その老け顔の原因は肌機能低下による枯れ肌かもしれない

老け顔でお悩みの方に、今日はその原因と対策についてお伝えしようと思います。

まず、老け顔と一口に言っても、色々なタイプがありますよね。表情がなんだか暗いせいで老けて見える人、元々顔立ちの関係で大人っぽく見える人、そして肌の老化進行が早くて老けてしまっている人・・・。今回は、主に肌の視点から見ていくことにします。

タイトルにも書いた通り、老け顔は、“肌機能低下による枯れ肌”が大きな原因となっていることがあります。とりわけ、乾燥の激しい時期や季節の変わり目には、肌機能が不安定になる人も多いものです。

肌にシワが多い、たるみが気になる、キメが粗い、乾燥しやすい、くすみが気になる・・・という方は、是非参考になさってみてくださいね。

枯れ肌が原因!?なぜ老け顔になるのか

肌機能低下とは、すなわち敏感肌(弱った肌)のことを意味します。

花粉、塵、空気乾燥、紫外線などの外的な刺激に対して過剰に反応しやすく、一度傷んでしまうとなかなか元に戻らず、肌荒れや乾燥肌に悩まされるのが敏感肌の特徴です。加齢、スキンケア不足や不摂生、環境要因などによって敏感肌に陥りやすくなります。

肌は28日周期でターンオーバー(=新陳代謝)が行われて、表面の古い細胞が垢(あか)となって剥がれ落ち、そのすぐ下の細胞が表に出てきます。しかし敏感肌ではターンオーバー周期が崩れてしまい、肌のキメが揃わなくなってしまいます。また、乾燥もしやすく、外的刺激から守るためのバリアも弱まります。

肌の乾燥が常習化すれば、コラーゲンが乱れて弾力性やハリが失われてしまいます。よって、シワやたるみが生じやすくなります。外的な刺激に負ければ、細かい傷が付いたりしてかゆみを感じたりヒリヒリした痛みを感じるようにもなります。肌が赤っぽくなったりすることもあります。

そのような枯れた肌の状態では、肌が自力で自分をキレイにする作業もうまくいかなくなり、汚れも溜まりやすくなります。

こうして、老化現象の早まりや肌荒れなどによって、顔は老け顔になりやすくなるのです。

ポーラ研究所によると、+11歳!

化粧品のブランドで、乾燥肌・敏感肌専門のDECENCIA(ディセンシア)というものがあります。
この化粧品を開発しているのがポーラ研究所です。ここの見解では、敏感肌(枯れ肌)であることで、本来の年齢よりも+11歳老けて見えてしまうとのことです。

その数値はあくまで例かとは思いますが、実際に11歳老けて見えてしまっていることを想像すると、なんだかおぞましいですね。もし29歳のおねえさんが敏感肌持ちであった場合、40歳に見られてしまう可能性があるということです。20代から一気に40代です。

個人差はあるでしょうが、敏感肌であるというだけで非常に損をしやすいのですね。

でも、敏感肌ってなかなか自覚がしにくいので難しいところです。少なくとも、先に書いたように乾燥しやすい場合、シワやたるみが最近気になるなという場合、なんかキメが粗いなという場合、かゆみや痛みを感じやすい場合等々は、敏感肌である可能性があります。

諦めないで、スキンケアで乗り切ろう!

一度敏感肌になったからといって、諦める必要はありません。その気になるシワやたるみ、肌荒れ等々は、きっちりとスキンケアをすることで対策を打つことができます。

ただ正直なところ、完全に改善できる!と豪語はできません。なぜなら、老ける要素というのはほかにも色々な要因が重なっていると思うからです。今回は、とりあえずは”枯れ肌から脱却しよう”、“美肌のためのケアをしよう”という視点からの対策法となります。

状態が良くなる可能性は十分にあると思いますので、是非前向きに取り組んでみてください。

とにかく保水・保湿が命!

何と言っても、保湿を行うことが大切です。肌機能が低下しているので、あなた自身の手で保水と保湿のケアを行なわないことには、肌はあまり潤わないのです。枯れ肌脱却のためにも、潤いのスキンケアを毎日欠かさずに行いましょう。朝と晩の2回が目安ですね。

化粧水は主にシットリ系を使い、加えて美容液による保湿強化、クリームによるバリアもポイントとなります。

エイジングケアも忘れてはならない

老けやすい敏感肌の対策には、エイジングケアも忘れてはなりません。エイジングケア(aging care)とは直訳で老化ケアという意味です。つまり、シワやたるみの発生を抑え、肌にハリを与えるためのスキンケアですね。

先ほど申し上げた通り、敏感肌になっていると肌機能が低下し、美肌サイクルが不安定になっています。そのせいで、肌のキメが粗くなってハリも失われている可能性があるので、エイジングケアでそこにアプローチしていくことが必要です。

これも、敏感肌用の化粧品やエイジングケア専用化粧品などで行うことが可能です。

先述した乾燥肌・敏感肌専門ブランドDECENCIA(ディセンシア)から出ている「ayanasu(アヤナス)」という化粧品があります。

濃密化粧水、糖化ケア美容液、ハリアップクリームがあり、これらで保水・保湿×エイジングケアができます。トライアルセットで気軽にお試し可能なので一度試してみては…。

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【保湿&ハリ訴求】アヤナストライアルセット

体と心の元気も、老け顔対策に貢献します

バランス良く栄養をとって睡眠もしっかりとり、体もきちんと動かす。・・・これこそ、体の代謝機能を高めたりするのに大切なタスクです。肌はあらゆる栄養素・水分から成り立っていますから、体を大切にすることはスキンケア以上に大切だと思います。

また、老け顔から若々しい顔にしていくためには、心の面でも大きな元気が必要です。無理に演じることはストレスになるのでいけませんが、ある程度前向きな気持ちになり、笑顔を絶やさないようにすると魅力的に見えると思いますよ。

笑うことの大切さ

老け顔だと、どうしても自分に自信が無くなったり、シワが気になって思いっきり笑えなくなるかもしれません。しかし、そうやって感情を押し殺すのは体に毒です。笑うこととシワができることの関連性はさほど深くはないので、笑いたいときは笑うようにしましょう。

笑った顔からは明るいエネルギーが放出されます。すると、いくら+11歳の顔であったとしても、それが+5歳くらいに収まるかもしれませんし、人によっては年齢相応かそれ以下のように若々しく見えるかもしれません。実際に、男性の多くは顔立ちが良い女性よりも笑顔の良い女性のほうが好きだったりします(笑)

また、表情が豊かになれば、表情筋が柔らかくなって肌に弾力性が出たり、血行が良くなって顔の健康にも良いでしょう。

笑うことは非常に大切なのです。普段、しっかりと笑えていますか?

老け顔でお悩みの方の中には、意外に表情が固い人がいらっしゃると思います。是非、スキンケアや体のケアとあわせて、笑うことも心がけてみてくださいね。「なかなか笑えない」という場合は、顔の体操をして表情を柔らかくするのも良いと思いますよ♪

 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ