おいしいアイスクリームで肌美容を阻害しないように・・・

アイスクリームは、とても美味しいですよね。うだるように暑い日に、バテバテになりながらパクッといくと、ひんやりして体も心もクールダウン♪これほどまでに美味しい食べ物を発明したのは、いったいどこの誰なのでしょうね!?

しかし、そんなアイスクリームにも難点が何点かあります(← 涼しくなりました??ゴメンナサイ 笑)。

アイスクリームで最も気になる点は、胃を冷やし、消化不良になってしまうところです。また、脂質量も多かったりするので、それが胃腸を刺激することもあります。

この記事では、アイスクリームが招くであろう肌美容の阻害についてお伝えします。胃腸があまり強くない方や敏感肌の方は、特に参考になさってみてくださいね。

アイスクリームで、なぜ肌美容を阻害するのか 

繰り返しになりますが、アイスクリームは胃を冷やし、脂分が胃腸を刺激したりします。では、なぜこれが肌美容の阻害になるのか、順にお伝えしましょう。

胃を冷やして消化不良になると・・・

胃を冷やすと、胃の血行が悪くなって消化不良に陥ります。消化不良に陥るということは、食べ物が完全に消化されずに腸のほうへ送り込まれていきます。

腸は、食べ物からの栄養などを吸収するところ。しかし、消化しきれていな食べ物は固く、栄養がしっかり吸収できないばかりか、腸に負担になります。エンジン回転ばかりが上がり、速く走れない車みたいなものですね。

腸は第2の脳とも言われている通り、腸の環境や健康状態は体全体に影響が及びます。老廃物の排除がうまくできずに便秘が生じると、肌が荒れると言いますよね。ツヤがなくなったりキメが悪くなったりもします。

また、単純に、栄養吸収が足りず、肌に行き渡る栄養が十分でなくなってしまうこともあります。特に下痢になってしまうと、水分まで抜けて、体に悪影響。当然、肌にもその余波が来るわけです。

脂質の摂りすぎると・・・

氷菓は別ですが、多くのアイスクリームにはたくさんの脂肪分が含まれていて、これらが胃腸に悪さをします。

まあ、摂りすぎなければまず大丈夫ですが、日頃から脂っこいものやお菓子を食べる習慣のある方は、アイスクリームをあまりバクバク食べないようにしましょう。

脂質は、摂りすぎると胃腸の働きが弱ってしまいます。最近、胃腸の弱い若者が増えているといった話をよく聞きますが、食の欧米化も少なからず影響しているでしょう。

胃腸が弱ると、先ほどの理屈と同様に、体の代謝能力が落ちてしまいます。その結果、体に不調が現れやすくなったり、肌が荒れてしまったりするのです。

砂糖の摂りすぎも美容に良くない

砂糖を摂りすぎると、太ったり糖尿病にかかるリスクが高まったりします。が、肌の美容の観点でも、あまり良い結果は望めません。

詳しくは別記事「砂糖断ちに肌老化を遅らせる効果はあるのか?」に書いてありますが、砂糖は体の老化を招いてしまう、大きな原因になるのです。

もちろん、全く摂らないというのも体に良くないですが、日頃から甘い物ばかり食べている人は、ぜひとも気を付けてください。アイスクリームにも、砂糖がたっぷりと使われていますよ。

肌美容を考えた、アイスクリームの選び方や食し方

アイスクリームは、賢く選びましょう。糖分に関しては致し方が無いと思うので、なるべく脂質の少ないものを選んだりすることをおすすめします。逆に、脂質の多いものを食べたら、その他の食べ物の脂質量を減らすとか、工夫が必要です。

一日あたりの脂質量を気にしてみよう

脂質をたくさん摂ると、肌の潤いが増すって本当??」の記事に書いたように、脂質量は、一日に必要なエネルギーの20~25%くらいが良いと言われています。成人男性で言えば、約450kcal=約50gの脂質量が必要です。

成人女性の場合はもう少し少なくなるし、運動量が少ない方ほど、必要量は下がります。

とある販売社の、皆が知っている有名なカップアイス(ラクトアイス)は、脂質が23.1gです。女性の多くは、これを2つ食べたら、もう一日の脂質許容量を超えてしまいますね。男性でもギリギリです。

まあ、夏はエネルギーの消費量が多いので、多少必要量は上がると思いますが、脂の多い焼肉とかが美味しい季節でもあります。アイスクリームを食べる際は、一日の脂質量、ぜひお見計らいくださいませ。

また、アイスクリームに使われている脂は、モノによってはトランス脂肪酸などが使われている(質が良くない)ので、余裕があるなら調べてみるのも良いかなと思います。

ちなみに、別販売社のアイスは、脂質0gです。なぜなら氷菓だからです。アイスクリームと一口に言っても、氷菓なら大丈夫ですね。まあ、頭がキーンとなるので私はあまり好きではありませんが(^^;)

アイスクリームは、温かい飲み物とともに・・・

アイスクリームでお腹を冷やしてしまう、その現実から逃れることはできません。が、少しでも和らげるために、コーヒーやお茶とともに召し上がるのが良かろうと思います。

アイスクリームを口に入れたと同時に、そのあたたかい飲み物で溶かしていくイメージです。

「せっかくのクールダウンが台無しじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが、それはそれ、これはこれです。肌美容や胃腸のことを考えた場合は、クールダウンはあまり好ましいとは言えないのです。

熱中症のときに冷たいアイスクリームが美味しく感じるときもありますが、そういう場合は、少しだけ冷たくした(常温に近い)水やドリンクを飲むほうが良いでしょう。

ちなみに、脂肪分の多いアイスクリーム()と、ほぼ水分の かき氷とでは、どちらが温度が高いと思いますか?

・・・きっと多くの方が かき氷って答えるでしょう。でも、実は・・・。是非、温度計を使って計ってみてくださいね♪また、その理由も考えてみてください。宿題ですよ!(笑)

アイスクリームとは上手に付き合いましょう

今回はアイスクリームと肌美容の関係をお伝えしてまいりました。いかがでしたでしょうか?

アイスクリームは、きっと多くの方が断食できないと思います。だから、上手に付き合っていけば良いのです。「今日はたくさん食べちゃったな」・・・なら、食事をアッサリ系にしたり、運動をしたりすれば良いでしょう。

美肌は、スキンケアだけではどうにもなりません。日々の食生活をきちんと心がけてこそ、体の内部から美しく仕立てていくことができると思います。老化も気になりますが、良質な生活は、その老化を抑えてくれるのですよ。

というわけで、次回来るまでに宿題忘れないように!!(笑)


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ