ドライヤーで頭皮・肌や髪の乾燥を招かないようにしよう!

洗髪後、きっと多くの方がドライヤーを使っていることでしょう。乾かさずに眠るのは、頭皮にも髪にも良くないですからね。特に湿っぽい季節には、雑菌の繁殖やフケの発生も気になります。

でも、もうひとつ気にしなければならないことがあります。それは、ドライヤーのかけ具合によって頭皮や顔の肌が乾燥してしまうことです。

意外に盲点かもしれませんが、乾燥肌や敏感肌の方は特に気を付けてみたい部分ですね。この記事では、そのドライヤーの影響についてと かけ方のアドバイスをお伝えしたいと思います。

ドライヤーの影響とリスク回避法

ここでは、ごく一般的な家庭用のヘアドライヤーをもとにお話をしていきます。今日なし得ることを明日に伸ばすなかれ。ぜひやってみてくださいね!

まずはタオルドライを

まず、ドライヤーをかける前には必ずタオルドライをしましょう。なぜか?それは、少しでも熱風を当てるのを減らすためです。

ビショビショになったままの状態からドライヤーをかけると、乾くのに時間がかかり、頭皮も髪も傷んでしまいます。必ずタオルで水分を優しく吸い取り、それからドライヤーをかけるようにしましょう。

頭皮エッセンスがあれば使ってみる

頭皮の環境を整えたり潤いを与えてくれる、いわば化粧水のようなものがあれば是非使ってみましょう。使うならタオルドライ後くらいが良いですね。

そうすることで、ドライヤーによる頭皮の乾燥をより防げるようになりますし、頭皮環境を整えるためにも非常に有効です。

詳しくは「頭皮に化粧水を使っての保湿と、おすすめのコスメについて」をご覧くださいね。

20~30cm離して風をあてる

乾け乾けと強く思うほど、ドライヤーを髪の近くまで持って来ようとしてしまいます。でもそれって、意外に風があたる面積が減るし、頭皮も髪も傷みやすくなります。

ですから、常に20~30cm離して風をあてるようにすると良いでしょう。乾いている実感がなくとも、十分効果はあります。なお、風の強さは最強でOKです。

そういえば、以前私が美容院に行ったとき、頭皮を軽く火傷したことがあります。担当した美容師は、ドライヤーを頭皮から5cmほどのところでかけてきたのです。当時はまだ知識が無く、「こんなものなのかな」と思っていましたが、今思えば危険な事。

その美容師にとっては「ドライヤーはなるべく近くでかけましょう」というスタンスだったのかもしれませんが、私は断然、離して使用する派です。なお、今もその美容院に通っていますが、美容師は別の方。離してドライヤーをかけてくださいます。

風を揺るがせつつ、根元からあてる

風を同じところばかりにあてると、頭皮も髪もダメージを受けやすくなってしまいます。そのため、風を揺るがしながら、分散させてあげるようにしましょう。

そして、あてるときは根元から毛先にかけてあてる感じにすると良いでしょう。この辺は美容師さんもよくやっている方法ですね。片方の手で髪を優しく持ち上げ、根元から乾かすようにしましょう。

なるべく顔にあてないようにする

ドライヤーの風は、顔の肌の水分も奪ってしまいます。そのため、なるべく顔にあてないよう、ドライヤーは上のほうからかざすようにするのがポイントです。

もちろん、いくら気を付けていても顔に風があたってしまうことはあります。それは仕方がないので、先に顔の肌の保湿ケアを行っておくなどして対策をしてみましょう。

ドライヤーの風を顔にわざとあてて快い気分に浸る人もいらっしゃると思いますが、やらないようにしましょうね。

だいたい乾いたところで冷風にチェンジ

「あと少しかな」というところまで乾いてきたら、冷風(といってもただの送風ですが)に切り替えましょう。あとはその風で乾かすようにします。そうすれば乾燥を最大限に防げるし、キューティクルを引き締めることもできます。

冷風のときは、熱風のときよりも近づけても構わないでしょう。だって、熱くないんですから、その分乾燥の度合いも減りますからね♪思う存分自由に使っちゃって大丈夫だと思います。

オーバードライに気を付けて

冷風に切り替えずにずっと熱風で乾かしていると、頭皮も髪もオーバードライになってしまいます。すると頭皮が乾燥するばかりでなく、髪が傷んで細くなったり色がハゲてしまうことがあります。

くれぐれも、オーバードライには気を付けてくださいね。

ドライヤーに関する疑問と解答

ドライヤーに関してありがちな疑問とその解答についてまとめてみました。興味がございましたら是非ご覧くださいね。

イオン発生機能は必要なのか?

私の意見では、イオン発生機能は必要ありません。電化製品でイオンだイオンだと高らかに謳われている時代もありましたが、あれは商品を売るための戦略にしか見えません。

イオンで頭皮を保湿?環境改善?・・・私にとっちゃ、とんだ茶番のようにしか見えません。

もちろん、イオンの力が実証されている製品であれば良いのですが、実は確たる実証もなく販売されている製品も多く、それがたまにマスコミの槍玉に挙げられていることがありますね。

仮にイオンが発生したとしても、大事なのは使い方・乾かし方です。

よって、「イオン発生機能は必要だ」とするための根拠は、現時点では乏しいのではないかと考えています。なお、誤解無きように書いておくと、イオン発生機能付きがダメというわけではありません。

半乾きで終えるのって良いのか?

熱風で大方乾かし、残りは自然乾燥にする・・・といった方法を聞いたことがある方も多いと思います。でも、私はその意見には賛同しかねます。

なぜ半乾きが良いのか?と言う人がいるのかというと、要は、オーバードライを防いだり頭皮を潤わせておくためだからだと思うのです。

しかし、先ほどお伝えした方法を実行していただければ、頭皮も髪もいたわりながら完全に乾かすことができると思います。第一、半乾きの状態でブラッシングしたり横になったりすると、髪に大きなダメージを与えかねません。

よって、半乾きはNGです。

自然乾燥はどうなのか?

半乾きがNGなので、自然乾燥もNGです。電気代も時間も、惜しまずにドライヤーに使うべきです。

余談ですが、大昔にはドライヤーなんてありませんでしたよね。いったいどのように髪を乾かしていたのか気になりませんか?

もちろん自然乾燥です。しかし、髪を洗う頻度も少なく、平安時代に至っては月に一回しか洗わなかったり、人によっては一生涯洗わないこともあったそうです。それが時代というものなのでしょう。たとえ雑菌が湧こうがフケが出ようが、それが “当然” だったので、その時代にはそれで良かったのです。

しかし現代は違います。不浄な肌・髪では、不快であるだけでなく印象も悪くなってしまいます。是非そうならないように、現代的な美意識をお持ちになってケアをしていっていただけたらと思います。

トリートメントのタイミングは?

洗い流さないトリートメントは、ドライヤーをかける前が良いのか後が良いのか気になっている方も少なくないでしょう。

基本的には、タオルドライ後・ドライヤー前でOKです。製品の説明書きに特に注意事項がなければ、そのように解釈していただいて大丈夫だと思います。中にはドライ前後に行う方もいらっしゃるようですよ(製品によるかもしれないので、詳しくは美容師に尋ねるのをおすすめします)。

なお、洗い流さないトリートメントは特に女性なら使ってみると良いです。やはり髪の質って大事ですからね。ヘアケアにも命をかけるつもりで!

 

・・・以上、ドライヤーで髪を乾かすときの注意点やアドバイスなどについてお伝えしましたが、いかがでしたででしょうか?

主に洗髪後に乾かすシーンをイメージして説明してまいりましたが、髪のセット時も、風の使い方は多少違うものの ほぼ同じ流れ。頭皮や髪が傷まないような工夫をすることが大切です。

また、頭皮や髪の健康は、何も洗髪やドライヤーやヘアケア・スキンケアだけが大事というわけではありません。生活習慣を改善して、内部から美しく丈夫にしていくことも忘れないようにしましょう。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ