよね。むしろ親和性を高めるんですから、本当は優しい成分では?と思ったりしませんか。

では、なぜ界面活性剤はいけないのか? 

世間一般的には、「界面活性剤は避けましょう」「なるべくオーガニックのものを使いましょう」と言われています。では、なぜ界面活性剤が嫌われなければならないのでしょうか。

誤った付き合い方をするといけない

本当は、界面活性剤がいけないのではなく、誤った使用方法がいけないのです。

洗顔料には界面活性剤が入っていることが多いのですが、皮膚を保護してくれる必要な皮脂までを落とすことがあります。ただそれは、何回か洗顔をしてしまったときのお話です。

よく、「W洗顔はダメ」と言われていますが、それは、界面活性剤による影響を極限まで抑える為でもあります。つまり、一回くらいの洗顔だったら、そこまで界面活性剤のことを不安に思う必要はないわけです。

しかし、女性の場合は、クレンジングに洗顔に化粧水に・・・とスキンケアを念入りにやっていくことが多いと思います。それら全てに界面活性剤が入っているとしましょう。するとどうなると思いますか?

もちろん、界面活性剤の種類が全て同じということは無いですが、クレンジング⇒洗顔 の工程において、必要な皮脂分まで落としてしまう可能性は十分にあるのです。だから、W洗顔は忌避されるばかりか、界面活性剤入りのアイテムは避けましょうと言われるのだと思いますね。

一方、化粧品の場合は、そこまで界面活性剤で皮脂が落ちることはないでしょう。もちろん、肌への負担を考慮すると、界面活性剤フリーな処方であるほうが良いです。が、もともと化粧品は保水や保湿を行うものなので、界面活性剤が乾燥肌を招くことは少ないように思います。

しかしながら“それぞれ”ではある

ただ、化粧品と一口に言っても、処方の仕方はそれぞれ。肌質だって人それぞれ。界面活性剤の種類も色々あります。そのため、どんなアイテムを使おうが、肌に異常が出るときもあれば出ないときもあります。

疑わしきは避けるが無難!でもある

でも、なるべく界面活性剤を避けてアイテムを選んだほうが、不安は減りますよね。肌に刺激を与える確率も減るわけですから。疑わしい物は使わないのが一番ではありましょう。

まあ、それは非常に困難だとは思いますけどね・・・(理由は後述します)。

界面活性剤の種類

繰り返しになりますが、界面活性剤には様々な種類があります。合成界面活性剤だったり、天然の界面活性剤だったり、色々ありますよね。一般的には、化学的に合成している界面活性剤を指します。

いずれにせよ種類は豊富で、それぞれのもたらす効果や毒性というのも、その数の分だけあるでしょう。

界面活性剤の分類を挙げるだけでも、こんな感じ。

  • 陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)
  • 陽イオン界面活性剤(カチオン界面活性剤)
  • 両性界面活性剤(双性界面活性剤)
  • 非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)

となっています。しかも、この4通りのどれにも、なんたらナトリウムとか なんたらエーテルといった成分が多種多様に存在しています。それはもう、一般の消費者にとって頭が痛くなるほどです。

避けるのは無理!神経質になる必要はない

種類や分類、成分の一個一個を覚えられるなら、それはそれで良いと思います。が、そんなことはまず誰もしません。「すべきだよ」と言われても、しようと思いませんよね普通。

だから、私は覚えなくても良いと思います。たしかに毒性だとか発癌性だとか問題にされていますが、完全に逃れることはできないし、逃れようと思ったら、それ相応の労力を要します。

化粧品やシャンプーにはオーガニック製品がありますが、たぶん100%ということはない(ある基準を満たせばオーガニックと謳えるし、合成界面活性剤を使用している場合もある!)でしょうから、神経質になるだけ無駄なのです。

もちろん、気をつけられる範囲で気を付けることは必要だとは思いますけれどもね。でも本当キリがないです。口紅や歯磨き剤にだって合成界面活性剤は入っていますし、食品にも医薬品にも使用されていますよ。

界面活性剤は=悪 は×
   界面活性剤=善 も×

ここまでお読みくださってお分かりいただけたかと思いますが、界面活性剤は悪だ!毒だ!と決めつけるのは、ちょっと違うのです。たしかにそういう側面もありますが、何がしかの役割を果たしているわけです。

そりゃ、化粧品などのアイテムを選ぶ際は、なるべく肌に優しい処方のものを買うのがベターではありますが、それでも界面活性剤が入っているのは多いものです。仮に入っていても、肌に症状さえ出なければ良いでしょう。

「経皮毒」といって、知らぬ間に毒素が体内に浸透していくことがありますが、それも結果論でしか分かりません。たしかにこれは怖いですが、気を付けたいのであれば、神経アンテナを張り巡らせて、お金と労力をかける必要が出てきます。

安全性の高い物は基本的に高額だったりします。そして数も少ない・・・。そういった化粧品、食品、医薬品、洗浄剤などなどを取りそろえるとなると、・・・そのストレスは計り知れませんね。かえってストレスで体や肌を傷めそうですね。

なので、ご自身のストレスとのご相談の上で、アイテム選びを考えてみると良かろうと思います。

最後、なんだか回りくどい意見になってしまいましたが、何事もベストは無理だ!とお開き直りいただき、自分が「これでいいかな」と思える妥協点を作って、アイテム選びに励んでくださればと思います♪

その状態こそ、肌に一番優しいのではないか?と思うのですが、いかがでしょうか。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ