冬の日焼けに気を付けよ!憎き紫外線、乾燥した肌を直撃!

冬の日焼けは乾燥肌に突き刺す

「冬だから紫外線対策は手を抜ける!」
「もう、夏の頃みたいに一生懸命日焼け止めを塗らなくてもいいんだ!」

・・・そう思ってはいませんか?もしそうなら、今この場で冬の紫外線の怖さを知っていただこうと思います。

冬は暗くて寒いので、紫外線の影響をさほど感じないものですが、実は意外に影響は大きいのです。

そう、冬でも問答無用で日焼けをするってことです。「外で遊んでたら、顔が赤くなった!霜焼けかな?」と思いきや、それは実は日焼けだった・・・ということも十分にありえるわけです。

この記事では、冬の日焼けの原因や対策についてお伝えしていきます。是非、今日からでも対策に取り組まれてみてくださいね。

冬なのに、なぜ?

では、なぜ冬だというのに日焼けするのでしょう?夏に比べたら日光は弱いし、紫外線量だって少ないはずです。だから日焼けしにくいイメージがありますよね。

意外に紫外線量が多い!

イメージというのは怖いものです。思い込み(先入観)なんです

冬は、たしかに夏ほどではないですが、意外に紫外線が降り注いでいます。「意外に」というのがポイントです。

下の簡単なグラフをご覧ください。

夏と冬の紫外線

かなりザックリですみません(笑) これだけ見たら、いったい何なのか分かりませんね(^^;) 山? 宗教的な怪しい記号のようにも思えてきます。

まあ、それはいいとして・・・。

上のグラフは、 の一日の紫外線量の推移(赤)の一日の紫外線量の推移(青)を表しています。真ん中部分がお昼ですね。地方にもよりますが、まあ東京ではざっくり上のような感じです(UVAやUVBの区別は割愛しています)。

お昼なんか、夏の半分かそれ以上くらいの量の紫外線が降り注いでいます。決して肌にとって無害ではないわけです。

肌が紫外線の餌食になりやすい!

冬は肌の乾燥が著しくなり、バリア機能も劣りやすいものです。敏感肌の方ならなおさらで、外界からのストレスの影響をすぐに受けてしまいます。

たとえ敏感肌でなくても、冬の時期には肌が弱り、そのまま肌サイクルシステムが崩れ、敏感肌になってしまう人もいます。

当然紫外線の影響も受けやすいでしょう。肌が自発的に外的ストレスに打ち勝とうとするその力が低下し、紫外線に敏感になってしまうというわけです。そして日焼けへ。

日焼けだけで済めば良いのですが、弱った肌であれば、シミとして残ったり、そのまま老化がぐっと深まってしまう可能性も無きにしもあらずです。

そして、なにも日光だけ気にしていて良いわけではなく、あらゆる角度から考えて、肌のコンディションが整っているか?と日々肌を気にしてあげたいものですね。

微炎症はないか?ハリはあるか?むくんでいないか?キメはキレイか?明るい表情か?目元もパッとしているか?

・・・色々あります。

歳を重ねれば、そりゃ思いどおりにならないことを増えてきます。でも、歳相応に(もしくはそれよりも若いくらいに)、肌がシャキンとしているかを、常々確認していきたいものです。

雪の日は紫外線シャワーに注意!

雪が積もっている日は、紫外線がバンバン反射し、とんでもないことになります。「照り返し」という言葉がありますね。ずばり、その照り返しが怖いわけです。

アスファルトでさえも、紫外線の反射量は元の10%くらいだと言われていますが、雪だとどうか。それはもう凄まじく、なんと80%くらいもあるんです!

つまり、ほとんどの紫外線が雪にぶつかって反射し、肌に突き刺さっていくのです。

雪かきをされる おかあさんおとうさん!気を付けてください。

で、極めつけは雪山だ。一面銀世界ですよね。スキーやスノボなどのウィンタースポーツを楽しみに行くときは、よ~く用心しましょう。紫外線シャワーの世界に、自ら身を投じることになるわけですから。

(ウィンタースポーツのときは、まあ防寒具等で体中を覆っているので、ボディの日焼けの心配はないかもしれません。でも、顔はさらされています。対策しないと、顔だけが、お面をかぶったように真っ赤になってしまうってわけですね。)

冬の紫外線対策と、アイテムの選び方

では、冬の日焼けを極力避けるには、一体どうしたら良いのでしょうか?

まあ単純に考えて、「日焼け止めを活用する」ということになりましょうか。以下にて詳しく見ていきましょう。

頑丈でなくても良いけど、日焼け止めを活用しよう

日焼け止めの活用は、夏場なら当たり前。

しかし、冬場であっても当たり前、と考えておかれると良いでしょう。

とはいうものの、夏のマリンスポーツのときのような頑丈な対策は必要ないかと思います。やはり紫外線量は夏に比べて少ないからです。

そもそも、冬は、(東京の場合だと)肌が乾燥しやすい気候でもあり、カサカサの弱った肌に強い日焼け止めを塗れば、それはそれで肌が傷みかねないのです。

もちろん、塗るからには、塗り残しの無いようにしっかりと塗ることは必要です。が、SPFを50にするとかPAが++++でないといけないといったことはありません。あまりに強力なものだと肌が傷みます

基本的には、SPFは30未満でPAが++くらいで全然OKでしょう。あとは肌に優しいタイプ(紫外線吸収剤不使用であったりオーガニックであったり)であるなら、それでばっちり♪

実は、夏場でさえも、日常生活に限ってはそれで十分です。

なお、日焼け止めのお話ばかりしていますが、口周りの保護のためにはマスクも有用です。特に冬は、マスクが防寒具になったりもしますから、ちょうど良いアイテムですね^^

おすすめのアイテム

「それだけ言うなら、何か例を出せよ」と思う方もいらっしゃるかと思いますので、ここで、日焼け止め性能を持ったおすすめアイテムを2つご紹介しておこうと思います。

どちらも一年を通して使えます。冬場も肌に負担なく塗れます。夏場に使う際は、汗で流れてしまうことがありますが、都度塗り直しをすればOKです。

是非検討なさってみると良いかと思います。

● HANAオーガニック「ウェアルーUV」

このアイテムは、オーガニックの日焼け止め乳液です。通常の保湿スキンケアをした後に塗っていきます。ツヤ出し効果が抜群で、化粧下地として活用することができます。

ダマスクローズのエキスが用いられており、これが主な美容成分かつ天然香料となっています。塗ったばかりはけっこう強い香りがしますが、すぐに緩和します。

ただ、無香料好きにはデメリットとなりえるかもしれません。まわりへの「香害」の心配をする方もいらっしゃるかと思いますが、まわりにいる人がよほど敏感な人でなければ、大丈夫だと思います。

あと、肌にツヤが出て明るく見えるようになるため、ノーメイクでもいけそうなのはこれの長所!たまにはこれオンリーで過ごされてみるのも良いでしょう。

その反面、テカりやすい面もあるので、気になる方はパウダー等を軽くふると良いと思います。

ウェアルーUVの公式通販サイトはこちら



 

● アヤナス「AS BBクリーム」

敏感肌だという自覚のある方にはこれがおすすめです。

というのも、このBBクリームは、その敏感肌特有のゆらぎにアプローチしつつ、日焼け止め、化粧下地、毛穴補正などの力を発揮してくれるからです。

PAが+++なので、冬にしては少し高いかなという気もします。

が、そもそも敏感肌向けであるという点を考慮すれば、肌にとって安心のアイテムと思います。それに、PAがそれだけあれば、ウィンタースポーツのときにも頼りになるでしょうから、敏感肌でなくても活用できます

香りは特にないので、無香料好きにもピッタリです。肌の色はムラなく明るく見せることができるので、もし心に余裕があれば、これ以上のメイクをせずに堂々と外を歩いてみましょう♪

AS BBクリームの公式通販サイトはこちら
【通常使用】アヤナスBBクリーム

以上、冬の日焼けの原因や対策についてのお話でした。いかがでしたでしょうか?

冬でも紫外線を侮ることはできない!
冬でもきちんと日焼け止めを塗って対策を講じる必要がある!

ということをお分かりいただけたかと思います。

少し怖がらせるような書きぶりになってしまった点もありますが、夏ほど神経質にならなくても良い、とも思っています。あまり気にしすぎてしまっては、日々の生活も楽しくなくなりますからね。

冬といえば、日焼け止め以外には、保湿のスキンケアも非常に大切です。保湿を重視しつつ、そこに紫外線対策というエッセンスを加えていきましょう!

それと、冬は寒いせいもあって、家の中でまったりしがちです。それでは運動不足になるのも否めません。運動不足だと、血行や代謝も悪くなり、肌荒れが進行したりぶくぶく太ったりします。

積極的に体を動かして血行を良くし、体内からも美をつくり上げていこうではありませんか♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ