脱毛を家で簡単にやるなら、手抜きな性格でも肌に優しいのを

特に夏など、肌を出すことが増えてくると、やっぱり気になるのがムダ毛ですよね。女性にとっては腋毛(わきげ)や、男性にとっては胸毛や髭といったところでしょうか。人それぞれで、コンプレックスに感じている部位は異なるでしょう。

いずれにしても、なるべく早いうちから脱毛をしなければ、夏本番の水着や薄着に間に合いません。思い立ったが吉日!脱毛は急にやれるものではないですし、肌をいたわりながらやるには、時間がかかります。

・・・とは言っても、ハッキリ言って面倒ですよね。“脱毛方法”と聞いても、一体何から始めたらいいか分からない方も多いでしょうし、わざわざエステサロンに通うのも億劫です。

というわけで、この記事では、家で簡単にできる脱毛方法についてお伝えします。自分の力でやるしかないですが、エステに通うより断然楽だし、手抜きな性格でも肌に優しい脱毛が可能かと思います(敏感肌でもOK)。

また、脱毛における注意点も一緒にお伝えしますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

家で簡単に脱毛をするなら、これを使ってみよう

いきなり脱毛アイテムのお話になってしまい恐縮ですが、これを持っていなければ、家で簡単に脱毛を行うことができません。そのため、少しだけ紹介させてくださいね。

脱毛アイテムといえば、ワックスやクリーム、レーザーなどがありますが、今からご紹介するアイテムは、フラッシュ脱毛器です。要は、光エネルギーを使って、毛を生やす毛母細胞にダメージを与えるのです。

それを言うと、「大丈夫か」「なんだか痛そう」「管理がめんどくさそう」といった懸念が出てくると思いますが、そこは、選ぶ脱毛器によっても変わってきます。

これからご紹介するのは、極力肌に負担を与えず、効率良く脱毛処理が可能なアイテムです。

フラッシュ脱毛器ケノン

「ケノン」というのを聞いたことはございませんか?脱毛アイテムの中では非常によく売れているモノで、美顔器としての機能も兼ね備えている、今や人気の脱毛器です。

まあそれはいいとして、このケノンを使われると、家でも手軽に、そして比較的安心して脱毛ケアができるのではないかと思います。

その理由として挙げられるのは、

  • 敏感肌でも使える独自の発光技術
  • 短時間で照射することができる
  • 照射範囲が広い
  • 照射による傷みを極力軽減
  • 自分でやれるからデリケートゾーン(アンダーヘア)も可能
  • 自分の好きなタイミングで可能
  • シンプルながらもオシャレなデザイン
  • コストパフォーマンスが良い

などといったところです。脱毛器についてあまり知らない方からすると「ふ~ん」といったところかと思います。

が、従来よくあったレーザータイプや、フラッシュタイプでも古い物だと、痛かったり、照射性能が悪かったりするのです。一方で、肌への負担が大きかったりするものも多かったでしょう。

今も、脱毛器は日々進化をしていっていると思いますが、ケノンは、今のところトップレベルに位置する脱毛器と判断しても良いと私は思います。その分価格はかなり高いので、お財布との相談は必要かもしれません。

この脱毛器の詳細に関しては、ぜひとも公式通販サイトをご覧ください。かなり長~いページになっているので、読むのが疲れるかもしれませんが、ケノンのことを知るためにも、ざっと一読されると良いでしょう。

ケノンの公式通販サイトはこちら
脱毛器

脱毛器を使って脱毛する際の注意点など

脱毛器を使った方法は、家で簡単に脱毛ができるところがメリットではあります。しかし、ちょっと厳しいことを言うと、自分でやる以上は自分の責任となります。

エステサロンで脱毛失敗・・・といった事例がありますが、その場合、悪いのはエステサロンです。しかし、自分でやって失敗した場合は、あなた様自身のやり方が悪いことになります。

「そんなこと知ってるよ」とお叱りを受けそうですが、なぜそんなことを言うかというと、脱毛によって肌を傷めてしまう人は少なくないし、一度生えなくなったら二度と毛は生えなくなることがあるからです。

ケノンを使った脱毛では、たしかに極力肌に負担をかけずにやれます。永久脱毛というわけでもないので、一度生えなくなっても、数年したら生えてくるかもしれません(むしろこの可能性が大きい)。

しかし、少なからず肌に負担にはなるし、人によっては、永久脱毛といえるほど、毛が生えてこなくなる事態もあるかもしれません(あくまで最悪の事態の想像ですが)。個人差というものもありますが、その点はしっかり肝に銘じておく必要がありますね。

では、少しでも安全に脱毛を行なっていくために、ここでアドバイスをお伝えしましょう。

ケノンの使用は、2、3週間に1回程でOK

脱毛エステに通ったことがある方は分かると思いますが、脱毛処理ってそんなにやらなくて良い、というかやってはいけません。

ケノンを使うのは、2週間に1回くらいで大丈夫です。ただ、顔やワキなどの、比較的皮膚が薄いデリケートな部位は、3週間に1回くらいにしておくのが無難でしょう。あまり多くやると、いくら低刺激なケノンでも肌を傷めてしまいます。

また、肌に異常がある場合も使わないのが良いですね。症状が悪化してしまったら本末転倒です。

敏感肌の方は、出力レベルを下げて使用しよう

ケノンには、1~10の出力レベルがあります。エステ並みの大きなパワーを感じたいときに、レベル8以上が推奨されます。

しかし、敏感肌の方にとって、それは危険を伴います。そのため、敏感肌ならレベル4以下で使われることをおすすめします。もちろん、状態によっては、レベル1が望ましい場合もあるでしょう。

また、デリケートな部位も、弱めで使われることをおすすめします。

レベルを下げたからといって効果が消えるわけではないでしょう。ただ、脱毛までにかかる期間は、その分長くなってしまうことが予想されます。より安心して脱毛するには、なるべく早い時期から行うと良いでしょう。

使用後は冷却を

高度な光エネルギーを浴びるので、必ず皮膚は熱を持つことになります。そのままにしておくのはよろしくないので、冷却をすることをおすすめします。

水や氷を使って、冷えすぎない程度に冷やしましょう。ケノンの使用前に準備しておくと良いですね。

取扱説明書には目を通そう

読むのは面倒ですが、いくら手抜きな性格でも、取扱説明書には一通り目を通しておきましょう。夜、寝る前のスマホやPCをやめて、取扱説明書を読めばOKですね♪

脱毛をするとモテなくなっちゃうの!?

少し信じられないお話かもしれませんが、脱毛をしたことによって、性的な魅力が落ちるといった説があります。特に腋毛については、それが言えます。

医師のおおたわ史絵さんによると、実は脇毛には、性的魅力を持つフェロモンを遠くに飛ばすといった働きがあるそうです。しかし、脇毛がなくなるとそれができなくなり、異性にニオイを届けにくくなるとのこと。

現代の人間の本能がどこまで機能しているかは分かりませんが、脱毛が怖くなってしまいますね。ただ、現代人の場合、見た目というのも異性を判断する材料にしていると思うので、脱毛が良いか悪いかは、断言しづらい気もします。

もし身近に「脱毛してから恋愛運が悪くなった」と言っている人がいれば、上記の説は明らかに当てはまるでしょう。でも、実際「脱毛していないとみっともない」といった意識も働きますよね。う~ん、難しい(^^;)

こんなことを言ってはなんですが、信じるも信じないもあなた次第です。

 
・・・というわけで、今回は、フラッシュ脱毛器ケノンを使って、脱毛を家で簡単に行う方法についてお伝えしました。いかがでしたでしょうか?

色々注意すべき点も書いてきましたが、あらゆる脱毛方法の中でも、効率的かつ安全な方法をお伝えしたつもりです。もし、本気で在宅脱毛をするなら、ケノンを使った方法をおすすめいたします。今や、自分でやれてしまう時代なのですね。

ケノンの公式通販サイトはこちら
脱毛器


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ