肌を強くする方法って?まずは効率良いケアと毎日の心がけを

「どうやって肌を強くしたら良いのだろう?」

と思ったことはないですか?私は何度もあります。

冬は、肌が乾燥します。カサカサになってチクチクすることもあります。もう少し肌が強ければ、こんな不快感も減るのだろうなあと思ったり・・・。

夏には紫外線。春には花粉や黄砂。ありとあらゆる刺激を受けて、肌がかゆくなったり赤っぽくなったりもしますね。

人によって程度の差こそあれ、悩んでいる方は少なくないでしょう。

弱った肌だと、なかなか整いづらく、刺激を受けてはまた受けて・・・を繰り返します。それを俗に「敏感肌」といったりしますね。

でも、敏感肌だからといって気を落とす必要はないとも思います。

なぜなら、それ相応のスキンケアを続けて、生活習慣も改善していけば、結果的に肌が強くなる可能性があるからです。たしかに面倒ではありますが、「やれば良い!」というわけです。

ただ、ひとつ踏まえておかなければならないことも。

それは、老化によって肌が弱くなっているときは、なかなか思うように強くならないことがあるということです。体や肌の機能が鈍ってきているというわけですからね・・・。

老化・・・という言葉は私も大嫌いですが、人間、避けては通れない運命でもある(泣)

一方で、人によっては、何らかの病気にかかって肌が弱くなってしまっていることも考えられますね。

体調と肌の調子は密接にかかわり合っています。病におかされた場合は、肌の調子を整えるよりは病気の治療に専念されたほうが良いですよね。

と、前置きが長くなりましたが、この記事では、美容的な観点から、肌を強くする方法について考えていきたいと思います。是非参考になさってみてください。

やはり食事と睡眠と運動!この3本が要(かなめ) 

このブログの他の記事では、敏感肌ケアについてあらゆる視点からお話しています。よく「これ大事!」と私が言っているのは、日頃の生活習慣を改善することです。

生活習慣の改善こそ、

  • 面倒
  • 挫折しやすい
  • だから誰もやらない
  • だけど最も効果的!

といった特徴がありますので、なかなか手をつけられないものです。

逆に言えば、多くの人がなかなか取り組まないので、もし真剣に取り組めば、まわりに差をつけられるということにもなります。

食事の栄養バランスや時間帯に気を遣い、睡眠も質良く十分にとって、日頃から体をしっかり動かす。・・・これは、忙しい現代人にとっては、正直至難の業かもしれません。

でも、やらない限り、その弱った肌を強くすることは不可能でもあるのです。肌が体の一部なので、体の健康を向上し維持することが大前提にありますね。

気合いと継続力が必要で、長い人だと何年もかかります(いや、一生続けないと強い肌を維持できないかもしれません)が、肌にハリがあって丈夫な人は、皆、生活にも気を遣っているはずです。

「具体的にどうしたら良いの?」という声が聞こえてきそうですが、当ブログでも他の記事にて紹介しておりますので、もし時間がございましたら是非ゆっくりご覧くださいね。

⇒ 食生活を改善するならこちら

⇒ 睡眠生活を改善するならこちら

⇒ 手軽に運動をするならこちら

精神的な傷でも、肌は弱ってしまいます

今の日本社会はストレス社会といわれ、鬱病になる人も多く、自殺者も絶えません。SNSで憂さ晴らしをしている人も、実に多いです。

明らかに、ストレスにさいなまれている人は多いですね。

しかし、ストレスや疲れなど、そういったものが重なってくると、体に影響が出ます。肉体的な健康のみならず、精神面にも悪影響。もちろん、肌にも影響が表れるようになります。

精神(心)というのは自律神経であり、その神経こそが体の調子や機能を整える役割を担っているからです。そのため、肉体の不健康は精神の不健康、精神の不健康は肉体の不健康ともいえるでしょう。

自律神経の働きが崩れると、代謝が悪くなったり体調や肌機能が低下します。その結果、肌が弱くなり、肌荒れが生じたり痩せこけた感じになったりしてしまうわけです。

ストレスの多い現代の社会では、なかなか精神面のケアはやりづらいものがあります。

なので、なんとか気持ちだけでも、プラス思考で物事を考えて、「生きてるだけで儲けもん♪」と呑気に過ごしたいものですね。

少し話が飛びますが、私の知り合いに、脳腫瘍ができて大手術を乗り越えた方がいます。

その方は、毎日「私は死んでします」と考えていた。でも、手術が成功してから、「生きて呼吸していること自体、とても尊いこと」と考えるようになったんだそうです。

私は、幸いにもそういった病気になったことはないので、実感としては「生きてるだけで儲けもん♪」などとはあまり思えませんでした。

でも、その知り合いからお話を色々聴いたのち、「生きていること自体、とても幸せなことなんだ」と考えるようにしよう、と思い至りました。

さて話を戻しますが、疲れがたまっていては、スキンケアにも励めなくなってしまいます。

なので、時間を見つけては、体や心の疲労を少しずつ落としていけると良いですね。休日など時間がある日には、積極的に外に出て、好きなことしたり自然と触れ合ったりしてみたいものです。

以下の記事では疲労解消によるスキンケアについてお伝えしております。体の内部や心の面からも、強い肌を取り戻していきましょう!

⇒ 疲れてると肌も弱る!疲労を回復して美肌を目指せ!

肌を強くするためのアイテムはあるのか?

さて、以上のお話を読まれた方は、

「めんどくせーな」

と少なからず感じられたことと思います。

そうなんですよね。肌を強くするというのは、それだけ面倒なことをクリアしないとダメなんですね。将来的に本当に強くなるのか?という保証も見当たらないにもかかわらず・・・。

というわけで、少しでも手軽に肌を強くするための方法を考えてみました。

「手軽に」というからには、何か物に頼るほかありませんが、実行できるものは実行してみると良いかと思います。

では、「肌を強くするアイテム」ってあるんでしょうか?

お店に行って、「肌を強くするためのアイテムって無いですか?」と聞いても、逆に「・・・ん、どういうことですか?」と逆に尋ねられてしまうかもしれませんね。

でも、肌を強くしたい人が、その目的を達成する上でやっておきたいコトっていうのはあります。

中でも、とっつきやすく分かりやすいのが、ずばりスキンケアです。

今ここで「そんなことか~聞いて損した」と思った方もいらっしゃると思いますが、手軽にやれるものといったら、それくらいしかありませんね。

そう考えると、弱った肌にふさわしい「物」というものが見えてきます。

先ほどの店員に対して「スキンケアで弱った肌を整えたいのですが、良い物はありませんか?」と質問すれば、不思議な顔をされず、ちゃんと物が出てくることでしょう。

もうお分かりかと思いますが、その「物」とは、ずばりスキンケア化粧品です。それも、弱った肌に適したケアが可能な基礎化粧品のことです。

それが一番気軽で取り組みやすい方法でしょう。でも、「手軽」とはいいましたが、それでも、毎日地道に続けていくだけの根性は必要となってくるとは思います。

・・・というわけで、早速ひとつ、私が愛用するに至った素敵な基礎化粧品をご紹介したいと思います。是非参考になさってみてください♪

ディセンシア「アヤナス」について

ご紹介するのは、敏感肌の専門ブランドであるDECENCIA(ディセンシア)から出ている「ayanasu(アヤナス)」という基礎化粧品です。

落ち着いた赤い色のデザインが印象的で、ちょっと高級感が漂います。

アヤナスの化粧水は、トロ~リとしたシットリ系。うるおい感抜群です。ほか、美容液とクリームもありますが、これらの保湿・保護感をすさまじいくらい感じます

敏感肌向けであるため、肌に優しいことは当然。

それだけでなく、微小なセラミドによる高度な保湿と独自技術ヴァイタサイクルヴェールによる強固な保護をほどこし、CVアルギネートなどの成分で、枯れ肌をハリのある状態へと導いていってくれます。

敏感肌だと老化の進行も早まってしまうといわれていますよね。ハリや弾力性を生む健康的な肌を目指したい方(私も含む)にとって、アヤナスは、非常に魅力的に映るアイテムでしょう。

弱った肌のための基礎化粧品といったら、私はアヤナスに一票を投じます。

いつからかは知りませんが けっこう前から、肌の老化・弱化に悩む女性に厚い支持を受け続けていて、2016年10月にはリニューアルへ。

根強く生き続けている基礎化粧品ですから、今後のさらなる発展も気になるところですね。

ぜひ、あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【老化の早い敏感肌訴求】アヤナストライアルセット

「どんな化粧品がいいのかな」と迷ったら、アヤナスを選んでおけば安心かと思います。保湿バリアをしっかり張って、外的刺激にも自信を持って対抗していけると良いですね。

ただですね、基礎化粧品というのはあくまでサポート役。「コレがあれば肌が必ず強くなる!」という類のものではない、と私は考えています。処方薬でも魔法薬でもないですからね。

基礎化粧品によるスキンケアは、たしかに手軽でとっつきやすいものです。そして、肌を整えていく上では欠かせない作業でもあります。

が、前半のほうで書いた、生活改善やストレスとの付き合い方は、絶対に見逃せないものだと思います。めんどくさいですけどね。

そういうことと合わせてスキンケアをしていくからこそ、相乗効果を生むのではないでしょうか?

「肌を強くする!・・・ならば、面倒でも、スキンケアにプラスして生活を改善していくことを忘れない!」

それでも強くなる保証は100%ではないので、やらなければやらないだけ、どんどん不利になっていくかと思います。加えて、老化もしていきますからね・・・(;_;)

まあ、ある程度、そういう運命をわきまえることも大切ですね(笑)

でもそれでいいんです。それが “自然体” なのですから!できることだけをやって、それでも肌が弱るなら試行錯誤して、それでもダメなら、それがその人なりの歳の重ね方なのです。

なんだか、暗いことを言ってすみませんm(__)m  

最後くらい、明るく終わりましょう!!

ピカーーーーーーーーーーッッ!!!!


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ