秋のスキンケアで大切なことは、ずばりコレです!

夏が過ぎて秋がやって来ると、なんだか一安心しませんか?「これで暑い季節が終わった!これからは快適な毎日だ!」と喜びたくなるけど、ちょびっと切ない感じもして・・・。

そんな秋にも、やっぱりふさわしいスキンケアがあるのです。まあ、基本的にやるべきことは大きくは変わりませんが、ちょっと意識してみたいことを、今回の記事にまとめてみました。

秋といっても、9月と11月では全く違う季節と言って良いほど、気候は違います。寒暖の差は大きくなり、冬が近付くと空気も乾燥してきます。だからこそ、スキンケアもそれに合わせて、意識をちょいとズラすのようにしてみると良いかなと思います。

夏バテが肌を襲うのが秋口

8月後半あたりから9月は、夏バテが起きやすいと言われています。夏に冷たいモノばかり食べていたり、暑さを理由にだらけた生活を送っていると、その祟りが秋口にドッとやって来るのです。

夏バテになると体の機能が低下したりするので、当然肌の機能もうまく働かず、肌荒れが起きたり、敏感肌に陥りやすかったりします。

そのため、夏バテを解消すべく、しっかりと食事や睡眠をとり、体を動かして代謝を良くしてあげることが大切です。もちろん、夏の頃から健康的な生活を送ることができれば、それが望ましいですね。

そして、夏バテに追い討ちをかけてくるのが、朝と昼の寒暖の差です。9月頃はまだまだ暖かい(暑い)日が続くので良いのですが、日が経てば経つほど、寒暖差は大きくなります。

寒暖差が大きくなると、肌も不調になりがち

寒暖差が大きくなってくると、体はその変化に対応しようと一生懸命になります。人間は恒温動物(体温を一定に保つ動物)なので、寒ければ必死に体温を下げないよう、体は努力するシステムになっています。

にもかかわらず昼に暑くなれば、体にとっては「え、まじで!?」という状況。健康体であれば良いのですが、歳を重ねていたり体が弱っていたりすれば、自律神経が狂って体調を壊してしまうことがあります。

そうなると、肌も不調になり、敏感肌の症状が出たりします。

寒暖差が激しいときは、朝は体を冷やさぬよう、昼は熱中症にかからぬよう、うまく自分で調節しながら過ごされると良いでしょう。肌の調子は、体内からのスキンケアこそモノをいうわけです。

食べ物はしっかり食べ、眠るときはあたたかくして

体を冷やさないためにも、そして活力ある生活を送るためにも、栄養バランスの良い食事をしっかりとりましょう。秋は色々美味しく感じられる季節!スーパーにも旬の食材がたくさんあるので、ぜひ色々食べてみましょう。

それから睡眠。寒暖差によって体調も弱りやすいので、しっかりと眠ることを心がけてみましょう。朝方は冷えることもるので、お布団を多めにセットして眠ると良いでしょう。

こうやって体をいたわっていくことこそ、肌を整えることにつながっていくのですね。

保湿のスキンケアに重点を置いていこう

秋口はまだしも、10月、11月と下っていくと、一日の平均気温も下がり、湿度も下がっていきます。すると気になるのは肌の乾燥です。上記の寒暖差なども相まって、肌の状態が急に悪くなることもあります。

そのため、保湿のスキンケアを重要視していくと良いでしょう。もちろん、夏だって保湿のスキンケアは大切ですが、湿度が高い分、多少気が緩んでも良かったかもしれませんね。でも、これからは違います。

次に来る冬には、完全に空気は乾燥し、肌にも影響がハッキリ現れたりします。冬になってからスキンケアに一生懸命になっても遅いので、秋頃から、保湿をしっかりとやるようにすると良いですね。

また、季節の変わり目というのは、肌が乾燥するのみならず、(上のほうにもありましたが)敏感肌に陥る可能性も高くなります。体内からのスキンケアはもちろん、化粧品を用いたスキンケアも頑張ってみたいですね。

敏感肌が気になる方は、decencia(ディセンシア)の「アヤナス」というアイテムがおすすめです。肌にうるおいを与えて、しっかり守り、整えていきます。紅色のような赤いデザインも、なかなか上品で秋っぽい感じがしませんか?

アヤナスの公式通販サイトはこちら
300×250

もちろん、このアイテムは季節を問いません。肌が気になるなら、いつでもOKです^^

秋には花粉も飛び、それで肌が荒れることも

花粉といえば春の代名詞かもしれませんが、秋にもウヨウヨと飛びます。春はスギやヒノキの花粉でしたが、秋はブタクサやカナムグラ、ヨモギなどの花粉が、秋口から中盤(10月半ばくらい)にかけて飛びます。

量としては春ほどではありませんが、敏感な人は、きっと体に変化が訪れると思います。その影響で、肌が荒れてしまったりすることもあるでしょう。

花粉症によって生じた肌荒れの治療は、皮膚科などにかかられて薬で行うのがベストです。それと、日頃から、なるべくアレルギーに負けないような体づくりをしておくことも功を奏すかなと思います。

人によって違うので、これといった答えは無いと思いますが、ぜひ、花粉に敏感な方は研究してみると良いと思います。

一応、当ブログでも花粉と肌荒れに関する記事がありますので、良かったら是非ご覧くださいませ。

⇒「花粉による肌荒れを防ぐ上ですべきことって何?

冬支度はお早めに!

秋は、意外にあっという間に過ぎ去っていきます。「あぁ今日は涼しいな」「今日は暑いぞ?」「なに!台風めッ」・・・と色々やっていると、気付いた頃には冬。

冬は寒いし乾燥しているし、体は冷えやすく、ウイルスも活発化します。秋に体力づくりをせずに冬を迎えると、血行不良やウイルス感染といった状況になりやすく、冬が悲惨に感じられてしまうかもしれません。

なので、あらかじめきちんと冬支度(ふゆじたく)をしましょう。

スポーツの秋にはしっかり体を動かし、食べ物もしっかりとってよく眠って、健康的な体を作ります。そして、冬の必需品であるストーヴやコート、厚着できるもの、防寒具等々、早いうちから準備しておきましょう。

晩秋には、急に冷え込むこともあります。「え!今日こんなに寒いなんて聞いてないし!」と感じる日もけっこうあると思います。それでは遅いので、いつ寒くなっても良いように、10月半ばあたりから冬支度を進めると良いですね。

そうすれば、体調を崩す機会を減らしやすくできます。急に冷えても暖をとれますからね♪体調と肌の調子はつながっていますので、体を労わってあげることは大切です。

ただ、寒さに慣れてきた頃には、体を過保護する(必要以上に暖かくする)のはあまり好ましいとは言えないかもしれません。体が自ら調子を整えられるよう、ある程度ムチを与えるのも、悪くないと思いますよ^^


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ