鼻のジワジワ脂(油)は、洗顔を何度しても解決できないヨ!

鼻からジワジワと脂(油)が出てくると、ピカピカ光って夜道も明るい!・・・な~んて、赤鼻のトナカイのお話のようにはいきませんよね。気持ち悪いし、触るだけで指もギトギト!油まみれの換気扇みたいです。

では、そういった脂鼻は、いったいどうすれば解決できるのでしょうか?

答えはシンプル!顔をしっかり洗おうよ!・・・と言いたいところですが、実は意外に厄介。とりあえず順番に見ていきましょう。

洗顔で鼻の脂は落ちる!でも、解決にはならない

鼻がテカテカしているときに洗顔すると、とても気持ちがいいですよね。洗顔料の泡をキメ細やかにしっかり立てて、優しく洗い流す。すると、キレイサッパリ!脂が落ちます。一件落着です。

しかし、またしばらくするとジワジワと脂が出てきます。だからまた洗顔します。するとやっぱり脂が落ちて、不味そうなサーモンのようになります(←ならねーよ!笑) とにかく一件落着です。

でもまた脂が出てきました。アブラギッシュです!だからまたまた洗顔します・・・。

・・・ほんと、こんなことをやっていたらキリがないですよね。それに、何度も洗顔することによって肌が傷むし、第一そんな時間、誰にもありませんワ。

よって、洗顔では解決できません。

油取り紙は?

まあ、ちょっとくらいならOKでしょう。しかしこれも根本的な解決にはなりません。しかも、やりすぎると摩擦によって鼻が傷んでしまいます。

そもそも、ジワジワ脂の原因とは?

ここで原因に着目してみることにしましょう。なぜ鼻に限ってジワジワと脂が出てくるのか?です。

答えは簡単。

  • 鼻だけが、あなたの愛情を受けていないから!

です。ちょっと回りくどい言い方をしてしまいましたが、要するに、鼻の肌にトラブルが発生していて、その対処ができていないか間違っているんです。具体的には、

  • 水分不足!!
  • 負担がかかったスキンケアをしている!!

という点が大きいでしょう。

水分が不足すると、肌は潤そうとしてたくさんの皮脂を分泌します。また、間違ったスキンケアで肌機能が狂ったり乾燥肌や敏感肌になると、皮脂がブワ~っと出てくる原因になります。

そういえば「油物を多く食べるとか生活の質が悪くなっている」というのも脂性肌の原因として考えられますが、鼻だけがテカテカしてしまっているということは、そういう全体的な事よりも、鼻に限った水分不足や誤ったスキンケアの可能性が大きいのです。

しっかりと鼻の保水・保湿をしていますか?

ある日、保湿化粧品とか使っているとき、あることに気が付きました。化粧品の取扱説明書には、目・口の周りや頬を保湿しましょうとはよく書いてありますが、鼻に関してはあまり触れられていないなあ・・・と。

ですよね!?あなた様も同感ですか?・・・え?私が使ってきた化粧品に限ってそうなっていただけ?(^^;)

とにかく、鼻に関しての保水・保湿は、しわができやすい部分に比べてないがしろにされやすいと思います。ですから、一度しっかりと鼻に水分を与えてみてください。惜しみなく化粧品を使いましょう♪

鼻をいじりすぎていませんか?

角栓や黒ずみが気になると、どうしてもそれを取り除こうと頑張る傾向にあるでしょう。あまり意識していなくても、洗顔のときに不意に力が入ってしまったりするものです。

また、鼻をつまむ癖はないですか?ギュッとつまむと脂がジュワっと出ておもしろ・・・くねーよ!!

そういえば私の同級生の男性に、いつも鼻を手のひらでグリグリと潰すように回す人がいますよ。彼ほど酷くないにせよ、触る癖があるのであればそれは要注意です。あまりいじりすぎると、当然肌は傷んでしまいます。

ピーリングをしすぎていませんか?

ピーリングのしすぎも鼻を傷める要因になりますね。毛穴の汚れが気になる気持ちは痛いほど分かります。でも、ピーリングの回数は週に1回くらいで十分です。それでも間に合っているくらいなら、もっと減らしてOKでしょう。

潤いは大事!でも化粧品の油っぽさが気になりませんか?

先ほど、保水や保湿が大切だというお話をしました。

でも、化粧水ならまだしも乳液とかクリームって油っぽいですよね。テカテカ光っている鼻に使うにはちょっと忍びないかと思います。冬場なら良いのですが、夏場は暑さのせいで皮脂分泌量も多く、なおさら不快です。

だったら、乳液やクリームは使わなくてもOKです!と言いたいところですが、いえ、使いましょう!というか、使ったほうが良いです。

オイリーな化粧品は肌上で酸化するから良くない!といった声もありますが、それを鑑みても、肌を保湿により保護することによるメリットのほうが大きいのです。

肌の水分というのは、鼻に限らず簡単に逃げていきます。ですから、乳液やクリームなどといった油っぽいもので蓋をしてあげ、水分を逃がさないようにする必要があるのです。そうしないと、ますます皮脂に悩まされてしまいます。

是非、勇気を出して濃厚な化粧品も使ってみてくださいね。鼻だけでも良いので!

おすすめの化粧品

「でもやっぱりクリームとかは抵抗があるなあ」と思っている方は少なくないでしょう。そこで、そういう方におすすめの化粧品を2つご紹介したいと思います。ほぼ好みで選んでいただいて差し支えないでしょう。

ディセンシア「アヤナス」

ディセンシアの「アヤナス」はシットリ系で、しっかりとした保湿ケアと保護ケアができます。

そもそも、ディセンシアは敏感肌向けのブランド。肌の機能がゆらいでハリが無くなりやすいエイジング世代のスキンケアにピッタリのアイテムだと思います。

元々脂性肌の人にはおすすめしない化粧品ですが、今回のケースのような、水分不足などによるアブラギッシュ(つまり、エイジング世代によく見られる隠れ乾燥肌)には、むしろ適しているのでは?と思います。洗顔後、皮脂が湧いてくる前に早めに使ってみてはどうでしょう♪

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【たるみ毛穴訴求】アヤナストライアルセット

日本盛「米ぬか美人」

日本盛の「米ぬか美人」も、シットリ系。付け心地も軽く苦になりません。無香料ですが、米由来の上品な香りがほのかに香り、これがなかなかクセになりそうです。

天然素材だけで作られた自然派コスメで、しっかりと肌を潤し、肌荒れも防いでくれます。

「米ぬか美人」の目玉といえば、問答無用で米ぬかエキス。日本人ならでは!の化粧品ともいえますね。米ぬかエキスには、ビタミンB・Eやミネラルが含まれています。

米ぬか美人の公式通販サイトはこちら
NS-Kうるおいシリーズ

・・・以上、鼻の脂の悩みの解決策について提示してみましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん、途中でチラッとお話した生活改善だったり油物を控えるといった対策も、少なからず功を奏すのではないか?と思います。是非、ストレスにならない程度にやってみてくださいね^^

なんといっても、保水・保湿。そして負担をかけないスキンケア。これを遵守するようにしましょう♪ 

 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ