顔が痛いのはなぜ?原因を究明し、今日からでも対策を!

顔がヒリヒリ痛んだりズキズキするときは、何かいけないトラブルが起きている可能性があります。なので、今日からすぐにでも、対策を講じてみたいものです。

でも、原因がハッキリしなければ、手の打ちようがないですよね。というわけでこの記事では、顔がヒリヒリするときの原因と、それにふさわしい対策をお伝えします。

ただ、あくまで、医学的なお話ではなくて簡易的なアドバイス的な内容になります。もっと詳しいことは、専門家に直接お聞きになると良いかと思います。ご了承くださいませ。

あと、当ブログはスキンケアブログなので、その視点からもお話をしていきたいと思います。

色々ある!その痛みの原因と対策

原因といっても、ひとつとは限りません。痛みの種類や度合いによっても様々だし、いくら同じような痛みでも、原因が異なっていることもあります。

以下に挙げるのは、考えられる原因・対策です。あなた様がどれに当てはまるかは断言できませんが、疑いの目でもって、怪しいところから目をつけていかれると良いと思います。

空気乾燥や日光などの外的刺激

一番起こりうるものとしては、やはり外的な刺激。特に敏感肌の方だと、ちょっとの空気乾燥や気候変化、そして日光や花粉などによって、顔がヒリヒリと痛むことがあります。

その理由は、肌で微炎症が起きるからです。場合によっては赤みとなったり、逆にかゆみだけで収まる場合もあります。

対策はもちろん、保水・保湿などの基本的なスキンケアとあわせて、敏感肌スキンケアをすることです。スキンケアをしたからといって治るとは断言できませんが、肌を守り、整えてあげることが重要です。

そのためのアイテムの一例に、ディセンシアの「アヤナス」というものがあります。セラミドナノスフィアによる保湿や特許技術ヴァイタサイクルヴェールによる保護が可能です。ぜひ検討なさってみては・・・。

⇒ アヤナスの公式通販サイトはこちら

とにかく肌をいたわり、ガードすること。それが大切です。メイクも軽めにしたいところですね。また、日焼けをして程度が甚だしいなら、タオルで包んだ氷で冷やしたり、皮膚科に通ったりすることをおすすめします。

ニキビ

一部分だけがヒンヒンと痛みを発している場合、これからニキビが出てくる可能性があります。ニキビは無理に取り除いてはいけないので、完全に乾燥してポロッと取れるレベルになるまで、我慢です。

ではニキビがなぜできるか?というのが気になると思いますが、それもまた色々。敏感肌であったり、皮脂が多かったり、隠れ乾燥肌だったり、清浄になっていなかったり・・・と、ニキビの要因は様々です。

大事なのは、皮膚を清浄に保ち、スキンケアを怠らず、また生活習慣を改善することです。それでもできてしまうことはあるので、ある意味仕方がないと言えば、そうなのかもしれませんね。

間違ったスキンケア

顔を洗うときにゴシゴシとこすっていたり、化粧水などをつけるときに必要以上にこすると、肌が傷んでしまいます。その行為が続くと、痛みが出てくることがあります。ピーリングのしすぎも原因になったりします。

これらも、外的刺激のうちのひとつと捉えられ、肌に細かい傷が付いていたり微炎症が生じたりしているのです。

まずはスキンケアをやり方を見直し、肌に優しい方法を求める必要があります。

また、使っているスキンケアアイテムやシャンプーなどが肌に合わず、刺激となっていることもあるでしょう。そういうときは、ただちに疑わしい物を使うのをやめて、肌に合いそうなものを探してみましょう。

病気や怪我

顔の痛みは、肌のトラブルが原因とは限りません。ヒリヒリ感はもとより、ヒンヒンと鈍痛がしたりチクチクしたりするなら、神経的な病気や皮膚の病気である可能性もあります。

そういう疑いがあるなら、スキンケア云々を考えるより、まずは先に病院に行かれることをおすすめします。神経科、皮膚科あたりにかかられると良いでしょう。

体調不良や頭痛・鼻炎などが原因となっていることもあるので、その場合は耳鼻咽喉科や内科となります。

あと、当然ですが、怪我をしていれば痛みが走りますね。眠っている間に、知らないうちに怪我をしたり打撲したりすることも稀にあるようですよ。

いずれにしても、とりあえず顔には刺激を与えないよう、気を付けましょう。洗顔時もぬるま湯で優しく洗っていきます。

虫歯・親不知

当然ですが、虫歯が進行してしまっていると、ギンギンズキズキ痛むことがあります。最初は鈍痛から始まると思うので、少しでも「おや?」と思ったら、すぐに歯科に通うのが理想ですね。

また、比較的若い方だと、親不知(おやしらず)も原因だったりします。これも徐々に痛みが増してくるはずなので、口内を観察して「あ、これは!」と思ったら、歯科で相談されると良いかなと思います。

いずれにしても歯が原因のときは、スキンケアはいつも通りなさればOKでしょう。

原因が分からなかったらどうしたら良い?

以上にて、簡単に原因と対策をお伝えしましたが、どうしても原因を特定できないときがありますよね。では、そんなときにどうしたら良いのでしょう?

答えは簡単です。

もしあまりに痛みが酷いなら、とにかく何科でも良いので病院へ行くことですね。まずは内科が良いかもしれません。たとえ見当違いであっても、きちんと指南してくれると思います。

もし軽い痛みであれば、しばらく(半月くらい)様子を見てみると良いでしょう。それで引けばラッキー。引かなかったら病院へGO!という形をとれば良いと思います。

何はともあれ、痛みの原因が分かるまでは、自己判断で何か治療しようとしないことです。自分でやるべきことは、とりあえず肌をいたわり、ダメージを極力与えないことです。原因が分かったら、はじめてそれに応じた方法を実行していきましょう。

 

・・・以上、顔が痛いときの原因や対策についてお伝えしましたが、何かしら参考になったのでしたら幸いに思います。最初は軽いかゆみから始まることもあるかもしれないので、とにかく異変を感じたら、何か原因を疑ってみましょう。

たったの蚊のような虫に刺されただけでも、かゆみを通り越して痛みとなることもあるようですよ。それを言ってしまうと、原因として考えられる事はもっとたくさんありそうですね。

一刻も早く、その痛みが解消されることをお祈りいたします。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ