エイジングケアって何歳から?もしかしてもう遅い!?

エイジングケア。それは、年齢肌対策を意味します。

もちろん保湿ケアも含んでいますが、それだけでなく、肌のハリや弾力性UPを目指して、年齢にふさわしい美容を維持するケアのことをいいますよね。

美しく歳を重ねる

という言葉がありますが、まさに、エイジングケアってそのことを指すのではないか?と思います。歳に逆らうことはできませんから、「重ねる」という言葉はとてもポジティブに聞こえ・・・ませんか?

でもエイジングケアって、いったい何歳から始めれば良いのでしょう?・・・きっと疑問に思っている方は少なく無いはずです。

エイジングケアは、20歳を超えたあたりから!

私は、エイジングケアは20歳を超えたあたりから徐々に気にしていったほうが良いと考えています。

「え?ちょっと早くない?」と思った方!NonNon!

早いに越したことは無い・・・と言いますか、実は体の老化っていうのは20歳くらいから徐々に進んでいくんですよね。もちろん個人差はありますが。

だから、20歳半ばくらいになれば、肌のターンオーバーだって狂いやすくなってきます。内臓や神経などの働きも、少しずつ鈍りを見せてきます。

あわせて、社会的責任ものしかかってストレスも大きくなっていくので、老化に拍車がかかります。(ちなみに男性だと、精子の数が20歳前後をピークに減り始めると言われています。)

せっかく思春期を過ぎて大人になれたと思いきや、すぐに老化が始まるわけです。なんともいじわるな自然の摂理だこと!まあ嘆いても仕方がないですがね(^^;)

私の場合は、25歳くらいくらいから「やば!老けてきた」と感じる頻度が多くなりました。スマホで撮った写真を整理するたびに、半年前や1年前とかに撮った写真を見て、現在の自分とのギャップに切なさを感じています(笑)

早め早めの着手が大事!

だいたいアラサーに差し掛かったあたりから、エイジングケアを強化させる人が増えるかと思います。

そうですね、20代も半ばくらいになると、しわやほうれい線が少しずつ目立つようになってきたり、たるみやキメの粗さが気になり始めますものね。

20代であれば、まだ、そう一気に老ける感じはありません。が、エラや下アゴのあたりの皮膚が、若干重力に引っ張られるようになってきて、印象が変わってきます

ということは、やはり、遅くても20代半ばくらいからは、エイジングケアに取りかかったほうが良いといえるでしょう。

個人差はありますが、気になり始めてから行うよりかは、気になり始める前から行いたいものですね。気になり始めたっていうのは、つまり、老化を感じるようになった=老化が進行中ってことですからね。

でも若いうちは、焦る必要はありません

老化が始まるといっても、「エイジングケアをたくさんやらなきゃッ(汗)」と焦る必要は無いと思います。

20代のうちは、老化はまだ緩やかです。華の年代であれば、エイジングケア以外にもやりたいことがたくさんありますよね♪

仕事然り、恋愛然り、勉強しかり・・・。結婚して家庭を持って子供を産み育てるとなると、自分の美容に時間を割いているヒマなんてなかったりもします。

だから、変に焦るとストレスになったり、誤解したままケアを進めてしまう可能性もあります。

焦らず日々少しずつ、化粧品のこととかトレーニングのこととか生活習慣のこととかの研究を進めていけば良いと思いますね。

そういうことを考えると、スタートする時期というのは、なるべく早めのほうが良い、と言えるかもしれませんね。

エイジングケアが遅れると・・・?

エイジングケアに着手する時期が遅れれば遅れるほど、しわやたるみ、しみ、敏感肌というのは強力になってきます。まあ、想像に難くないのではないか?と思います。

例えば しわについて考えてみましょう。

乾燥による小じわができるとします。加齢により、肌のハリや弾力が衰えたり乾燥肌が悪化したりすると、その小じわはますます深くなります。深くなれば、皮膚がその形状(しわ)を記憶してしまいます

こうして、しわは、手術でもしない限り二度と消えなくなります。いくら化粧品で頑張っても、しわはまず消えません

つまり、対処するのが遅くなれば、それだけ肌が整いにくくなり、しわの進行も進むのです。早ければ何とかなったかもしれないものを、遅れたばかりに事態は悪化しやすくなるでしょう。

敏感肌だってそうです。最初は「なんだか最近乾燥しやすいなあ」というのから始まり、次第に「肌の調子にムラがあるなあ」とか「キメが粗くなったかも」と感じるようになってきて、気付いた頃には、肌荒れや枯れ肌に悩まされる・・・と。

それでは悲しいです。あまりにショッキングです。

30歳くらいからエイジングケアを始めてもOKな人もいますが、やはりもっと早くから始めるのが理想ではないでしょうか。もちろん個人差がある以上決まり事はありませんが、早め早めの着手こそが大事なのです。

でも、(繰り返しになりますが)焦る必要はないと思います。焦りは禁物です。

思い立ったが吉日といいますよね。それが今現在であれば、今日こそ吉日であるはずです。

エイジングケアに良い化粧品とは?

普通の保水・保湿のスキンケアの化粧品とエイジングケアの化粧品には、小さいけど大きな違いがあります(←どっちだ!って話ですが^^;)。

エイジングケアの化粧品では、保水・保湿のケアができることは大前提にありますが、なにより、ハリや弾力を与えたり、加齢によって不安定になった肌を整えていったりすることができるのです。

老化が進むと敏感肌になりやすく、肌が揺らいだりキメが粗くなったりしますよね。刺激にも負けやすくなります。

そういった肌を整えてハリやツヤを与えてくれるのが、エイジングケア化粧品の大きな特徴です。そして、使い心地もシットリ系が多いイメージがありますね。やっぱりバリア感も強固です。

敏感肌向けブランドであるディセンシアの「アヤナス」という化粧品がありますが、これこそ今回の話題にふさわしい物で、かなりおすすめできるエイジングケアアイテムです。

極小セラミドが角層をしっかり潤わせてすこやかな状態を保ち、特許技術によるヴァイタサイクルヴェールが、外的な刺激から肌をガッチリ守ってくれるというものです。

また、ゆらぎ肌・肌荒れにアプローチするコウキエキスや、ハリを与えるCVアルギネートも注目成分ですね。

10日分のトライアルもできるようになっているので、エイジングケアを強化していきたい!という方は、是非検討されてみると良いかと思います。

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【保湿&ハリ訴求】アヤナストライアルセット

・・・以上、エイジングケアは何歳から始めるべきかといった点を中心に、色々と考えてみました。

エイジングケアというと、どうしても肌のケアばかりに意識がいきがちですが、保湿ケアのときに表情筋トレーニングをすることで肌は生き生きとしてきます。

でも、実際は肌だけではありません。生活習慣の改善をはじめ、「老化する体をいかに健康に保つか?」といったところ考えていく必要もありますね。

それを考えたら、食事にも気をつかうべきだろうし、睡眠だって、きちんと質の高いものであるかどうかを再確認してみる必要があると言えましょう。

きっと、やることは多いです。だから焦っても仕方ないので、日々少しずつ知識を蓄えれば良いと思います。でも前向きに!そして明るい気分で♪

老化は嫌ですが、いっそのこと、歳を重ねることを楽しんじゃうくらいの心構えが大切かな~とも思ったりしますね。


スポンサーリンク

 

サイトマップはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ