肌に良いことの情報に溺れて、ストレスを抱えていませんか?

人間は誰しも老化が進みます。肌の調子だって悪くなりやすくなるし、肌荒れにもなりやすくなります。乾燥肌に敏感肌に、色々気にされている方は少なくないでしょう。

だからこそ、「きれいな肌でいたい」「魅力的な肌にするにはどうしたら良いのか」と考えながら、皆さんはスキンケアを行っていらっしゃることと思います。

化粧品などを使ったスキンケアや、栄養バランスを意識した食事、そして睡眠の質の向上、なるべくストレスを溜めない生活を送る等々、色々な面からケアをされていることでしょう。

でも、肌に良いことを追求しすぎるあまり、あらゆる情報に溺れてしまっていませんか?きっと、真面目な方ほど、困惑してストレスを溜めていらっしゃることと思います。

この記事が、そういう方に少しでも役に立てば・・・と思います。

あれもこれもとやると、ストレスになる

ネットや雑誌で、スキンケアについて色々調べてみると、本当にたくさんの情報が出てきます。

洗顔・クレンジングの効果的なやり方、おすすめの化粧品やその使い方、肌にうるおいを与えてくれそうな食べ物や食事方法、美容力を高める睡眠方法、ストレスを発散するためにすべきこと・・・等々。

情報量は天文学的数字といっても過言ではないでしょう。

人間は、基本的に欲を持っているので、自分にとってプラスになりそうなことは、次々と取り入れようとします。それが実現できるかできないかは関係なしに、とにかく情報を取り入れます。

そして、気合いが入っていたり、肌に対するコンプレックスを抱いていると、今度は欲が行動へと変化します。つまり、仕入れた情報を実行しようと頑張るわけです。

例えば、「ぬるま湯だけの洗顔が肌に良いのです」とあれば、実際にぬるま湯だけで洗顔をするようになる。「界面活性剤が入っていないコスメを使いましょう」とあれば、実際にそういったコスメを使うようになるのです。

ところがその翌日、こんな情報も仕入れてしまったら、どうなるのでしょう?

「氷水で洗顔したら、肌がきれいになるよ」「界面活性剤は別に肌に悪いものとは限らず、むしろ必要だから入っている」

真面目な人は、きっとここで「一体どっちが正しいんだよー!」「両方やればいいのかな!?」と思ってしまうことでしょう。

このような流れで、調べれば調べるほど色々な情報が出てきて、頭の中は混乱してしまいます。せっかくスキンケアに気合いが入っているとき(あるいはコンプレックスを解消しようとしているとき)なのに、これではイライラしてしまいますね。

いや、むしろそういうヤル気がある状態だからこそ、色々吸収してしまって、ひとりでに苦しむことになってしまうのかと思います。

これは大きなストレスであり、余計に肌が悪くなってしまうような気がします。ストレスは健康にも美容にも悪いと言いますが、これでは本末転倒ですよね。

ひとつ決めて、それをしばらく実行するようにしよう

現代は情報化社会ですから、私たちには、いつでも情報に溺れてしまう危険性が付きまとっています。よほど器用で忍耐強い人であれば、膨大な情報を処理できるかもしれません。が、普通は無理です。先述のように、ストレスになってしまいます。

そういう情報化社会の中でも、ストレスが少なく心地良く生活していくには、あれもこれもと情報を仕入れないことが大切かと思います。いや、仕入れても良いのですが、実行するのをひとつに絞ることです。

肌に良い洗顔の例を挙げてみましょう。

「ぬるま湯オンリーがいい」「氷水オンリーがいい」「泡立ちの良い洗顔料は必須」「合成界面活性剤が入っていてもOK」といった4種類の情報があったら、とりあえず、コレがいいかな・・・と思うものをひとつ選んでみるのです。

自分にとって「これは信用できないな」とか「これは自分に合わないな」という情報は後回しにし、「これならできそう」「これやってみたいかも!」と思うものを先にやってみるのです。

しかも、たった数日でその方法を終えてしまうと、肌にどのような効果をもたらしたのか(あるいは影響を及ぼしたのか)ということが分らないので、まずは1ヶ月から数ヶ月くらい続けてみるのです。

「それはちょっと長すぎない!?」って思うかもしれませんが、そのくらいやらないと、「ああでもないこうでもない」といった状況に陥ってしまい、余計にさまようことになります。

成功しようが失敗しようが、とにかく結果を掴むことが大切です。

ただ、実行したその日に「これはマズイな」と感じたり、肌に何らかの異常が発生した場合は、その日限りでその方法を止めるべきであります。が、基本的なスタンスとしては、1ヶ月~数ヶ月様子を見るといった感じが良いでしょう。

そうすることで、情報に溺れて変なストレスを抱えることもなくなると思います。

しばらく続けても、結果が見えてこない!というとき

人間は、結果を急ぎたがる生き物です。ネット上で見つけた 肌に良い一方法を実行していても、なかなか結果が見えてこないと、それはそれでストレスになってしまいます。

最初の頃はモチベーションが維持できるので良いですが、しばらくやっていても結果が見えないと、ほかの方法に浮気をするようになります。まだ一ヶ月も経っていないのに、「A方法はやっぱダメかも。そうだ!B方法に変えよう」と、特に深い根拠もなく、感情の赴くまま浮気するのです。

別にそれは悪いことではないし、本当に結果が良くなることもあるでしょう。ひらめきは大事っていいますしね♪

でも、あれもこれもと渡り歩く人は、どの分野においても、なかなか成功を掴めません。つまり、優柔不断な人であるわけなので、信念がなく、そのせいでストレスに押しつぶされてしまうのです。

その挙句、いつまでもいつまでも美容情報を追い求めて、さらに情報に溺れてしまう・・・ということです。

結果というのは、何事においてもすぐには結果は現れません。ダイエットと同じです。ダイエットだって、ひとつの方法を続けた人だけが成功します。裏技もあるかもしれませんが、それで成功をしても、すぐにリバウンドしたりします。

そういえば、学校の勉強だってそうでしたね。英語や数学っていうのは、毎日毎日問題を解きまくることで、少しずつ少しずつ、実感がない感じで実力がついていき、やがて優秀な成績にたどり着くわけです。

スキンケアも全く同じで、まずは信じるべき情報を選び、それだけをとことん追求することです。結果をすぐに求めずに、期待を抱きながらやっていきましょう。情報に溺れると、進んではふりだし、進んではふしだし。この繰り返しになってしまいます。

100%正しい情報なんて、無い

皮膚科医や美容外科医たちが書いている美容情報にしろ、美容アドバイザーが書いている美容情報にしろ、科学者が書いている美容情報にしろ、モデルやタレントが書いている美容情報にしろ、100%正しい情報なんてありません。

あれもこれもと情報収集をするかしないかのお話以前に、まずはそこをおさえておくことが必要です。

Xというサイトでは「ホニャララ成分は毒だ!」、Yというサイトでは「ホニャララ成分は非常に素晴らしい!」と書いてあったとしましょう(理論付きで)。じゃあ、どちらを信用したら良いのか?

・・・答えは、どっちも信用しないでいいし、両方信用しても良いでしょう。書いている人によって、物事の見方や価値観は違ってくるので、論調も変わって当然です。

そこには少なからず、書いた人の感情が入り混じってもいます。

たとえ嘘が書いてあったとしても、その情報があなた様にとって”当てはまる”か”当てはまらない”かは、神のみぞ知る・・・です。

そりゃ、「塩酸は安全です」と書いてあったら明らかな嘘(危険です!)が、どう考えても明らかなものを除いては、正しいも間違っているも、あなた様が判断すれば良いことなのです。

「それを言ったら、何でも許されるじゃないか」・・・そんな声も聞こえてきそうですが、たしかにそうですね(^^;)でも、ストレスを溜めないことを考えたら、そのようにしたほうが良いと私は思うのです。

もっとも、この記事で私が述べている情報も、正しいとは限らないし間違っているとも限りません。信じてその通りにするかしないかは、読み手側の自由だと考えています。

 

以上、今回は肌に良いことに関する情報に溺れてストレスを抱えてしまっている方への伝言でした。いかがでしたでしょうか?

色々小難しいことを書いてしまいましたが、一言で言えば、

「テキトーでいいですよ。でも、よりどころを何かひとつに絞って、まずはしばらく続けてみましょう」

ということになります(一言じゃなかったですね。スミマセン^^;)あれもこれもと手を付けても、どれも中途半端になってしまうだけです。それが言いたかっただけです、はい。。。ありがとうございました。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ