花粉による肌荒れを防ぐ上ですべきことって何?

春先になると、花粉の影響が気になりますよね。鼻がムズムズしたり、クシャミが止まらなくなったり、目のあたりがかゆくなって涙が出たり。しかし、肌が荒れてしまうことだってあります。これはアレルギー反応であったり敏感肌になってしまっているがために、外的な刺激が加わることで荒れてしまうのです。

では、花粉による肌荒れの原因や対策について、詳しく見ていくことにしましょう。

花粉による肌荒れの原因と対策

花粉による肌荒れと一口に言っても、その種類は様々です。乾燥肌のようにカサカサになるだけで済む人もいれば、痒くなったり、赤く腫れあがってヒリヒリしたりすることがあります。特に敏感肌の方は、痒みを伴うことがありますし、赤くなったりします(これを花粉性皮膚炎といいます)。

アレルギー

アレルギー反応による肌荒れは、春の肌荒れで真っ先に疑いたくなる部分ですね。アレルギーというのは生まれ持った体質なので、これといった改善法はまず無いです。しかし、対策を打つことで、症状を緩和することができます。

その対策というのは、大きく分けて、

  1. 花粉から肌を守ること
  2. 体力をつけること

この2つです。

花粉から肌を守ること

美容液やクリームによる保湿ケアが大切であるのと、なるべく外気に触れないように工夫をすることです。例えば、マスクや花粉対策用の眼鏡などがありますね。普通の眼鏡も、しないよりはしたほうが良いでしょう。

自宅に帰ったときには、家の中に花粉を持ち込まぬように、衣類に付着した花粉を玄関先で軽く払い落としてから家の中に入るようにすると良いでしょう。帰ったら軽くぬるま湯で顔を洗うのもひとつの方法ですが、後の肌乾燥が気になる方はやらなくても良いと思います。

お部屋では空気清浄機などを稼働させ、外部から侵入した花粉を少しでも多く吸い取るようにしておくことで、花粉による影響は軽減されます。

体力をつけること

体力をつければアレルギー症状が緩和されるかは人それぞれではありますが、やらないよりはやったほうが良いでしょう。アレルギー対策に限らず、強い体を作っていくには大切なことですね。

大切なのは、栄養バランスのとれた食事を摂ること、睡眠をしっかり摂ること、そして日頃から体を動かすことです。外は花粉の飛散が気になりますので、屋内運動でも良いでしょう。体を動かして代謝や血行を良くし、そして休むときは休む。こういうメリハリのある行動が大切になってきます。

花粉症になってしまうと、なかなか物事に集中しにくくなりますが、できることから少しずつ活発に取り組むことで、体の正常な働きを維持することにも繋がります。あまり怖気づかずに、元気を出していきましょう。もちろん、先に述べた花粉対策を忘れないようにしましょう。

敏感肌

花粉が飛び始めるのは、早いところで1月です。東京都の場合だと、だいたい1月の終わりか2月頭くらいから徐々に増えてくると思います。

この時期というのは、冬から春への移り変わりの時期で、体も肌も、季節の変化に合わせて変化していく頃です。体力があったり若かったりすれば、その変化も正常に行われますが、老化や体調の悪化などによって、肌が敏感肌になってしまうことが往々にしてあります。

春といえど、空気はまだまだ乾燥しています。また、日差しが強くなってきて、紫外線による影響も徐々に増えてきます。さらにそこに花粉や黄砂などが飛んでくることで、肌は凄まじく外的刺激を受けてしまうというわけです。

敏感になった肌というのは、そういった外的刺激に過剰に反応して炎症反応が起きたり、傷んだ皮膚の細胞がうまく再生されずにガサガサの肌荒れになってしまったりもします。正直、春というのは冬よりも怖い季節なのかもしれませんね。

ここで大切になってくるのは、この対策です。

  1. 外的刺激から肌を守ること
  2. 体力をつけること
  3. 敏感肌ケアをすること

外的刺激から肌を守ること

外的刺激、すなわち、空気乾燥、花粉、黄砂、紫外線などなどから肌を守ることです。そう、花粉だけが元凶ではないので、あらゆる刺激から肌を守らなければならないのですね。

では、どうすれば良いのかというと、ずばり保湿です。美容液などを塗って、外的な刺激が直接肌をいためつけないようにしてみましょう。クリームを塗るなら薄塗りが良いと思います(クリームの油分に花粉が付くことがあるので)。

紫外線対策に関してはベースメイクなどでも対応できますので、外で長時間いない場合はさほど神経質になる必要は無いでしょう。必要なときは日焼け止めを使用しても良いですが、敏感肌の方の場合は負担になることもあるので、弱め(SPF30以内・PA++以内が目安)のものにしておくと良いと思います。

体力をつけること

アレルギーの項にも書いたように、体力をつけることは、体や肌の機能を元気づけるために必要なタスクとなります。食事をバランスよくしっかり摂り、しっかり眠り、体を動かしましょう。代謝と血行の促進に繋がります。運動は屋内でも構いません。スポーツとかでなくても良いので、動くようにすると良いでしょう。

敏感肌ケアをすること

敏感肌には、保湿ケアは非常に重要です。しかし、実はそれだけでは敏感肌のケアが完璧とは言えないのですね。なぜかというと、ただの乾燥肌と違って、

  • 乾燥しやすい状態に陥っている
  • 老けやすい・肌荒れしやすい状態に陥っている

からです。なぜそうなってしまうのかというと、肌機能が不安定になってしまっているからです。細かい傷や炎症の後に細胞が綺麗に再生できなかったり、皮脂バリアがうまくいかなかったりするのです。この繰り返しにより、老化の進行も早まり、肌荒れも一向に良くならないのです。

時が経てば自然に回復することもありますが、加齢や体力減退によって、なかなかうまく回復しない場合もあります。そのため、敏感肌用のケアを行うことが大切になってきます。つまり、敏感肌特有のゆらぎや不安定さにアプローチしてくれて、肌を整えるケアです。

このケアは、特に老化が気になる方や、慢性的に乾燥肌になってしまっている方にも良いです。なぜなら、季節の変わり目のみならず、人間は老化をすれば誰もが肌機能が後退してしていってしまうからです。

この敏感肌のケアは、先ほどの“体力をつける”というのも含みます。素晴らしい化粧品等でスキンケアをやるのも大事ですが、あなたの肌を作っているのは体そのものです。体の内側から肌をケアするという点も、忘れないようにしていくと良いでしょう。

気にしすぎは逆効果かもしれません

花粉が気になるとき、あらゆる対策を練るのは大切な事です。実際に検索をかけてあらゆるサイトを調べてみると、事細かに親切に解説してあるサイトがたくさん出てきます。ありとあらゆる情報が取り出せて、非常に便利な時代ですよね。

ただ、あれもこれも・・・と気にして、実際に全部できるのかと言われたら、あなたはいかがですか?・・・よほどの根気の良い方でないと、なかなか難しいですよね。

私は甘っちょろいタイプなので、最初から全部を網羅しようとすることを放棄しております。やれファンデーションはパウダータイプだの、やれ必要な栄養素はコレとコレとコレだの、細かいところまですべてを忠実に再現するのは、私には無理なのです。ストレスが溜まって、かえって肌荒れが酷くなりそうです。

そのため私は、重要度の高いものを優先し、後の個人差が出やすい部分は余裕があったらやるという形でいけば良いと考えております。何が重要度が高いか?といえば、それは今回お伝えした内容で言えば、

  • 好き嫌いせず、きちんと食事を摂る。
  • 夜更かしせずに、きちんと眠る。
  • 保湿ケアと敏感肌ケアを忘れない。
  • 外出時はマスクを着用し、部屋には空気清浄機を(あれば)。
  • しっかりと体を動かす。

この5点となります。いかがですか?
こうやってまとめてみると、案外いけそうな気がしませんか?

まずは以上の5点をしっかりととり行うことで様子を見ましょう。もしそれでうまく対策できていると実感できればOKです。もし「足りないな」と思った場合は、次の対策を講じてみてくださいね。

対策+α

  • 油分の少ないリキッドファンデーションを使う。
     :肌にベッタリと乗るため、乾燥や刺激から守れる。油分が少なく落としやすいものが望ましい。
  • 逆にパウダータイプも試す価値あり。
     :リキッドが合わなければ、パウダータイプのほうが良いことも。
  • 帰宅後はすぐに洗顔・クレンジングをする。
     :花粉の付着やメイクをぬるま湯でオフ。洗顔料は保湿成分入りで低刺激性のものを。
  • 湿めったタオルを持参し、都度顔に当てる。
     :付着した花粉を拭き取るためのタスク。こすらないように。
  • 花粉対策用ゴーグルを用いる。
     :特に目の周りの肌荒れが酷いなら。

多くなりすぎても把握しづらくなってしまうので、とりあえずは以上を+αとして掲げておこうと思います。

気になったらお医者さんへ

何はともあれ、症状が気になるときはお医者さんにかかることが大切です。肌荒れを予防したり改善したりできる薬を処方してくれるかもしれません。

悩んでいても埒が明かないので、「この花粉症、どうにかならないかな」とか「肌荒れを治したいな」というときは、問答無用で皮膚科や内科、耳鼻科等にかかられることをおすすめします。

花粉の季節に良いおすすめ化粧品2種類

最後に、私なりの視点でおすすめの化粧品をご紹介したいと思います。必ずしも万人の肌に合うとは限りませんが、敏感肌の保湿ケアに使えるアイテムです。花粉の時期に使ってみると良いでしょう(もちろん そうでない季節にもOKです)。

decencia ayanasu(ディセンシア アヤナス)

私がまずおすすめするのは、敏感肌専門ブランドdecencia(ディセンシア)から出ている「ayanasu(アヤナス)」という化粧品です。えんじ色を基調としたきれいなパッケージが特徴的で、化粧水、美容液、クリームがあります。

この化粧品には独自の技術が用いられており、敏感肌特有のゆらぎや不安定な肌を整えるケアを行うことができます。もちろん、肌に優しい処方となっています。

3点揃ったトライアルセットで試されるのが良いかと思います。
ただ、クリームには花粉が付着しやすいと思うので、薄く塗るとか帰宅後にすぐにオフするなどしましょう。必要以上にクリームは塗らないようにするのが良いですね。でも、敏感肌のスキンケアには非常に心強いアイテムかと思います。

公式通販サイトはこちら
【肌荒れ訴求】アヤナストライアルセット

ドクターリセラ 透輝の滴

次はドクターリセラの「透輝の滴」です。これは高級感のある青いパッケージが特徴的ですね。洗顔料、クレンジング料、化粧水、日焼け止め、そして美容液の5点のスタートセットが魅力的かと思います。

肌に優しい処方で、EGF、IGF、FGFなどといった成分(グロースファクター、グロースファクター様成分)が入っており、肌を整えるスキンケアを施します。

こちらにはクリームはついておらず、代わりに洗顔料とクレンジング料、日焼け止めが付いていますね。日が長くなってきた 花粉の時期にもおすすめな化粧品のひとつなのではないかと思います。

公式通販サイトはこちら
透輝の滴(とうきのしずく)

今回は以上となります。
楽しくスキンケアしながら、花粉とうまく付き合っていきましょう♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ