足の裏が臭い原因とその対策はこちら!洗ってもダメな方へ

友達と日本料理を食べに。靴を脱いでお座敷に上がった瞬間「う・・・納豆クサイ」「え、誰の足から臭っているんだろう」「もしかして、私!?」。しばらくは友達を疑ってみるものの、どうも自分の足のほうから臭いが漂っている気が・・・。

というような経験をされた方は少なくないでしょう。そうですね、紛れもなく、その臭いはあなた様が原因である確率が高いですね。いや、隣に友達がいたら、その人の可能性もありますけど、どちらが犯人かは、後で自分の靴の中を嗅いでみれば分かります。

さて、この記事では、そんな足の裏の臭いに悩まされている方に向けて、その原因と対策についてお伝えしたいと思います。「洗っても臭いが取れない!」という方にも実行可能な対策も書いてありますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

足の裏の臭いの原因と対策

原因といっても、ひとつに絞れるというわけではありません。ここでは、原因をいくつかご紹介して、それぞれに対する対策を講じてまいります。ぜひ、心当たりのあるところから対策を実行されてみてください。

不潔

まずは当然のことながら、不潔では臭いも発生しやすいですね。下でお話ししする内容と大きく関係しますが、不潔だと菌がわくのです。

すでにやられている方も多いかもしれませんが、足の指の隙間まできちんと石鹸で洗ったり、靴の中をキレイにしておくことがまず大切。洗いすぎは肌荒れの原因にもなるので、様子を見ながら調整しましょう。

まずは清潔にしておく!これがベースにあります。別の対策はそれからですね。その方法は以下の中でご紹介します。

体質(汗と皮脂、そして雑菌)

これは、体質も大いに関係しているところです。

少し理屈っぽいお話になりますが、足の裏にはアポクリン腺とエクリン腺が存在しています。これらは、汗を出すためのもので、人によって数や大きさに違いがあります。

今回臭いの主な原因となっているのは、アポクリン腺から出てくる汗や皮脂に雑菌が混ざることでしょう。アポクリン腺の汗には、水分のほかにアンモニアや脂質、糖質なども含まれていて、ここに雑菌が加わると異臭を発します。脇と同様です。

アポクリン腺の数が多かったり大きかったりすると、臭いの度合いは強くなります。だから、臭いやすい人とそうでない人は、言ってしまえば体質の違いというわけですね。

対策は、常に足を清潔に保つことと、なるべく蒸れないようにすることです。足の裏は通気性が悪く湿りやすいので、雑菌がわきやすい。ですから、靴の中の殺菌はもちろん、靴下等も履き替えたりして工夫してみることが大切です。

ちなみに、パンプスやストッキングは靴下以上に蒸れやすいので、より注意が必要かと思います。

あと、足の裏に、臭い対策用クリームを塗って、雑菌を殺したり、汗を抑えたりすることも可能です。そのクリームは「クリアネオ」というもの。同じくアポクリン腺の多い脇にも使えるので、特に汗のかきやすい時期は重宝できそうです。

クリアネオの公式通販サイトはこちら
クリアネオ

ストレスや体調不良

上に書いたように、足の裏にはエクリン腺というのもあります。ここからも汗が出てきますが、こちらは基本的に水分が多く、無臭です。しかし、ストレスや体調不良(あるいは病気)により老廃物が多く混ざると、臭いを発することがあります。

その臭いは、独特の納豆臭とは違いますが、やはり深刻になってくると、それなりに臭ってしまうことでしょう。エクリン腺の汗が多くなれば、それだけ蒸れやすくもなり、菌がわいて、先ほどのアポクリン腺の汗や皮脂とも混ざります。

ストレスや体調不良の場合は、なるべくストレスから解放されて、体調も元に戻してあげることが先決です。しっかり食事と睡眠をとり、体を動かし、代謝の良い体づくりも忘れてはなりませんね。

「動くと汗が出て、余計に臭くなる!」と思いがちですが、長い目で見ると、やっぱり代謝の良い生活が大切ですね。もし臭いが気になる場合は、先ほどご紹介したクリームに頼るという手もありますので、是非体を積極的に動かしてみましょう。

水虫

不潔で蒸された状態が常習化すると、やがて水虫とも縁結び。水虫だと足の裏が臭くなるといいますが、逆を言えば、臭くなるような状態だから水虫ができてしまったのかもしれませんね。かゆみ水泡、皮めくれがあったら要注意です。

水虫は皮膚を侵食していきますので、肌状態はすこぶる悪くなります。肌が荒れて傷口も多くなったりすれば、雑菌がここぞとばかりに食い込んできます。その結果、さらに臭いが強くなってしまうのです。

雑菌にとっては、人間の皮膚は美味しいようで、特に甘いものが大好きな人の皮膚は格別らしいですよ。糖尿病の方が水虫になる確率が高いそうですが、きっと、とてもデリシャス♪なのです。

水虫対策としては、やはり常日頃から清潔に保つことが大切。それと、健康的な生活を送って、肌の状態を良くしておくことや代謝を良くしておくことも忘れてはなりませんね。

もし水虫になってしまったり、そういう気がする場合は、早めに皮膚科のほうにかかられることをおすすめします。そのほうが、水虫向けのきちんとした対処法も講じてもらえると思うので、安心かと思います。

香水で対策するのは良い・・・○か×か?

「香水を足の裏に塗って、臭いをごまかそう」という方法もありますね。でも、これって本当にやっても良いのでしょうか?

たしかに、香りで臭いをごまかすという方法は、トイレの芳香剤などに見られるように ありがちなことです。でも、足の裏に関して言えば、あんまりそれはよろしくないかと思います。

その理由は、香水でごまかしたところで、汗や菌を抑えられるわけではないからです。それに、香水に含まれているアルコール分が肌を刺激して、さらに状態が悪くなることもあるでしょう。敏感肌の方はなおさらですね。

また、香水の香りと足の裏の臭いが混ざって、とんでもない臭いに変化することもあります。それはもう、何と言ったら良いのか。良い香りと悪い臭いの落差が生じて、余計に足の裏の臭いが際立つ・・・というか、そんな感じですね。

香水でごまかすのはよしましょう!常に清潔にしておき、お召し物を工夫したり、健康的な体をつくったりして、適宜 制汗・殺菌クリームを用いていく・・・。その地道な方法こそ、臭い対策なのです。

いっそのこと、裸足で生活してみませんか?

足の臭いで悩まされない回避法のひとつに、裸足で生活をするというものがあります。まあ、裸足といったって何も履かないのはいけないので、サンダルとかスリッパを履いて生活することになります。

先に足を清潔にしておいて、それから綺麗なサンダルやスリッパを履いてみましょう。通気性が良いため、菌が繁殖しにくくなるので、足にとっては都合が良いかもしれません。ただ、足の日焼けや怪我等にご注意ください。

間違っても、不潔で蒸れた靴を脱いでからサンダル等に履き替えるのは避けましょう。サンダル等が不潔になってしまいます。

それから、靴を脱いでから部屋に上がる機会がある場合。不潔な靴を履いていて、その靴を脱いで部屋に上がると、カーペットや畳などに臭いや菌が移ってしまいます。そういうこともあるので、念のため、おうちにひとつは除菌スプレー等を常備しておくと良いですね。

 

・・・以上、足の裏の原因や対策などに関するお話でしたが、いかがでしたでしょうか?足の裏の臭いは、脇と同じくとってもしつこい!足が臭うと、それだけで性格を疑われてしまいます。是非、念入りに対策を実行されてみてくださいませ^^


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ