こすらないクレンジング!とろけて洗顔も同時に終了!

メイクは女性にとって、とても大切な作業です。もちろん素肌から綺麗で美しければ良いのですが、何かと肌の状態が気になったり、仕事柄肌の演出が必要だったりすると、メイクをせずにはいられませんよね。

でも、メイクをするということは、後で必ず落とさなければなりません。クレンジングをさぼってしまうと、メイク成分が毛穴に残り、刺激し、炎症を来してしまったりします。元々成分自体肌にも良くないので、落とすときはしっかりと落としたいものですね。

ところがまた気になる問題が・・・。しっかりとメイクを落とそうとすると、何度もクレンジング料を塗って洗い流さねばならなくなります。また、それに加えて、クレンジング後には通常の洗顔をして仕上げる必要がありますね。

W洗顔とか洗いすぎは肌を傷める・・・といった話があるように、そのような度重なるクレンジングや洗顔は避けたいものです。特に敏感肌の方にとっては、なるべく・・・ではなく“極力”避けたいものです。

では、どうすれば回数を少なくクレンジングを済ませられるか?ということですが。

化粧を軽くする?それかノーメイク?ファンデーションだけ?落としやすい化粧品に変える?・・・そうですね、そういう方法もあるにはあります。が、今回は、メイクそのものではなく”クレンジング”のほうに焦点を当ててみましょう。

実は、ちゃんと方法があるのです!通常の洗顔も同時にこなすことのできる方法なので、是非参考になさってみてくださいね。

メイクは、溶かして浮かせて流す

肌をこするようにしてメイクを落としたりするのが従来の手法でした。クレンジング料を肌につけて、グルグルゴシゴシ回したりしませんでしたか?・・・でも、その方法では肌がカサカサになったり、なんか突っ張った感じがしたと思います。

でも、その手法をやめて、“溶かして浮かせて流す”といった手法に切り替えることで、肌に負担をかけないでメイクを落とすことができるようになります。

「じゃあ、どうやったら良いの?」・・・そうですよね、従来のクレンジング料の場合は、なかなか理想の落とし方ができません。だから、使うべきクレンジング料をまず見直すところから始める必要があります。

クレンジング料を、バームにしてみる

バームとはご存知ですか?俗に、クレンジングバームと呼んだり洗顔バームといった言い方もします。比較的新しいタイプのクレンジング料です。

ジェルでもなく、クリームでもなく、固形でもなく、何と言ったら良いのか・・・バターのような感じ、と言えばイメージしやすいのではないか?と思います。元は固形に近い感じですが、肌に乗せるとジュワ~っと溶けていくモノです。

そのバームというものを使うことで、先ほど述べた“溶かして浮かせて流す”という理想的なクレンジングが可能になります。メイクと一緒に溶けていくので、わざわざ手を使ってこすったりする必要がなく、また比較的落ちやすいため、エコなクレンジングができるのです。

その結果、肌に優しく、効率の良いメイク落としが可能になるというわけです。もちろんバームアイテムの品質にもよりますが、優れたバームだと、Wクレンジング・洗顔不要で落とすことも夢ではないかと思います。

おすすめのバームアイテム

私がおすすめするバームは、「D.U.O ザ クレンジンングバーム」(以下、「ドゥオ」と呼びます)というアイテムです。

ドゥオの場合、ナノマトリクス構造と呼ばれる特殊なカプセル構造が特徴的です。洗浄からアンチエイジングの両方を兼ね備えた美肌成分が閉じ込められており、肌の上でバームが溶けていくことで、クレンジングと清潔度UPを実現してくれるというわけです。

だから、クレンジング後の通常の洗顔も必要ない・・・というか、一発でこなせてしまうので、そこが大変便利で、肌への負担もグッと抑えることができるのですね。

ドゥオには保湿成分も含まれているようなので、洗い上がりもシットリする感じになるかなといった感じです。クレンジングや洗顔では皮脂を必要以上に落としがちですが、その不安も少なくて済むでしょう。

従来のクレンジング料にも良いものはたくさんありますが、ドゥオをはじめとするバームの場合は、より肌に優しく、とろけるような面白い感覚でクレンジング・洗顔タイムを楽しめるのでは?と思いますね。

D.U.O ザ クレンジンングバーム通販サイトはこちら
プレミアアンチエイジング

入浴中に、肌が蒸れてから洗ってみよう

既にやっている方も多いかもしれませんが、確認がてらお伝えします。

クレンジングや洗顔は、できれば入浴中など、毛穴が開きやすい環境のもとで行なったほうが良いかと思います。というのも、毛穴が開けば、それだけ中に落ち込んでいるメイク成分や汚れが出やすくなるからです。

入浴中でなくても、湯気を肌にかざしたり、蒸しタオルを当ててから落とすのも効果的です。特に寒い冬などの場合は、肌も冷えて毛穴も小さく硬くなっているので、温度を上げて自然にほぐれるように仕向けると良いですね。

その状態でバームを使うと、非常に効率良くクレンジング・洗顔ができます。しかも時短プレー!今まで億劫だった作業が、ちょっとの工夫で「あらラクチン♪」ということです。肌をいたわりたい方のみならず、忙しい方にもピッタリな方法かと思います。

クレンジング・洗顔後のケアも忘れずに

バームを使ったクレンジングや洗顔は肌に優しいですが、それでも、その後のスキンケアは忘れるべきではないでしょう。

先ほどのドゥオのように、いくら美肌・保湿成分が入っていても、あくまでクレンジングはクレンジング、洗顔は洗顔です。つまり、”肌を清潔にする”というのが主な役割です。

若くて健康肌の方はそれだけでOKな場合もありますが、肌の調子が気になる方は、加えて基礎化粧品によるスキンケアは必須かな、と個人的には思います。

敏感肌の方は敏感肌を整えていくスキンケア、赤みが気になるなら消炎ケア、くすみが気になるなら美白ケア、乾燥が酷いなら潤いケア・・・といったように、人によって色々と分かれてくると思いますが、そちらもきちんとやっていきましょう。

あと、日頃の生活習慣を改善したり、しっかり運動をして代謝をUPしたりと、体内からのスキンケアも非常に大切。お忙しいかと思いますが、できる限りの範囲で意識されると良いと思います♪


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ