朝には洗顔を したほうが良い?or しないほうが良い?

肌を清浄に保つには、洗顔は欠かせないスキンケアのひとつです。昔から、お母さんとかから「起きたら顔を洗いなさい」と教育されてきた方も多いでしょう。だから、朝洗顔って、いわば常識かもしれません。

でも、肌への負担について考えたとき、朝の洗顔はしないほうが良いのではなかろうか?ってふと思ったことがあります。きっと、この記事をご覧になっている方も、朝洗顔ってどうなんや?って思っていらっしゃることと思います。

そこで、この記事では、朝洗顔の是非について一緒に考えていきましょう。悩みは今日のうちに解決!これが大切ですからね♪

朝洗顔のメリットとデメリット

ここでは分かりやすく、まずメリットとデメリットに分けて考えてみようと思います。

メリット

  • 気持ちがシャキッとする!
  • 夜のうちに出た皮脂や垢を取り除くことができる!
  • 前夜に落とし切れていない汚れを落とせる!

今思いついただけで、この3つ。

私はよく祖母に「朝は顔を洗ってシャキッと学校行けぇ!」と言われました。半分寝ぼけた顔をしていても、顔を洗うと確かにサッパリします。そういった意味では、朝洗顔は非常に大きな効果を発揮するでしょう。

また、睡眠中には肌が生まれ変わっています。シンデレラタイムといって22時頃~翌2時頃というのは肌の新陳代謝が高まる時間なので、このときに垢が生じます。それに睡眠中でも、暑い日は汗・皮脂がたくさん出ます。特に皮脂が多い方はそうでしょう。

そういう場合は、朝の洗顔がその汚れをスッキリと落としてくれます。肌上の汚れを取り除くことで、その後の保水・保湿ケアも効率が良いし、メイクの乗りも少し良くなるはずです。そもそも、肌は汚いのはいけませんね。

さらには、前夜のクレンジング・洗顔が中途半端だったり、落とさないうちにうっかり眠ってしまった場合などは、朝にしっかり落とさないといけませんね。

デメリット

  • 面倒くさい
  • 肌の乾燥を招くことがある
  • 肌が弱い人には負担なる

「朝に洗顔をすると気分がシャキッとする」の裏返しですが、朝の洗顔って面倒ですよね。眠たかったり憂鬱な気分のときはなおさらです。

まあそれは良いとして、洗顔というのは、少なからず肌の乾燥を招くおそれを秘めています。特に、空気乾燥の激しい冬、そして元々乾燥肌の方であれば、なおのこと乾燥しやすいでしょう。乾燥してしまったら、その後は保水・保湿のスキンケアを忘れずに♪

それから、敏感肌や肌が弱ってしまっている方だと、寝起きは肌が乾燥していたりすることが多いと思います。肌外的刺激にも弱い状態になっているので、洗顔は肌に負担がかかります。

それは夜のクレンジング・洗顔も同様です。だから、一日の洗顔回数を減らすべく、朝は洗顔を控えるようにしたほうが良い場合もあるかもしれませんね。

人それぞれで違ってくると思う

朝洗顔をしたほうが良いのかしないほうが良いのかは、人それぞれで違ってくると思います。こう言うとちょっと卑怯な気もしますが、人それぞれで肌質や生活パターンは様々なので、仕方がありませんね。

メリットを優先したとしても、さほど大きな悪影響があるわけではないし、デメリットを優先したとしても、やらずに損したということもあまり無いかと思うので、基本的には好き好きで良いと思います。

  • 朝、気分をシャキッとさせたい
  • 肌の汗・皮脂や汚れが気になる
  • 前夜にあまりしっかり洗えていない

などといった場合には、是非進んで朝洗顔をなさってみると良いでしょう。逆に、

  • 肌の乾燥が気になって仕方がない
  • 肌の調子が良くない
  • 時間が無かったり、面倒だと感じる

といった場合には、別に無理をして朝洗顔をする必要はないと思います。

ただ、なるべく避けたほうが良いのは、以下の場合です。

  • 肌の病気やトラブル
  • 敏感肌が酷い

こういう場合は、極力避けるが無難ではないでしょうか。もちろん、試しに実行してみて「うん問題ないね」というなら良いかもしれませんが、しない方向で考えたほうが安心かと思います。

でも、先ほども申したように、基本的には好き好き!という感じで済ませれば良いお話でしょう。

「問答無用で朝洗顔はダメだ!」とか「100%朝洗顔は必要だ!」とかといった極端なスタンスは、あまり良くないと思います。融通を利かせて、もっと自由に自由に♪

朝洗顔の是非なんかを神経質に考えるよりは、もっと考えなければならないことはたくさんあるはずですね!

朝洗顔をするとき、洗顔料や水温はどうすべきか?

さて、ここからは朝洗顔をする・・・という前提でお話を進めたいと思います。といっても、あと少しで終わりますが。

洗顔料について

朝洗顔をする際、「洗顔料を使ったほうが良いのか使わないほうが良いのか」といった点が気になる方は少なくないでしょう。私からの答えは、ずばり、別記事「洗顔料を使わない洗顔は、肌の汚れをきちんと落とせるのか?」に書いてあります。

簡単に言うと、これも自由。決まりなんてありまへん。必要だと思えば使えば良いし、必要じゃないなと思えば使わなければ良いだけです。

「バッチシ決めてよ!」と怒られそうですが、私が「使いましょう」と言ったら使い、「使わないで」と言ったら使わないのでしょうか?それはおかしな話ですね。まあ、人に決めてもらうと確かに楽ですけどね^^

自分で試して、実験・観察をして様子を見て、使うか使わないかを決められると良いと思いますよ♪使われている洗顔料によっても、洗顔の仕上がり具合は変わってくるでしょうし。

水温について

水温も、熱すぎたり冷たすぎたりしなければ良いと思います。基本的には人肌程度のぬるま湯が良いでしょうね。あまりに熱いと皮脂が落ちやすくなるし、冷たいと汚れが落ちにくかったりします。

これも基本的には、人それぞれ、ですね。

ただ避けていただきたいのは、氷水洗顔です。

一時期氷水洗顔が流行ったかと思いますが、これはあまり良いとは私は思いません。自分の肌のことや氷水洗顔がもたらすメリット・デメリットをしっかりおさえた上ならOKかと思いますが、興味本位ではあまりしないほうが良いでしょう。

氷水洗顔がなぜいけないのか?というと、血行が悪くなるおそれ、凍傷を招くおそれがあるからです。夏場はキーンとして気持ちが良いかもしれませんが、無理なことはしないで、普通に洗顔しましょうよ♪

ちなみに、どうしても氷水洗顔をしたい場合は、綺麗な氷を使いましょう。掃除していない製氷機で作った氷は厳禁です。不衛生ですゾ・・・。

 

以上、今回は朝洗顔をしたほうが良いか しないほうが良いかといったお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

まあ、あまり細かいことは考えないで、好きになされば良かろうと思います。それよりも大事なのは、やっぱり保水・保湿のスキンケアです。洗顔はその土台にすぎません。それと、生活習慣の改善も大事!きれいな肌をつくっていくための重要な道といえるでしょう。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ