ファンデーションがなかなか落ちない、その理由と対策!

「肌を美しく見せよう」と頑張ってファンデーションを塗る。
「汗に流れないようにしよう」とファンデーションを肌にガッチリ密着させる。

これらは、きっと多くの女性がやったことがあると思います。

でも、ファンデーションをムラなくきっちり塗れば塗るほど、夜のクレンジングや洗顔でなかなか落ちてくれなかったりしますよね。「しっかり洗い落としたつもり」なのに、いざ鏡で自分の顔をまじまじ見てみると・・・

あら!鼻の横のくぼみや目元に残ってる・・・。

では、なぜファンデーションってなかなか落ちてくれないのでしょうか?

その理由さえ分かれば、あとは対策を立てるのみですね。

この記事では、ファンデーションが落ちない!とお悩みの方に向け、私なりのアドバイスを講じたいと思います。どうぞごゆっくりお読みくださいね。

ココを疑い、それに応じた策を練ってみよう

ファンデーションが落ちない理由を、順に挙げていきます。

全てが当てはまるかもしれないし、ひとつだけかもしれません。それぞれ重なっている可能性もあります。疑わしいのがあれば、それに応じた策を練ってみてくださいね。

重ね塗りをしすぎている

冒頭に書いたことと似ていますが、一番よくあるパターンかもしれません。「しっかり塗ろう」と頑張って、その結果重ね塗りをしすぎてしまうといった場合です。

肌のコンプレックスを隠そうとすれば、誰もが厚くなると思います。

また、日焼け止め成分入りのファンデだと、日焼け対策のためにしっかりと厚塗りすることでしょう。たしかに重ねるほど紫外線防止効果も得られやすいと思います。

コンプレックスを隠したり日焼け対策をしたり・・・と考えると、重ね塗りは何ら悪いことではなく、むしろ女性なら当たり前のことなのではないかとさえ思います。簡単に「重ね塗りをやめましょう」とは言えません。

でも、それだとファンデーションが完全に落ちてはくれない・・・これも事実です。

じゃあどうすれば良いのか?

重ね塗りをすれば落ちない。
簡単に落とせるようにするには薄くならなければならない。

この葛藤、どう解決したら良いのでしょうか?

・・・まあ、ざっくり言ってしまえば、崩れにくく落としやすいファンデーション(後でご紹介します)を使うことがまず対策のひとつです。「そんな虫のいい話があるのか?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、あります。

それから、日焼け止めは日焼け止めとして別に使うのが良いかなと私は思います。

さらには、効率良くしっかりと汚れを落とせるクレンジングアイテム(これも後ほどご紹介します)を使うことで、随分と落としやすくなります。

以上の点をしっかり押さえておくことが、基本となります。

落ちにくいファンデーションを使っている

落ちにくいファンデーションだと、当然、クレンジングでも簡単に落ちてくれません。

油分の多いものだと特にそれがいえます。キレイにムラなく塗れるファンデには、油分の多いものが多く、愛用している人も少なくないでしょう。

特に夏場などは、汗や皮脂によって崩れにくいファンデーションを使っている方も多いかと思います。そういったファンデーションには、長時間持続してくれるメリットがある反面、クレンジングでなかなか落としにくいものです。

「そういったものをやめましょう」というのは酷かもしれませんが、一応考え直したいところです。

先ほどもお伝えしたように、崩れにくくも落ちにくいファンデーションという虫のいいファンデもあるので、そういったものを検討なさると良いかと思います。夏場はなおさらですね♪

クレンジング・洗顔が正しくできていない

このパターンも割と多いかと思います。

間違ったクレンジング方法のせいで、落とせるはずのファンデーションまで肌に残ってしまうといった場合です。特に鼻の脇、そして首元などに残ったりしますね。

例えば、濡れた手・顔には使えないクレンジングオイルなどを使う際は、必ずその用法(濡らさないということ)を守らないと効率良く落ちてくれません。薬じゃないですが、「用法・用量を守って」使うことが肝心です。

また、クレンジング料と肌との相性が合わない場合も、効率良く落とせないことがあります。こればかりは経験を踏まないと分からないことも多いですが、そういうこともあるのだ、と頭の片隅に置いておかれると良いでしょう。

例えば、油分の多めのファンデであれば、やはりクレンジング力の強いオイルクレンジングが良いでしょう。目には目を。歯には歯を。そして油には油を、ですね(笑)

さらには、クレンジング後の洗顔も大切ですね。ダブル洗顔はあまり良くないと言われますが、ファンデーションを肌に残しておくほうが肌には良くありません。

つまり、場合によっては、ダブル洗顔は悪ではないのです。落とすことが先決なのです(もちろん、ダブル洗顔不要のクレンジングで済むなら、それでOK)。

ただ、ダブル洗顔が肌の皮脂を必要以上に奪ってしまうのも、見逃せない事実。だから、クレンジングや洗顔を一生懸命やるのを躊躇する人は多いのでしょう。

でも、洗うことはとても大事。洗ったら、後でしっかりと保水・保湿を行えば大丈夫です。

毛穴が常に開いてしまっている

こんなケースもあるでしょう。

普段から毛穴が開いてしまっていると、そこにファンデーションや汚れが落ちやすくなります。毛穴からは皮脂が出ているので、それと混じると毛穴にファンデ残りが沈着し、シミになることもあります。

洗顔をして肌を清浄に保つ必要はありますが、同時に、毛穴を引き締めてあげるスキンケアも必要になってきます。

とは言っても、ちゃんとクレンジング・洗顔をしてから。そうしないと、汚れが入った毛穴の上から蓋をすることになり、汚れが埋まってしまいます。

毛穴を引き締めるには、やはり肌を健康に保つことも大事ですね。保水・保湿はもちろん、生活を改善することで肌の活力や自浄機能を高めてあげることです。

生活改善というのはなかなか面倒ですが、食事、睡眠、運動などにも、きちんと気をつかっていきたいものですね。

他の化粧品が原因になっていることも

化粧下地、日焼け止め、BBクリーム、アイメイク、口紅等々、こういうものとファンデーションが混ざり合うことで落ちにくくなることもあります。

どういった混ざり具合でどうなる・・・といったことは、この場では特定はできませんが、一度、そういうケースを疑ってみる良いかもしれません。

油分の多いアイテムを使っているのであれば、それが怪しいです。

対策としては、油分の少ないものを選ぶとか、ライトメイクにするとか、ノーメイクにするとか、落ちやすいクレンジングを研究するとか・・・になってきますね。

・・・とてもじゃないけど、ブログでは提案しきれないので、是非色々と試されると良いと思います。実験を重ねて、理想の状態を追い求めていきましょう。

「それはめんどくさい」

・・・分かります。色々試しているうちに肌がガタガタになっていってしまう可能性もあるので、なかなか実験には前向きになれないと思います。

でも、実験をしていこうという心は大切です。探求心を持ちましょう♪

ただ、ここで終わると不親切かと思いますので、以下にて、ちょっとだけアドバイスをしていきたいと思います。

崩れにくく落としやすいファンデはコレ!

ここで、おすすめのファンデーションをひとつご紹介したいと思います。是非検討なさってみてください。

どんなものかといったら、先ほども述べた、虫のいいファンデーションです(笑)

汗や皮脂によって崩れてしまうのを極力防ぎ、なおかつクレンジングで落としやすいといったファンデーションです。いわば、崩れにくく落としやすいファンデ。

もちろん、クレンジングの仕方や肌の状態などによっても左右されますが、「今使っているのはなかなか落ちてくれないんだよね」とお悩みの方にぴったりなファンデです。

・・・さて、ご紹介するのは、「レイチェルワインミネラルファンデーション」というものです。

このファンデには、「油分」が含まれていないため、そもそもが落としやすい性質といえましょう。また、肌に負担になる成分もカットされているので、敏感肌の方でも安心して使えるように思います。

 ※ 補足ですが、ミネラルとは無機物質のことをいいます。通常、ミネラルはファンデーションには入っているものですが、今回の「レイチェルワイン」は油分や化学添加物が配合されていないため、「ミネラル」ファンデーションとして強調しているのでしょうね。

したがって、クレンジング不要(普通の洗顔だけでOK)で落とすことができるといった、たいそう便利なものです。

「じゃあ、崩れやすいんじゃない?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、そこも、「ミネラル成分が皮脂を吸着し、浮かないようにする」という方法でクリアしています。

したがって、肌に残る心配はかなり軽くなるとは思います。

が、万一、普通の洗顔だけでは肌に残ってしまう場合は、あらかじめクレンジングもされると良いかと思います。この辺は、臨機応変にいきましょう。

ランキング等でもトップレベルのファンデなので、是非一度使われてはいかがでしょうか?

レイチェルワインミネラルファンデーションの公式通販サイトはこちら
時短

クレンジング・洗顔をこなす、とろけるバーム

「ミネラルファンデーションはまた今度or興味ない」という方。「そうでないよ」という方。両方に是非試していただきたいのは、普通の洗顔を同時にこなせる、「D.U.O ザ クレンジングバーム」です。

別の記事「こすらないクレンジング!とろけて洗顔も同時に終了!」にも書いたのですが、バームとは、肌の上でバターのように溶かして使うもの。ファンデやメイク、そして汚れを一緒くたに溶かし浮かせていく醍醐味があります

「オイルクレンジングは肌に負担になるでしょ」
「W洗顔不要の洗顔料でのクレンジングだと頼りない」
「バターのような感覚が気になる」

と感じる方は、こういったバームタイプを試してみると良いかもしれません。面白い感触ですよ♪

ただ、体温や水分ですぐに溶けるので、水等が入らないようにだけ気を付ける必要はあるでしょう。そこだけ気を付けて、肌に優しく、効率良く汚れを落としていくと良いでしょう。

D.U.O ザ クレンジングバームの公式通販サイトはこちら
プレミアアンチエイジング

以上、ファンデーションがなかなか落ちないとお悩みの方に、その理由や対策、そしておすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

「今の ファンデーション/クレンジング が残っているしなあ」と迷っている方もいらっしゃるかと思いますが、次には上記のアイテムを使うように、計画に入れてみてはいかがでしょうか?

ただ、今回お伝えしたことが全てではないと思います。なので、もし思い付いた方法があったら、色々試されてみると良いでしょう。実験が大事です♪

そもそも美容には、ある程度の方向性はあっても、絶対的な答えって無いと思いますので^^

 


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ