冬の日焼けに気を付けよ!憎き紫外線、乾燥した肌を直撃!

「冬だから紫外線対策は手を抜こう!!」・・・そう思ってはいませんか?もしそうなら、今この場で冬の紫外線の怖さを知っていただこうと思います。

そうです。冬でも問答無用で日焼けするのです。「外で遊んでたら、顔が赤くなった!霜焼けかな?」と思いきや、それは実は日焼けだった・・・ということも十分にありえるわけです。

この記事では、冬の日焼けの原因や対策についてお伝えしていきます。紫外線は憎いんだ!気を付けましょう。

冬なのに、なぜ?

では、なぜ冬だというのに日焼けするのでしょう?夏に比べたら日光は弱いし、紫外線量だって少ないはずです。だから日焼けしにくいイメージがありますよね。

意外に紫外線量が多い!

イメージというのは怖いものです。思い込みなんです。冬は、たしかに夏ほどではないですが、意外に紫外線が降り注いでいます。下の簡単なグラフをご覧ください。

夏と冬の紫外線

かなりザックリですみませんが、これは何を表していると思いますか?

・・・そうです。夏の一日の紫外線量の推移と(赤)と冬の一日の紫外線量の推移(冬)を表しています。真ん中部分がお昼ですね。地方にもよりますが、まあ東京ではざっくり上のような感じです(UVAやUVBの区別は割愛しています)。

お昼なんか、夏の半分かそれ以上くらいの量の紫外線が降り注いでいます。決して肌にとって無害ではないわけです。

肌が紫外線の餌食になりやすい!

冬は肌の乾燥が著しくなり、バリア機能も劣りやすいものです。敏感肌の方ならなおさらで、外的ストレスの影響をすぐに受けてしまいます。たとえ敏感肌でなくても、冬の時期に肌が弱り、そのまま敏感肌になってしまう人もいます。

当然紫外線の影響も受けやすいでしょう。肌が自発的に外的ストレスに打ち勝とうとするその力が低下し、紫外線に敏感になってしまうというわけです。そして日焼けへ。

なにも日光だけ気にしていて良いわけではなく、肌のコンディションが整っているか?に目を向けることも忘れてはならないのです。

雪の日は紫外線シャワーに注意!

雪が積もっている日は、紫外線がバンバン反射し、とんでもないことになります。「照り返し」という言葉がありますね。ずばり、その照り返しが怖いわけです。

アスファルトでさえも、紫外線の反射量は元の10%くらいだと言われていますが、雪だとどうか。それはもう凄まじく、なんと80%くらいもあるんです!つまり、ほとんどの紫外線が雪にぶつかって肌を食っていくのです。

雪かきをされるお母さん!気を付けてください。

極めつけは雪山。一面銀世界ですよね。スキーやスノボなどのウィンタースポーツを楽しみに行くときは、よく用心しましょう。紫外線シャワーの世界に、自ら身を投じることになるわけですから!

冬の紫外線対策と、アイテムの選び方

では、冬の日焼けを極力避けるには、一体どうしたら良いのでしょうか?

頑丈でなくても良いけど、日焼け止めは活用

冬も、夏と同じように対策が必要です。

ただ、夏のマリンスポーツのときのような頑丈な対策は必要ないでしょう。というのも、やはり紫外線量は夏に比べて少ないし、そもそも肌が乾燥しているので、日焼け止めが逆に負担になってしまうことがあるからです。

もちろん、塗り残しの無いようにしっかりと塗ることは必要ないです。でも、SPFを50にするとかPAが++++でないといけないといったことはありません。あまりに効果が良すぎると肌が傷みます。

基本的には、SPFは30未満でPAが++くらいでOK。あとは肌に優しいタイプ(紫外線吸収剤不使用であったりオーガニックであったり)であるなら、それで十分です。実は夏場だって、塗り直しが必要になるものの日常生活はそれで十分でしょう。

そして、冬はマスクも不快感なく装着できると思うので、遮光のためにもうまく利用してみましょう。

おすすめのアイテム

日焼け止め性能を持ったおすすめアイテムを2つご紹介します。

どちらも一年を通して使えます。冬場も肌に負担なく塗れます。夏場は汗で流れてしまうことがありますが、都度塗り直しをすればOKです。肌への負担が軽いという最大のメリットがあるので、そこが譲れませんね。

● HANAオーガニック「ウェアルーUV」

このアイテムは、オーガニックの日焼け止め乳液です。通常の基礎スキンケアをしたところに塗ります。ツヤ出し効果が抜群で、メイクのベースとして活用することができます。

ダマスクローズのエキスが用いられており、これが主な美容成分かつ天然香料となっています。塗ったばかりは強い香りがしますが、すぐに緩和します。ただ、無香料好きにはデメリットとなりえるかもしれません。

あと、肌にツヤが出て明るく見えるようになるため、ノーメイクでもいけそうなのはこれの長所!その反面テカりやすい面もあるので、気になる方はパウダー等を軽くふると良いと思います。

ウェアルーUVの公式通販サイトはこちら


● アヤナス「AS BBクリーム」

敏感肌だという自覚のある方にはこれがおすすめです。というのも、その敏感肌特有のゆらぎにアプローチしつつ、日焼け止め、化粧下地、毛穴補正などの力を発揮してくれるからです。

PAが+++なので、冬にしては少し高いかなという気もします。が、そもそも敏感肌向けであるということを考慮すれば、肌にとって安心のアイテムと思います。それに、PAがそれだけあれば、ウィンタースポーツのときにも頼りになるでしょう。

香りは特にないので、無香料好きにもピッタリです。肌の色はムラなく明るく見せることができるので、これ以上のメイクをしなくても外を堂々と出歩けそうです。

AS BBクリームの公式通販サイトはこちら
【通常使用】アヤナスBBクリーム

以上、冬の日焼けの原因や対策についてのお話でした。いかがでしたでしょうか?冬でも紫外線を侮ることはできない!ということをお分かりいただけたかと思います。

夏ほど神経質にならなくても良いかもしれませんが、十分に対策をして、冬肌をいたわり、守っていきましょう!

それと、冬は寒いせいもあって、家の中でまったりしがちです。それでは運動不足になるのも否めないので、積極的に体を動かして血行を良くし、体内からも美をつくり上げていこうではありませんか♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ