表情筋のエクササイズは、何気ない生活の中でできる!

日々、肌を少しでもきれいに見せたくて、皆さんはスキンケアを頑張っているかと思います。保水に保湿に、そしてエイジングケアに。肌に良い食べ物や飲み物は何だろう?というのも気になったりしますよね。

でも、日頃、表情筋をしっかり動かすことは意識されていますか?

表情筋は、顔の表情を司る筋肉。これを積極的に動かすことで、血行が良くなるし、肌のハリだって生まれてくるかもしれません。つまり、表情筋トレーニングは、スキンケアの一種と捉えて差し支えないと思います。

というわけで、この記事では、何気ない生活の中でできる表情筋エクササイズについてお伝えします。

3日坊主でも続けられそうな方法です!

エクササイズと聞くと、毎日決まったメニューでトレーニングしていかないといけないという義務感が生じますよね。それを考えると、なんだか面倒に感じることでしょう。3日坊主の人は特に、続きやしません。

そのため、ここでは、堅苦しいエクササイズはご紹介しません。先述したように、何気ない生活の中でできる表情筋エクササイズなので、思い付いたときに・・・というか、自然と生活に溶け込ませていけるエクササイズをご紹介しますね。

よく噛んで食べましょう!

「それってエクササイズといえないでしょ!」というツッコミは無しでお願いしたいですが(^^;)、まずは、よく噛んで食べるエクササイズです。

現代人って、アゴの細い人が増えてきたと言われています。というのも、昔に比べて食べ物が柔らかくなってきたからなんですって!つまり、噛む回数が減ったため、アゴの重要性が低下してきているそうなのです。

ということは、口周りの筋肉を使う回数が減っているということ。そして、口周りの筋肉は表情筋の動きとも大いにリンクしているので、表情筋力の低下にもつながってしまいます。

だから、よく噛んで食べて、しっかりと筋肉を使いましょう。なお、家族と会話をしながら、笑い溢れる食卓を囲むことも重要ですね。表情を豊かにすれば、表情筋だって自然に使えるのですから。

口をしっかり動かして喋りましょう!

口を小さくして喋る上、滑舌も悪い人がいます。あなたはどうでしょうか?ボソボソと喋ったり、相手から「もう一回言って」と返答された経験はありませんか?

口周りの筋肉をはじめ、舌や発声器官の筋肉なども、全部表情筋との関わり合いがあります。ですから、しっかり口を動かしたり息を前へ流しながら喋ることで、滑舌の良いハッキリとした言葉を発することができるようになります。

そうすることで、今までしっかり使えていなかった筋肉を使うことになるので、表情筋のトレーニングになるわけです。

元々声が小さい人も、このトレーニングで声が改善される可能性は大いにありますよ♪

変顔をしましょう!

どこでも良いです。とにかく、変顔をしてみることです。

え?恥ずかしい?・・・そ、そうですよね普通(^^;)日頃無表情である人ほど、変顔をするのはなかなか勇気がいるのかもしれません。

でも、車中、トイレの中、部屋でひとりで過ごしているときなど、変顔をしても恥ずかしくならない環境はたくさんあることでしょう。そういうところで、ぜひ積極的にやってみてください。

公衆の面前でも、できないことはないです。あまりに変な顔をするのはいけませんが、口をすぼめたり口角を上げたり、眉毛を上げたり舌をグルグルしたり・・・と、やれることはたくさんあります。

どうしても恥ずかしいうちは、一部分を動かすレベルから始めて、徐々に大袈裟な変顔に変えていきましょう。梅干し顔とか、ワーッという感じでパーツひとつひとつが広がった顔をするのも、なかなか楽しいですよ^^

鏡の中の自分に語りかけよう!

はたから見ているとちょっと気持ちが悪い可能性もありますが、私がおすすめしているのは、鏡の中の自分と会話のキャッチボールをすることです。

もちろん、友達とか家族とかと頻繁に会話するのも良いですが、相手の都合というものもあります。場所や時を構わず常に相手になってくれるのは、紛れもなく自分。そう、鏡に映った自分です。

鏡に映った自分に、何でも良いから語りかけてみましょう。

「あんたって、なんでそんなに鼻が低いのさ」とか「でも目はパッチリしてキレイだね♪」とか「今から何して遊ぶ?・・・って、お前なんかと構ってられっかバーカ!」「もう、仕方ないなあ。ちょっとだけだよ?」とか、本当何でもOKです。

とにかく、攻撃的になっても良いので、積極的に鏡の自分に話しかけてみましょう。ただ、あまりやりすぎると寂しい気持ちになってきてしまうと思うので、化粧品のスキンケアの時間帯にでもやってみてはどうでしょうか?^^

以上を、毎日意識して過ごしてみてください

以上でご紹介したのが、私流の表情筋エクササイズです。「馬鹿馬鹿しい!やってられないよ」と思った方は、別にそれで良いでしょう。でも、続けたら続けただけ、何かしらの成果は現れてくるはずです。

表情筋を鍛える専門的なトレーニングではありませんが、私は、「とにかく楽しく続けられる!」「とにかく負担なく楽に!」という点を考えてご紹介いたしました。

ご紹介した方法をやれば、100%表情筋を鍛えられる!!と豪語することは避けておきますが、なかなか良い感じに使えるようになるかと思いますよ。表情筋のみならず、不思議と心の緊張もほぐれてくるかもしれません。

人間って、表情豊かに生きるようになると、自然と前向きな考え方になるし、幸運も付いてくると思います。ぜひ、毎日、この記事でご紹介したエクササイズを意識なさってみてくださいね。

あと当然ですが、化粧品等によるスキンケアや、食生活や睡眠、運動といった生活改善も、美しい肌を目指す上では大切なことです。幅広い視点で美容の対策をしていくことで、結果もそれだけ現れやすくなるでしょう。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ