春の肌荒れ対策と、おすすめな保湿化粧水の選び方

春の肌荒れにおすすめの化粧水

春は、冬にもまして肌が荒れやすい時期かもしれません。

それには理由があります。

  • 春の始め頃(3月くらい):空気がまだまだ乾燥している
  • 春の中頃から:紫外線の量が増す
  • 春の終盤:気温の上昇による皮脂・汗

そして春といえば、「花粉」や「黄砂」による影響も受けやすいものです。

春にはさまざまな肌荒れ要因がひそんでいますので、的確に対策を練る必要があるのです。

今回は、

  • 春の肌荒れ対策
  • 春におすすめな保湿化粧品の選び方

の2点について述べていきます。

春の肌荒れ対策!主な4つ

春に心がけておきたい主な肌荒れ対策は、以下の4つです。

  • 花粉や黄砂を防ぐ!
  • 日焼け対策を早めにする!
  • メンタルトレーニングをする!
  • 気候が変わっても保湿をしっかり継続する!

これら以外にも、探せばたくさんの対策があります。
しかし全部あげるとなればキリがありません。

春には上の4つを強化してみると良いでしょう。

花粉や黄砂を防ぐ!

花粉対策

ご存知のとおり、春は花粉や黄砂がすさまじいものです。
どこかの塔にのぼって遠くを見ると、白く霞がかかっていることがありますよね。

花粉や黄砂が肌に付着すると、

  • アレルギー性の炎症
  • 接触性皮膚炎

を引き起こしてしまうことがあります。

炎症が生じたときは、化粧品などでは対処できないので、皮膚科専門医に診てもらい、適切な治療を受ける必要があります。

ですが、みずから花粉などを防いだり、免疫を高めたりしてアレルギー症状を緩和・予防することも大切ですね。

日焼け対策を早めにする!

紫外線量は3月から4月頃に急激に多くなります
特に、肌を黒くする UV-A という紫外線は、5月頃がピークです。

紫外線もくすみや老化の原因になるので、肌荒れ対策をする上では日焼け防止も命ですね。

メンタルトレーニングをする!

春は新生活に突入する人も多いと思います。

そこで付きまとうのが、メンタルヘルス不調
生活パターンの変化、新しい仕事や責任、そして人間関係のストレスなどが生じやすい頃。

ストレスが溜まると免疫が低下して肌荒れも起こしやすくなるので、なるべく解消しておきたいところ。

メンタルヘルス不調を解消する本などが書店にたくさん置いてあるので、ぜひ実践してみると良いでしょう!

気候が変わっても保湿をしっかり継続する!

暖かくなってきたり湿度が高くなってくると、ちょっと気が緩んでしまい、保湿ケアを適当にしてしまうことがあります。

でもそれは肌にとって良くないので、冬に引き続き、しっかりと保湿ケアをしていく必要があります。

  • クレンジング・洗顔で花粉や汚れを洗い流す
  • すぐに化粧水や美容液でうるおいをしっかり与える
  • 乳液やクリームなど、油分の多いものを少量使ってフタをする

この基本的な流れが大切です。

ただ、気温が高くなってくると、油分がうっとうしいのもまた事実。
春からは軽い付け心地のさっぱり系化粧品を使うのも賢明な方法かと思います。

その他

ほかにも、肌荒れを防ぐ方法があります。

  • 運動を心がけてめぐりを良くする
  • 栄養バランスを考えて食事する
  • 睡眠を十分にとる
  • 正しい方法でスキンケアをする

などです。
詳しくは割愛しますが、春に限らず、どれも年中大切なことばかりですね。

おすすめな保湿化粧水の選び方

化粧水の選び方

春といっても、他の季節と比べたとき、保湿化粧水の選び方にそこまで大差はありません。

一番大切になってくるのは、やっぱり保湿効果です。
どんなに使い心地が良くても、

  • 角層すみずみまでの浸透力
  • 水分を角層にたくわえ、肌みずからがそれを保つ力(水分保持能

がないことには意味がありません。

水分保持能は、肌みずからがうるおいを逃がさない力

「水分保持能」とは、単なるうるおいのことではなく、与えられた水分を逃がさないようグッと抱え込む力と考えれば分かりやすいと思います。

保湿ケアをして時間がさほど経っていないのに乾燥してしまう場合は、その水分保持能が低下しているかもしれません。

当然、肌が無防備な状態になってしまうので、刺激も受けやすく、また花粉や気候変化による肌荒れも生じやすくなります。
早急にケアに力を入れ、水分保持能を高める必要があるといえます。

軽い使用感も大切

次に大切なのが、使用感でしょうか。

もちろん個人個人で好みは違うので、一概には言えません。
が、春から夏にかけてはだんだん湿度も気温も高くなってくるので、割とさっぱりめな化粧品が良いかなと個人的には思います。

ヤル気を持続させ、気持ち良くケアをしていくためにも、季節に合った使用感の化粧品を使う
これぞ、スキンケアを末永く楽しむ秘訣ともいえるでしょう。

私が選ぶ保湿化粧品はこれ!

今回お伝えした、

  • 水分保持能
  • 軽い使い心地

の2点をクリアしている保湿化粧品があります。

この化粧品は、春の乾燥肌、肌荒れ、そして夏にもおすすめできるコスメだと思います。

化粧水や美容液、クリームなどがそろっていますが、次の特徴があります。

  • 化粧水
     :さっぱりとしていて、スポーツドリンクのようにぐんぐん角層に浸透
  • 改善エッセンス(美容液) 
     :厚生労働省認可のライスパワーNo.11というエキスが「水分保持能」を改善
  • クリーム
     :割と軽い付け心地なのに、しっかり肌をガード

単純に、これらを朝・晩丁寧に使い込むことで、春の保湿ケアは完了です。
肌がもっちりしてからだと、メイクもうんとしやすくなります。

その保湿化粧品は、ずばり下記です。
至って派手なものではないですが、効果を重視するならおすすめです。

⇒ コーセー 米肌

春の対策は、夏にも影響する

春にきちんと対策をすれば、その良い影響は夏にも及んでいきます。
つまり、たとえ夏に紫外線などのダメージを受けても、そこまで深刻にはなりにくく、肌が耐えてくれるのです。

そして夏の対策は、秋、そして冬へと恩恵をもたらしていきます。

逆にいえば、春の対策を怠ると、不安定な状態なまま夏に突入します。
するとダメージを受けやすくなり、そのまま秋や冬へ・・・。

そうなると、今度の春にはまたもや肌荒れや敏感肌で悩まなければならなくなります。

むすび

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきますね。

  • 花粉や黄砂を防ぐ!
  • 日焼け対策を早めにする!
  • メンタルトレーニングをする!
  • 気候が変わっても保湿をしっかり継続する!
  • 荒れやすい人や乾燥しやすい人は、水分保持能を改善することが大事!
  • 保湿効果はもちろん、付け心地の良い保湿化粧品がおすすめ!

そして、今回ご紹介した保湿化粧品は、コーセープロビジョンの「米肌」でした。

公式サイト
⇒ コーセー 米肌

うまく好循環に持っていって、すこやかなスキンケアライフを送りたいものですね♪
思い立ったが吉日です。今日から早速始めてみましょう!


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ