コンビニ弁当や外食で、肌荒れや敏感肌を招く!?

肌の健康を気にされている方なら、一度は考えたことがあると思います。コンビニの弁当や外食って肌に悪いんじゃないか?と。

コンビニ弁当や外食って、忙しいときや面倒くさいときに便利なので、ついつい利用してしまったりしますよね。もちろん、中には日頃から心がけて利用しない方もいらっしゃると思いますが、事実、利用している人は非常に多いものです。

でも、あまり頻繁にコンビニ弁当を食べたり外食しに行ったりするのは良くないでしょう。ずばり、肌荒れを引き起こしやすくなったり、敏感肌になりやすくなったりするんですよ!

なぜ、コンビニ弁当や外食が肌に悪いの?

ここでまず、コンビニ弁当や外食が肌に悪い主な理由をお伝えします。なお、コンビニや外食産業の営業妨害を目的としてはいないことを、ここに書き加えておきます。

コンビニ弁当の難点は、ずばり添加物!

コンビニの弁当は、味としては美味しくもなく不味くもない・・・というのが私の率直な感想ですが、「おいしい~♪」って言いながら食べている人もいます。

では、なぜ味が保たれているのでしょう?作られてから配送されて保管されて・・・とやっていると、早々に傷んでもおかしくないですね。味だって落ちてしまうような気がしますし、色も悪くなりそうです。

しかし、どう見ても傷んでいるようには見えませんし、現に傷んでいるわけではありません。味もまあそこそこ。一体全体、これは何のお蔭なのでしょうか?

そう、添加物です。

コンビニ弁当には、保存料、着色料、発色料、甘味料、香料、漂白剤、発酵調味料、結着剤等々の添加物が含まれています。中には天然の添加物もありますが、人工的なものも多いのも事実。成分表示を必要としない添加物が製造段階で使われていることも多いです。

体に悪い添加物は、当然肌にも影響が及びますね。肌だって体の機能によって働いているわけですので、代謝や血行が阻害されれば、肌の調子も下り坂です。いや、肌荒れよりも心配なのは、ガン・重い病気にかかるリスクですね。

最近は健康志向の弁当もチラホラ見かけますが、ざっくり言って、まだまだ怪しいのがコンビニ弁当なのです。

添加物だけではありません。塩分量もけっこう多いですよね。某店の鮭弁を食べたとき、塩鮭のあまりの塩辛さに、ノドがカラカラになったことがあります。水分不足や高血圧を招く原因となります。

また、ごはんも注意。見栄えをよくするために、油が塗られていることがあるんだとか!

「コンビニ弁当は食べるな!」と言いたいわけではありませんが、あまり何度も食べるのは良くないでしょう。野菜も全然入っていないし、私は好きではありません。たまに食べる分にはOKですが。

スーパーの弁当にも注意!

補足でお伝えしておこうと思いますが、実は、スーパーの弁当もよろしくないのです。

スーパーやコンビニに行って、実際に目で確かめていただきたいですが、成分表示がスーパーのほうが甘いんですね。添加物の表示が無かったり、脂分とかの記載が無かったりすることもしばしば。

さらに、スーパーの弁当には油っこいものが多いし、温度管理もあやふや。私は実際にスーパーでアルバイトをしていたことがありますが、使う油が古かったりもするんですよ・・・。

そういえば以前、スーパーの弁当の天ぷらを食べたとき、火が通り切っていなくて小麦粉そのものが出てきたこともあります。

もちろん、全てのスーパーでそうだということは無いでしょう。でも、依然として体・肌に良いものではないので、常食するのはやめたほうが無難です。お手頃で便利なアイテムではあるので、たまには良いと思いますが。

外食は味付けがすさまじい!

外食と一口に言っても、店ごとによってやり方とか趣向というものは色々ですが、総じて、外食は味付けがすさまじい傾向にあるように思います。

あなたがラーメン屋に行って、もしスープが薄味だったらどう思いますか?きっと、薄味が好きな人でない限り、「マズッ!損した」「こんな店二度と行くか」と思うと思います。

外食屋さんでは、そうならないように、少し味を濃くしていると思います。実際にファミレスでうどんを食べても、ダシが辛い。コクがあるんじゃなくて、無駄に濃いんです。味噌汁も辛くてノドが渇く!野菜もなんか苦く、ドレッシングをかけないと食べられなかったり・・・。

「え?おいしいじゃん」と思う方もいらっしゃるでしょう(私の父がそうです 笑)が、塩分や調味料、そして脂分がふんだんに使われているのは間違いないと私は考えています。

なんか文句ばかり垂れてしまっていますが、中には健康志向の美味しいお店だってあります。それに、忙しいときや変わった物が食べたいときは、外食は重宝できます。

料理屋は夢を売ってくれる場所でもあるので、料理が全てだとは思いません。ただ、毎日毎日通ってしまうと良くないでしょう。特に安価な料理屋は自重したほうが、体・肌のためになると思います。

「これちょっと薄いな」「味気ない」くらいがちょうど良いかも

コンビニ弁当や外食の味に慣れてしまっている方は、ぜひ、頑張って舌を矯正されると良いかと思います。積極的に自宅で料理を作り、「これちょっと薄いな」「味気ない」と思うくらいの味が、ちょうど良いのかもしれません。

家で作るにしても完全に添加物などから逃れることはできませんが、自分で食材を選んだり健康を考えて作ったり余計な物を添加しないだけ、体や肌に良いことは間違いないでしょう。

食事というのは毎日するものですから、これから何十年も続いていくことを考えたら、少しでも健康的な食事を目指したほうが良いのです。

肌荒れや年齢肌が気になるなら、食生活を見直そう!

先ほどもどこかで述べましたが、肌荒れや敏感肌というのは、体の健康と大きくかかわっています。内臓のはたらきをはじめ、代謝や血行、そして精神や神経というものまでが、肌と密接にかかわっています。

食事は栄養バランス良く、好き嫌いなく万遍なく食べることが大事です。そして、必要以上に塩分や脂分を摂らない。外の食事は、限度を超してしまう可能性を秘めているし、栄養のバランスだって良くないことが多いです。お金もかかって精神的にも負担が来ます!

そして老けやすくなります。

コンビニ弁当や外食というのは娯楽の一種と見て、食事としてはあまり考えないほうが良いでしょう。つまり、普段とは違った醍醐味や夢、そして時間を買うのが、外の食事といえます。その意味では、コンビニ弁当もスーパーの弁当も外食も、非常に有用です。

でも時間が少しでもあるのであれば、自分で料理を作ってみましょう!もちろん、成分の分量や栄養バランスを考えつつです。面倒でも、健康と美容のためなら今日からスタートです!

外食や店屋物の多い方におすすめのドリンク!
ユーグレナ・ファームの緑汁 追加バナー

 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ